ページの先頭へ△

2017年09月18日

台風18号は四国・近畿・北陸を縦断!連休最終日は北海道が嵐!!




台風18号。既にニュースで散々報道されていると思いますので、詳細は割愛させて頂きますが、九州南部をかすった後、四国に上陸。その後も近畿・北陸を縦断し、日本海側へ抜けて北海道方面へ。

とにかく今回は宮古島でもそうだったように「雨台風」で、猛烈な豪雨を各地にもたらしているようですね。四国・九州では24時間で400mmを越える雨だったところもあるようですが、ただ本土に上陸後は台風が猛烈にスピードアップしたので、累積した降水量だけだと観測史上最多とまではいっていないところがほとんどなんですよね。なにせ宮古島では台風が進路を変えて停滞し、24時間で500mmを超える雨になったので、いかに沖縄(宮古島)での影響が大きかったのかが伺えます。

・・・でも宮古島での豪雨はほとんど報道されていませんが(/_;)

#24時間あたりの降水量
・宮古島東部 533.0mm(観測史上最多・過去最高は1985年8月の436mm)
・宮古島市街 479.0mm(観測史上最多・過去最高は1985年8月の418mm)
・高知県鳥形山 457.0mm
・高知県船戸 389.5mm
・宮崎県神門 371.0mm



ちなみに台風18号は午前6時の時点で山形沖に中心があって、北北東へ向かって進んでいます。今後、東北北部に再上陸する可能性もありますが、上陸したらすぐに消滅しそうですね。しかし現在もですが、東北以上に台風の影響が大きいのが北海道で、特に函館や札幌など西部では猛烈な雨になっているようです。ホント、今年の北海道は激しい雨が降りやすいですね。

沖縄の場合、豪雨になっても山がないのでそのまま海にすぐに流れますし、そもそも台風などによる豪雨に慣なれており、対策も万全なので今回のような記録的豪雨になってもそれほど被害はでませんが、本土の場合はすぐに大きな被害が出てしまいがち。普段豪雨が滅多に降らない北海道にもなればなおさら。山も川も崖も多いだけに、今日の北海道はとても心配になります。


結局、今回の台風18号で、最も雨が少なかったのは「沖縄本島」だったんじゃないかな?台風の進路から外れた関東も、その台風に引っ張られた活発な雨雲群が深夜にかかって、都心でも60mm、栃木では140mmもの豪雨になったところもあったらしいですからね(24時間の降水量)。

それに対して沖縄は、宮古島でこそ全国で最高の500mm超の降水量を記録したものの、那覇では40mm、大東島に至っては10mmにも満たない24時間の降水量。本土ではほぼ全国を雨雲群が縦断したので、ほとんどの都道府県で100mmを越える雨を記録した地点があった模様。

まぁ沖縄も影響があったので、今回の台風18号は全国にまんべんなく大きな影響をもたらした、珍しいものだったと言えるでしょう。

正直、台風情報をまとめるのに、かなり疲れました^^;まぁ7月の台風5号ほどじゃないですけどね・・・あれはホントに長生きしすぎてホントに疲れましたよ。。。

9月から10月前半は台風シーズンピーク。この先、また今回のようなものが来るのかな・・・(/_;)

台風5号の詳細進路
台風18号の詳細進路

(コメント不可・天気など気象情報は自分で予測/判断しましょう!)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/09/18-06:23 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲