2017年10月29日

今日の本土のマラソン大会壊滅状態?宮古島は無事開催??

そもそも10月はまだ沖縄でも台風が来る時期で、沖縄に台風が来るってことは、本土にもそのあと行く可能性も高い時期ってこと。先週末もそんな感じで沖縄経由で本土まで台風が行きましたし、そして今週末も沖縄経由で本土方面へ台風22号は接近中!

なのに、もともと3月開催だった某マラソン大会が、何を思ったのかその10月に開催日を変更。しかもいきなり変更1回目で台風直撃で中止になりました。

そう、あの第1回で前代未聞の「距離不足」で参加者全員の記録が無効になった、超お粗末な大会として認知度が高いあの大会。


横浜マラソン


・・・その第1回、参加していましたが^^ゞ

もともと3月開催の大会でしたが「東京マラソンとかぶる(2週間のずれ)」という理由だけで、10月に開催日を変更。その最初の大会となる今回の「第3回横浜マラソン」。見事に台風直撃で中止。3月なら絶対に台風は来ないので、確実に開催できていたのに、わざわざリスクの高い10月に変更してこの有様。


もはや「横浜マラソン=お粗末」の印象は永久不滅ですw


しかもこの中止決定。参加者のエントリーが終わったあと、大会前日の夜に発表。つまり走るつもりで現地入りし、エントリーまでして、さあ明日走るぞ!ってタイミングで中止発表。


このタイミングも「お粗末」!!


そもそも沖縄から見ると、日曜日の特に本土の太平洋側でマラソン大会開催なんて、あり得ません。既に金曜の時点で無理なことはわかります。なのに土曜の夕方まで引っ張った理由はなんなんでしょうね。おそらく横浜の経済団体(ホテル業界)から、宿泊キャンセルさせたくないからギリギリまで粘って欲しいと嘆願されたのかと思います。


やだやだ。。。


参加予定だった人はたまったもんじゃないですよね。金曜日の時点で中止決定していれば、現地に行かなくて良かった人も多かったと思うので、マラソン大会は特に早めの中止決断が大切です。そういう意味では先週末の久米島マラソンの中止判断は早かったですね。


そして今日、開催予定の宮古島マラソン。


台風も過ぎて天気的には問題ないと思いますが、ただコースが大問題。伊良部大橋。普段でさえ強風で歩くのも大変なところ、大会当日は台風直後で風がさらに強くなること必至。こちらも一度参加したことありますが、台風の影響がない日だったのに、伊良部大橋では前に走るより横に飛ばされないように気を配る方が多かったですよ。

しかも今日の宮古島はマラソン大会が開催できるような状況でも、多くの人が宮古島入りする昨日。那覇空港発の宮古島便はJALの早朝便のみ奇跡的に運航しましたが、ANAは全便、JALも他の全便が欠航。宮古島市の人以外の参加者は、宮古島へ行くすべがありません。マラソン大会は基本、前日までにエントリーなので、宮古島市の人以外で参加できるとすると、金曜の時点で宮古島入りした人だけ。なかなかいないと思いますが・・・


その宮古島市以外の人の参加がほぼ絶望なのに、大会開催も問題ありあり!!


ちなみに他にも今日開催のマラソン大会は沖縄だけじゃなく本土もいろいろありますが、まともに前日から今日の大会当日まで、天気の影響がなかった大会ってあるんでしょうか?なんか今日はマラソン大会開催日としては「史上最悪レベル」のような気がします。いろいろな意味で。

宮古島も橋は走るより見る方がおすすめですよ〜^^ゞ

(コメント不可・天気など気象情報は自分で予測/判断しましょう!)


来間大橋〜来間島から


来間大橋〜宮古島から


離島ドットコムの壁紙コーナー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/10/29-11:11 | 沖縄マラソン情報
ページの先頭へ▲