2018年01月29日

無事に雨を逃れた石垣島マラソン!2年前の宮古島の某大会では・・・

しかし昨日の豪雨。タイミングがギリギリでしたね。那覇も石垣島も。

石垣島での豪雨も、石垣島マラソンが終わった直後だったようで、マラソン自体への影響がなくて良かったです。なにせ私自身、2年前の宮古島でのウルトラマラソンで、「大会史上最悪の天気」といっても過言ではない豪雨で、しかも100km走りましたからね。まぁ雨になったのは後半50km、そして猛烈な嵐になったのは最後の20kmでしたが、他のランナーだともっと豪雨の時間が長かったかもしれません。

それを思い出させるような昨日の石垣島での豪雨。なにせ1時間で20mm超。土砂降りでしたね。

でも豪雨自体は午後4時台とかだったと思いますので、マラソンは午前9時スタートの6時間30分後が制限時間なので、午後3時30分には終了していましたからね。1時間、雨が早まっていたら制限時間ギリギリの人に影響があったかもしれません。

ちなみに2年前の宮古島で開催されたウルトラマラソンの豪雨。1時間の降水量がなんと「66.0mm」で、昨日の石垣島の3倍。しかも10分間の降水量も「30.0mm」と、あり得ないほどの豪雨だったんですよね。宮古島での1月の降水量としては、「観測史上最多」でしたからね〜。そんな中を100kmも走る「強者」、いや「変わり者」の中に私は居ました^^ゞ(しかも初のウルトラマラソンでこの嵐)

<2016年1月17日の宮古島の豪雨>
・10分間の降水量 30.0mm(1月の観測史上最多)
・1時間の降水量 66.0mm(1月の観測史上最多)
・24時間の降水量 132.0mm(1月の観測史上第2位)

<昨日の石垣島(空港)の豪雨>
・10分間の降水量 5.5mm(午後4時40分)
・1時間の降水量 22.0mm(午後4時台)
・24時間の降水量 32.0mm

こうして情報としてまとめてみると、いかに「異常」な状況で私は走っていたんだな〜って実感しますね。しかも100kmマラソン。でも走っている時も、ゴール後も、そして今も、辛さよりも楽しさしか残っていませんね。あそこまでの豪雨になると開き直れますからね。むしろ「こんな経験一生できない!」って本気で思いました。

でも二度と経験したくないけどwww


昨日は雨が降るまでは那覇でも石垣島でも小春日和で、マラソンするには暑かったかもしれませんが、南国の大会らしくて良かったかと思います。ただ午後になって南風が強くなったので、石垣島マラソンは後半が南向きなだけに風がきつかったかと思います。無事にゴールされた方はお疲れ様でした。

しかし昨日の石垣島マラソンは、大会中は雨無しで良かったのですが、ゴール後の完走パーティ的な催しは、モロにこの豪雨がぶつかってしまいましたね。でも後夜祭の一部は石垣島市街のお店での開催だったみたいなので、まぁ無事に移動ができれば問題なかったのかな?

以前、石垣島マラソンに参加したときは、後夜祭はスタート&ゴールの競技場の周りの「屋外」開催だったのでちょっと気になりました^^ゞ


ちなみに今朝の沖縄は、昨日の豪雨のあとだけあって、全域で暴風が吹き荒れています。那覇でも夜にかなりの雨が降ったみたいで、今朝は暴風というか突風レベルの風が吹き荒れています。海も大荒れ。石垣島でも同様のようで、この時期欠航定番の西表島上原便と鳩間便は全便欠航。波照間便も1便は出たものの、2便以降は未定ですが、まぁ無理かな〜?

石垣島マラソン翌日は、石垣島内か近場の竹富島あたりにしておくのがおすすめです。他の航路は欠航していなくても大揺れ必至ですからね・・・

ちなみに沖縄本島海域では、慶良間航路は渡嘉敷島も阿嘉島/座間味島も、高速艇のみならずフェリーも全便欠航です。


でも昨日の日曜日は基本的に穏やかな小春日和で、石垣島ではマラソン大会、那覇では花と食のフェスティバルが無事に開催できて良かった次第です。そして来週は渡嘉敷島(2/3)と奄美大島(2/4)で、再来週は西表島(2/11)でマラソン大会ですね〜。

無事に安定した気候で行われることを願っています(^人^)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/01/29-09:32 | 沖縄の服装/天気
ページの先頭へ▲