2017年07月24日

台風最大4個同時発生!でも要警戒は気象庁がスルーしているプチ台風!!



米軍情報では最も早い段階で台風扱いしていた、ベトナム近海の熱帯低気圧が、昨日、気象庁でよーやく台風扱いになりましたね。

台風8号。

といっても大陸上陸寸前なので、すぐに消滅しそうですが、これで昨日は一時期日本海域に「4個」の台風がいたことになります。まぁその前の7号も、沖縄近海に居たときの方がよっぽど勢力が強かったものの、これも消滅寸前になるまで気象庁では台風扱いされませんでしたからね。その7号も消滅状態になったので、結果、現在の日本海域にある台風は「3個」って感じかな?

まぁそのうち8号は消滅するので、結果、本土の東沖の5号と6号だけになりそうです。

<日本海域の台風まとめ>
・台風5号は名前が「ノルー」。韓国の言葉で「のろじか(鹿)」
・台風6号は名前が「クラー」。タイの言葉で「ばら」
・台風7号は名前が「ロウキー」。米国の言葉で「男性の名前」
・台風8号「ソンカー」。ベトナムの言葉で「さえずる鳥」

相変わらず台風5号は超迷走状態ですが、しかしその勢力が徐々に強くなってきています。南の海域で迷走するときって、必ずものすごい強いものまで発達しますからね。他の台風が1000hPa前後のいわゆる「ギリギリ台風状態」という弱いものの中、台風5号だけは現在「970hPa」で、今後は「950hPa」前後まで発達するとの予測なので、かなりの強さになりそうです。

しかも迷走しているものの、米軍情報では徐々に西の本土方面へ進みそうで、西に進むときって南風に乗って徐々に北上する可能性が高いから、今後はやっぱり本土への影響が気になります。加えてそれと平行するかのように台風6号も本土方面へ進んできそうですからね。

今月末。どうなる?本土。特に太平洋側?

まっまさか・・・北上せずにそのまま西の沖縄方面?ってことは・・・ないよね・・・^^;
(最近の台風は従来のセオリーが通用しない!)


しかし気象庁では全く無警戒の、大東島近海のプチ台風。このブログではずっと取り上げていますが、米軍情報でも取り上げていますね。まだ台風扱いじゃ無いですが、その雨雲群の外側の雲が大東島海域にもかかっていたんですよね。かなり局地的ですが、威力は相当なもの。その外側の雲も徐々に西に移動しているので、今日以降は奄美や本島への影響ももしかしたらあるかも?

現に、昨日あたりから沖縄本島では、夏には台風時以外あり得ない「北風」になっており、つまりのところこのプチ台風の影響が既に「風」ということで出てきているのかもしれません。ホント、夏の沖縄で北風になるときってろくな事が無いですからね。

気象庁では超ノーマークのプチ台風。

沖縄では他のどの台風よりも要警戒モード。

相変わらず、気象庁や気象台の情報って本土に偏っていて、沖縄「のみ」の影響のものはスルーされますね。まぁもともと気象庁や気象台からの情報は参考にもしていませんが、とにもかくにもこの北風が吹く限り、沖縄は警戒モードのままです(/_;)

あとは自分で雨雲レーダーを常時チェックするしかないですね。

それにしても相変わらず警戒が必要な雲の塊が多い!

米軍情報でも日本海域だけで「7個」。個人的なまとめでも最大「8個」だったので、かなり一致。それに対して気象庁は下手すりゃ3個。ホント、参考にすらなりませんわ^^ゞ

(コメント不可・天気など気象情報は自分で予測/判断しましょう!)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/07/24-05:42 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲