2018年03月13日

やっぱり地震だった!昨日の午後7時半前のあの揺れは!?

昨日の午後7時半前。ソファでくつろいでいたとき、なんか揺れた?って感じでしたが、インテリアを見ても揺れていなかったので、特に地震情報をチェックしていませんでした。すると、今朝になって地震情報を見ると、やっぱり沖縄近海で地震があったみたいでした。

沖永良部島のすぐ近海を震源とする、マグニチュード4.6の地震が、まさに昨日の午後7時21分に発生!

しかも沖永良部島では「震度3」を記録。

さらに周辺の徳之島や与論島でも震度2を記録し、沖縄でも辺戸岬など本島北部でも震度2。そして沖縄本島の他のエリアでも中部と北部で震度1を記録していました。那覇など南部では震度の記録はありませんでしたが、それでも実際は揺れがあったのかと思います。昨日の地震の感覚はやっぱり正しかったみたいです。

<昨日(3/12)午後7時21分に発生した地震情報>
・沖永良部島南部 震度3
・徳之島西岸 震度2
・与論島北部 震度2
・沖縄本島辺戸岬 震度2
・沖縄本島国頭 震度2
・沖縄本島名護 震度1
・沖縄本島恩納 震度1
・沖縄本島うるま 震度1

昨日の地震の詳細情報(気象庁)

震源の深さが約50kmと少し深かったので、沖縄本島にまで揺れが届いたのでしょうか?でも読谷以南では震度を観測していませんが、明らかに昨日のその時間に那覇市街では揺れを感じました。まぁ「震度0.5」ってところでしょうが、やっぱり本土で過ごした時間が長いと、地震の揺れってすぐにわかるものですね。

あの西表島での「震度5弱」の地震以降、与那国島でも大きな地震がありましたし、奄美やトカラでも地震が多かったところに、その間に位置する沖縄本島近海でもついに大きめの地震発生。でも今回も奄美近海ということで、今のところ揺れを観測していないのは沖縄本島中南部のみ(宮古近海も地震がありませんが先日の西表島での地震の際に揺れを観測)。

周辺で地震が頻発すると、その中央に位置するエリアで大きな地震が起きる前触れのような気がしてなりませんね。

しかし今回の地震情報も、気象庁の発表では「沖縄本島近海で地震発生」となっていましたが、実際は「奄美諸島・沖永良部島近海で地震発生」で、相変わらず位置情報が適当すぎます。確かに地震情報としては奄美大島以南は「沖縄本島近海」扱いなのかもしれませんが、この情報だとどーみても「沖縄で地震!」って思ってしまいます。でも実際は「奄美で地震!」だったわけで、このエリアのくくりをどうにかして欲しいものです。

まぁ梅雨入り発表のエリアわけも、沖縄本島と宮古・八重山など先島諸島を一緒にするのもおかしな話で、どうも沖縄近海の様々なエリア分けは、しっくりこないものが多いです。そろそろ、っていうかいい加減、このエリア分けを見直して欲しいですね。


ってことで昨日の夜の地震は「奄美近海を震源とする、最大で震度3」と言うことでした。大地震の予兆でないことを願うばかりです。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/03/13-06:00 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲