2017年08月02日

喜界島で36.3度。沖縄なら観測史上最高!!異常な暑さの奄美・沖縄本島エリア!!

台風5号は徐々に西に進んで、もしかすると本土に近い進路になりそうですが、沖縄はあまり影響無さそう。沖縄・奄美海域に夏の高気圧がひたすら居座っているようで、そのおかげで台風が沖縄・奄美方面には来ないようです。

しかしその高気圧のせいで、とにかくこの夏の沖縄は無風。そして気温も異常なほど高く、昨日は喜界島で「36.3度」を記録。沖縄なら観測史上最高気温(2016年7月の下地島36.1度が沖縄では最高)。でも奄美は都道府県では「鹿児島」なので、本土の気温も含めての扱いになっちゃうので、鹿児島としての最高ではないみたい。

沖縄も本島中北部より北の気温が高く、久米島では観測史上最高の「35.2度」を記録。徳之島でも「35.2度」で観測記録を連日更新。沖縄・奄美などの離島には大きな山が無いので、本土ほど暑さがこもらないので、35度超の猛暑日になることは滅多にないはずなんですが、昨日は3ヶ所も猛暑日を記録。しかも本島でも北部の名護市街では「34.9度」を記録。那覇でも「34.0度」と猛烈な暑さでした。

しかも昨日は南部の東岸でも「34.0度」の気温。那覇と同じように見えますが、この南部東岸は通常なら那覇より3度前後気温が低くなる地域なんですが(住んだことあるのでわかります)、そのエリアが那覇と同じ34度台というのは、喜界島よりも異常レベル。

ホント、このままじゃ奄美・沖縄本島海域の海の水が煮立っちゃいますよ(/_;)

<昨日の沖縄本島・奄美エリアの気温>
・喜界島 36.3度
・徳之島 35.2度(観測史上最高)
・久米島 35.2度(空港・観測史上最高)
・名護市街 34.9度
・奄美大島 34.8度(空港)
・宮城島 34.2度
・粟国島 34.1度
・那覇市街 34.0度
・本島南部 34.0度(通常なら那覇より2〜3度低い)



しかし台風5号。米軍予想では九州に接近する予想進路になっていますが、気象庁予想ではなんと、奄美大島・喜界島近海を通るとのこと。この猛烈な暑さの奄美・沖縄本島なので、台風5号には来て欲しいという気持ちもありますが、先の話のように沖縄本島・奄美エリアには高気圧が居座っていて台風が来ても進路をブロックしそう。なので米軍予想の方が当たりそうな気がします。

それでも奄美や沖縄本島に近い進路なら、強い北風も入ってきますし、海も混ぜ返してくれるので、少しは海水温の抑制にもなるかな?

実際は米軍予想のように九州方面に向かいそうな台風5号ですが、外れるとは思いますが気象庁の予想進路をちょっと期待しています。それほどこの夏の奄美・沖縄本島海域の暑さは異常です。

ちなみに宮古・八重山は先日の台風9号でかなり暑さもリセットされ、一時は30度前後まで最高気温が下がりましたが、昨日あたりからいつもの夏の32度〜33度前後まで上がっています。それでも本島海域より低め。まぁ異常な暑さは奄美・沖縄本島エリアで、宮古・八重山は風場レベルの暑さって感じなんでしょうけどね。


ちなみに台風5号は相変わらず居座っていますが、台風11号のタマゴは米軍情報では既に台風扱い。といってもそのまま北上するだけっぽいので、日本海域への影響はないと思います。ただもう1個のフィリピン近海の気になる雲は、米軍情報でも出ていないものの、個人的には11号のタマゴ以上に気になるレベル。雲のある場所も、その大きさも、かなり気になります。

でもこの雲の塊でもいいので、奄美・沖縄本島の暑さや海水温上昇を和らげるために台風が来て欲しいな・・・

(コメント不可・天気など気象情報は自分で予測/判断しましょう!)



posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/08/02-07:49 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲