2017年10月11日

波照間航路の高速艇が大型化「ぱいじま2」!かかる時間は長くなる?

以前から噂されていた、波照間航路の高速艇の新造船。実際は新造船なのか使わなくなった某船体のリニューアルなのか定かではありませんが(笑)、10月8日?からは新造船「ぱいじま2」による運航になったらしいです。

新しい船は「双胴船」と呼ばれる船底が2つあって、左右の揺れに強いタイプ。要は慶良間航路と同じタイプの高速艇ってことです。とかく波が高い波照間航路なら効果は絶大?と思いたいところですが、問題は島までかかる時間。

従来の高速艇だと「片道60分」でしたが、この新造船になったら「片道80分」と遅くなった!そこに海の状況次第でさらにかかるので、実質的に片道1時間半になりそうな気がします。そして、運航ダイヤも変更されましたね。


石垣港08:30発→波照間島港09:50着
石垣港11:50発→波照間島港13:10着
石垣港15:30発→波照間島港16:50着

波照間島港10:05発→石垣港11:25着
波照間島港13:25発→石垣港14:45着
波照間島港17:05発→石垣港18:25着


なんと、最終便は波照間島を午後5時に出て、石垣島には18時半って滅茶苦茶遅いですね。その分、島に長い時間滞在できるような感覚ですが、高速艇で1時間半って揺れても揺れなくてもかなりキツいですよ。慶良間でさえ1時間なのに、1時間半って想像しただけでウゲッ!って来ます^^;;;

ちなみに「ぱいじま2」が就航するものの、今までの「ぱいじま」もまだ現役らしく、時刻表には「小型船」として片道60分と出ていますね。個人的には揺れても小型船の方がいいな〜。っていうか最近の波照間島への往復は、全て「フェリー」の私ですが^^ゞ(2時間強かかっても居心地が良いし安い!)

なのでこの「ぱいじま2」のレポートは、多分今後も無さそうです^^ゞ(フェリー大好き人間w)

ちなみに波照間島まで、高速艇で往復すると往復割引で「5870円」ですが、フェリーだと往復割引はないものの「片道1540円・往復3080円」で3000円近くも違うんですよね。アイランドホッピングパスでも、波照間航路込みだと「+4200円」なので、フェリーの方が安いです。

でもフェリーは火木土の運航で、第2第4金曜も最近は運航になりましたが、曜日に限定されるんですよね。しかも片道2時間、実際は2時間15分ぐらいかかりますし、波照間島からの出港は定刻より早く出ることが多いので、フェリーで日帰りすると「島滞在2時間半」のみ。でもおすすめは島にフェリー利用で島に2泊。火曜の船で行ったら木曜の船で帰る感じだと、のんびりできますよ。


双胴船になって揺れは抑えられると思いますが、その分時間が1.5倍もかかっちゃ船酔いするには変わらないと思います。船酔いって揺れの大きさよりも乗っている時間の長さの方が影響しやすいので、この波照間航路の大型化は船酔いしやすい人にとってはあまりメリット無いかも?同じ60分で行けるならメリットもあったんですけどね・・・

でも大型化されれば収容人数も増えているかと思いますので、今までのように「定員いっぱいで乗れません」ってことは少なくなるのかな?その分、団体や特に某C国からの集団が増えそうな気がしてなりませんが・・・

クチコミではニシ浜の駐車場が整備工事されているとの話もあって、もともと島でレンタカーを借りる人はほとんどいないので、完全に団体バス用。


波照間島ももうダメかも(/_;)


ますます素朴でのんびりできる離島が減ります(ToT)


(コメント不可)


波照間航路の運航スケジュール変更情報(安栄観光)
ぱいじま2就航のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/10/11-07:58 | 沖縄ニュース
ページの先頭へ▲