2017年10月20日

台風21号は大東島へ最接近は不可避?本島は雨はあっても嵐にはならない?



台風の予想進路は、やっぱり米軍情報は的確ですね。気象庁の予想はコロコロ変わるけど、米軍予想はずっと同じ。そして台風もその予想通りに進んでいます。今の感じだと沖縄では大東島にかなり接近。そして本土は関東にかなり接近するとのこと。でもこの予想だと、偏西風次第ではさらに東に進路をとることもあるので、そうなれば関東直撃はギリギリ避けられ、太平洋上を進む可能性もあります。

ただ沖縄では大東島への最接近はもはや不可避。

でも大東島は「台風銀座」と呼ばれるぐらいなので、台風に対する対策も十分できていますし、何より慣れていますからね。心配なのは船の欠航による物資不足。あとは最接近のタイミングがモロに「某選挙投票日」なので、その点気になります。まぁ島の人も十分今の状況をわかっていますので、期日前投票をしているかと思いますけどね。沖縄の場合、台風は慣れっこなので、選挙があっても期日前投票などできちんと済ませます。選挙当日になって台風だから行かない!って感じではないと思います。

なので沖縄への台風による選挙への影響はそんなにないと思いますけどね。私も昨日、期日前投票を済まそうと思いましたが、天気予報が大外れしてまさかの雨で行くに行けず。今日は無理なので、明日行ければいいな〜。さすがに明後日の日曜日は台風最接近の可能性が高いので、外出は避けたいですからね。


その台風21号。進路は米軍予想通りなんですが、予想到達時期が昨日よりやや早めに。昨日は日曜朝に大東島に最接近の予想でしたが、今朝の段階では日曜の夜明け前に最接近。おそらく偏西風による影響だと思いますが、個人的には土曜の午前までは天気の崩れもなさそうかな?って思っていましたが、この予想外のスピードアップで土曜も朝から厳しいかな?

とはいうものの、沖縄本島は台風の西側がかかるだけで、そんなに荒れないと思います。台風は中心の東側から北側にかけて荒れる傾向があるので、大東島はどうにもならないですが、沖縄はそんなに荒れるところはないと思います。

逆にその台風の北側が本土にはモロにかかるので、沖縄よりも本土の方が嵐になるかも?しかも秋雨前線との干渉もあれば、雨の量は半端ないものになることも!?

さらに台風21号はマリアナ諸島西にあった雲の塊を取り込んで巨大化したので、特にその取り込んだ台風の東側の雨雲は猛烈に発達。この東側の雨雲群は徐々に台風の北側に流れていきますので、やっぱり本土がかなりヤバそう(;_;)

特に日曜の夜以降の本土は猛烈な雨になるのかな〜?

まっ、日曜日で本土がが丸々豪雨になることはないと思いますので、投票にはそんなに影響無いんじゃないかな?むしろ投票は早めに行くって感じでいれば特に問題ないと思います。できれば沖縄も土曜まで台風で大荒れになって、投票日は台風後っていうのが助かるんですけどね(/_;)

あと2日。早く台風以上にあの迷惑な選挙活動が早く終わってくれーーー!!!

(コメント不可・天気など気象情報は自分で予測/判断しましょう!)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/10/20-08:03 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲