2017年07月21日

沖縄が赤道付近の気候、本土が沖縄近海の気候?全般的に気候が北上!?

昨日の夜の那覇。深夜0時で「29.9度」って・・・

暑すぎーーー!

なにせ昨日の夜。普通にデスクワークしていたら、特に暑く感じないのに、デスクに汗がポタポタ。あまりの暑さに感覚が麻痺して暑さは感じなくても、身体はしっかり暑さに耐えかねていたようです。あわや室内熱中症になりそうな状態。気づけば扇風機の風も、まるでドライヤーの暖風を全身に浴びているかのような感じでしたし、とにかく昨日の沖縄は夜でも暑かった!

そして今朝も最低気温がどうにか29度は切りましたが、夜明け前で29度超。そして未だに無風状態が続いていて、今日も1日猛烈な暑さになりそうです(/_;)

ちなみに昨日の夕方。某公園のプールで泳いできました。海で泳ぐのはまだ難しいですが、プールなら日影もあるのでどうにかなりますからね(大怪我の部分を日焼けできないので)。しかし50mプールで水深2m超もあるものなのに、プールの中は完全にお風呂状態。しかもプール周辺の気温も35度超。

泳いでも全然涼しさは感じず、むしろプールから出た瞬間、汗がどばーーー!って出る感じ。

もはや今の沖縄で運動しやすい場所はありませんね。もちろん海もかなり水温が高めのようで、先日の離島巡りの際も足だけ浸けてもむしろ気温より水温の方が高い状態。このままだと海の中の生き物への影響が懸念されます。サンゴの死滅、今年はすでにかなりヤバイ状態なのに、このままだと壊滅的なダメージは必至かも?


そのためにも定期的な台風が欲しいものの、ここ最近の日本近海の雲の状態を見てびっくり。

例年なら、台風のタマゴは赤道にほど近いマリアナ諸島近海でできるはずなんですが、今年はそのエリアが北に移動し、小笠原諸島の緯度まで北上。つまりのところ、小笠原近海の海水温が赤道近くの状態まで上がっている証拠ではないかな?

そーいえばここ最近の台風も、沖縄近海ではまだ勢力が弱いのに、北上して本土に接近すると猛烈に発達なんてことが多いですね。その理由は海水温の上昇。その範囲が本土近海まで来ているってことかと思います。

これだけ北の位置で台風のタマゴができると、沖縄方面に来ることはあまり無さそうですが、本土はかなり台風接近の数が増えそうですね。

今年は沖縄が赤道近海の気候で、本土が沖縄近海の気候って感じになるっぽいですね。

もはやめちゃくちゃな季節感。

沖縄は太平洋高気圧の中心がすぐ近海に居座っているので、この暑さも無風っぷりも当分続きそうです。海水温上昇の抑制、このままだと当分無理っぽい(/_;)

この夏は沖縄では猛烈な暑さ、本土は強力な台風。

いろいろな意味で異常気象になりそうな予感がします(/_;)

(コメント不可・天気など気象情報は自分で予測/判断しましょう!)


posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/07/21-07:39 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲