2017年06月12日

台風2号の前にプチ台風?この2つの後にようやく梅雨明け発表??

梅雨明けですね。沖縄も、そして奄美も。

なにせ昨日は普段は気温が低めな奄美大島北端の「笠利」で、沖縄でも記録しなかった33度台。しかも盆地状で普段は奄美大島で一番暑い名瀬市街でも32度台だったので、笠利のこの気温は「梅雨明け」以前に「異常」。真夏でも笠利で33度台はなかなか無いよ。

なにせ笠利の33度台は、平年のこの時期「+6度」とかだもん。

本土では平気で「平年+10度」とかもあるかもしれないけど、基本的に温暖な南西諸島だと平年比からするとそんなに極端な気温になることはないのですが、昨日奄美大島のこの気温は異常すぎる。

ちなみに昨日の奄美・沖縄の気温はこんな感じ。6月上旬の数値じゃないですね^^;;;


・奄美大島北端 笠利 33.1度(+6.3度)
・奄美大島市街 名瀬 32.1度(+3.9度)
・徳之島 30.0度(+2.7度)
・沖永良部島 31.5度(+4.1度)
・与論島 29.9度(+2.4度)
・沖縄本島北部 名護 30.3度(+1.9度)
・沖縄本島南部 那覇 31.4度(+2.7度)
・粟国島 31.3度(+3.5度)
・久米島 31.9度(+3.3度)
・宮古島 31.0度(+1.7度)
・多良間島 31.7度(2.3度)
・石垣島 31.8度(+1.9度)
・西表島 32.0度(+2.3度)
・波照間島 32.4度(+2.2度)
・与那国島 32.1度(+2.7度)
(かっこ内は平年比)


これを見ても昨日の奄美大島・笠利の気温が異常だったのかがうかがえます。しかもその奄美大島北端のすぐ北にあるトカラ列島になると、平年以下の気温だし、さらに北の種子島では「平年比-5.5度」とかになっているし、明らかに奄美・沖縄だけ「梅雨明け」モード全開(笑)。

あとは台風2号次第ですが、昨日の記事でも綴った通り、沖縄方面に来るかもしれませんが、来ても「台風」としてではなく、普通の「低気圧」として来そうなので、おそらくこの台風崩れが通過した後に、正式な「奄美・沖縄の梅雨明け」って感じかな?


でもその台風2号の前に厄介な雨雲群が先島諸島の北にいるんですよね。

このブログで言う、いわゆる「プチ台風」。

台風ほどの風はないものの、台風並みの豪雨をもたらし、そして動きが遅いので台風以上の降水量になる厄介なやつ。これが昨日からずっとその海域に居座っているんですよね。動きが遅いのでその途中に減衰して消滅することもありますが、その触手のような雨雲群がすでに沖縄本島北部や伊江島あたりまで来ています。

あとは宮古・八重山海域にある梅雨明け後の夏の高気圧の勢力次第で、この南北方向の雨雲群の位置は変わりそうです。

なので今日ももしかすると那覇はセーフかもしれませんが、伊江島や美ら海水族館がある本部などはかなり微妙な天気っぽい。しかもプチ台風は先の話のように一度降り出すと長いので、今日、本島北部で雨になったら南部方面へすぐに移動した方がいいかも?もしかすると北部は豪雨でも南部は晴れるなんてこともあるかもしれませんからね〜。

でもその南部も今夜あたりはどうなるかな?

といっても昨日まで1週間も晴れ続きで、気温も昨日は究極まで上がっているので、ひと雨降って大地や建物を冷やして欲しいというところもありますね。あとは水不足傾向なので、このプチ台風と台風2号で少しは水事情が改善するといいな〜。

まぁプチ台風はかなり雨の期待は出来そうですが、正直なところ台風2号は沖縄には影響がほとんど無いと思っています。米軍予想も昨日と今朝ではかなり北寄りに進路を変更していますし、徐々に個人的な「本土方面行き」の進路になりつつあります。

でも本土方面へずれればずれるほど、大陸にいる時間が長くなるので、台風の勢力はさらにダウン。先の「普通の低気圧」状態で本土方面へ行けば、単なる「梅雨の雨」になっているかもしれませんね。まぁすでにある梅雨前線との余計な干渉がなければの話ですが・・・


とにもかくにも沖縄は台風2号よりもプチ台風。気になります・・・

(コメント不可・天気など気象情報は自分で予測/判断しましょう!)



posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/06/12-07:35 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲