2017年07月22日

日本の近海に「8個」も気になる雲?そのうち2つは既に台風化!!



とにかく台風の図を書くのが大変!

昨日からの日本海域の状況。派手です^^;

昨日、小笠原の遙か東の海域で台風5号が発生し、さらに東の日付変更ライン近くで台風6号が発生。

台風5号は名前が「ノルー」。韓国の言葉で「のろじか(鹿)」。(1)
台風6号は名前が「クラー」。タイの言葉で「ばら」。(2)

そして米軍情報では6号の前に、既に台湾西にあったものを台風扱いしており、おそらくこちらも今日には台風7号になりそうな感じ。(3)

加えて、本土近海にはプチ台風が居座っていますし、沖縄近海にもプチ台風がいて、こちらは米軍情報では台風扱いに近いものの、気象庁ではノーマーク。しかし沖縄でも南の八重山には間接的な影響もあるみたいで、外側の雨雲の一部がかかっている離島もあるかも?といってもこちらもそのまま西に抜けそうなので、大きな影響はないとは思います。(4)

それより気になるのが、昨日からずっと本土南の近海に居座っているプチ台風。動きが全く無いのが逆に怖いです。西に動けば奄美・本島へ、北へ動けば本土の広範囲へ影響を及ぼします。しかも本土が梅雨明けしているということは、この海域で停滞していると徐々に発達する可能性も。本来なら偏西風に乗って東へ一気に移動するところなんですが、今年の夏は偏西風がかなり北なのか、全く動きがありません。加えて台風5号や6号がこの緯度で発生すると言うことは、このプチ台風のエリアも非常に海水温が高いと思われますので、台風まで発達する可能性も!(5)

さらに赤道やマリアナ諸島近海の、いわゆる「台風の発生源」とも言えるエリアには、いくつもの気になる雲が!(6)(7)(8)


・・・あまりに数が多いので番号付けました^^ゞ(1〜8)


(1)台風5号。米軍情報では今後迷走するとのことですが、その迷走後は北上するかもしれませんので、その北上次第では本土の東日本への影響もあるかも?

(2)台風6号。日付変更ライン周辺での発生なので、日本海域から猛烈に離れているものの、米軍予想ではそのまま本土に向けて西に進むとのこと。この進路次第ではこちらも本土への影響がないとは言えない状況。

(3)米軍情報では台風6号より先に台風扱いしていましたが、既に台湾西にあって間もなくベトナムなどの大陸に上陸すると思われます。なので沖縄への影響も皆無だと思います。今回の中で最も気にしなくていいものかも?

(4)既に沖縄の南の近海にあって、その外側の雲が沖縄でも南に位置する八重山にかかっています。といってもスコールレベルなので、大きな影響は無いと思います。米軍情報でも台風のタマゴ扱いで予想進路も出ていますが、気象庁ではノーマーク。どうも気象庁の台風情報は「沖縄のみ」の影響するものは、取り上げないんですよね。あくまで気象庁本体がある本土にも影響がありそうなものしか取り上げてくれません(/_;)

(5)その本土に最も近い場所にあるプチ台風。でもこちらも気象庁では取り上げてくれませんが、今回の中でこれが一番厄介。まずは場所。奄美東、本土西日本南という、かなり陸地や離島に近い場所にあるから、今後の動き次第ではどこかしらへの影響があるかも?先の話のように動きがないから、一気に発達する可能性も!?

(6)ここからは赤道近くの定番の気になる雲ですが、最初のフィリピン近海のものはすでに陸地近くにあるので多分大丈夫。

(7)マリアナ諸島近海の気になる雲は、最も台風になりやすく、しかも沖縄へ接近しやすいので、この赤道近辺の気になる雲の中で、これが一番要警戒。

(8)おまけ程度w多分消滅すると思いますけど、先のものと一緒で、マリアナ諸島近海の雲の塊は台風になる可能性が高いので、念のためチェック。



そーーーんな感じの、派手な日本の南の海域^^;


文字にするのも図にするのも大変!なので初めてじゃないかな?図に番号まで振って説明せざるを得ないことになったのは^^ゞ

はたして台風7号は発生するか?8号は?そしてこの(1)〜(8)までの数値は明日には減るか?増えるか?

気象予報士は台風5号と6号の2個しか説明しないと思いますが、このブログではこの8個を今後も追いかけていきたいと思います。でも明日には減って欲しいな〜(多すぎて図を書くのが大変!)

(コメント不可・天気など気象情報は自分で予測/判断しましょう!)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/07/22-06:02 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲