ページの先頭へ△

2017年05月29日

今日は旧暦5月4日。「ユッカヌヒー」こと「ハーリー・海神祭」の日です!

沖縄の場合、新暦よりも旧暦の方がいろいろ祭事が多いので、長く住んでいると旧暦の感覚が身に染みているんですよね〜。もちろん「今日は旧暦の何月何日」と即答はできませんが、でもそろそろかな〜?って思うとだいたい合っています。


今日は旧暦5月4日。
・・・GWではありません(笑)。


沖縄の旧暦5月4日は「ユッカヌヒー」と呼ばれ、1年で一番大きな「厄日」とされています。でも悪い意味では無く、厄日だからこそその厄をはらうために様々な行事が行われるんですよね。特に今日は子供達に玩具を買ってあげて、喜んでもらうことで厄をはらうとされていて、昨日なんかはおもちゃ売り場はかなり賑わっていたんでしょうね〜。

また地域によってはポーポーやちんぴんといった沖縄ならではのお菓子?を、火の神や祖霊に備えたりもします。

そして旧暦5月4日の最大のイベントといえば・・・


糸満ハーレー


糸満では「ハーリー」とは言わず、「ハーレー」というのでこういう呼び方になりますが、一般的には「糸満ハーリー」と言うと思います。それが今日、糸満漁港で開催されます。実質的に沖縄で最も有名なハーリー(競漕)です。

ちなみに新暦の5月3日〜5日の那覇新港で行われる「那覇ハーリー」、あれは観光客向けに無理矢理GWに開催したもの。本物はこの旧暦5月4日近辺に行われるハーリーなんですよね。

去年はたまたま糸満方面に用事があったので、初めて生で糸満ハーリーを見ましたが、今年はちょっと無理っぽいです。那覇から糸満って意外と遠い。途中、豊見城を経由しますし、そもそも那覇って市街の大部分は北側にあるので、糸満ってかなり遠い存在に感じます。距離的にも那覇のど真ん中からだと、北谷へ行くのと変わらない印象です。

ってことで今年の糸満ハーリーは、明日にでもネットでチェックしますが、去年はこんな感じでした。

夏の風物詩〜糸満ハーレー糸満ハーレー会場アヒル取り大会スタート

2016年の糸満ハーレーレポート

でも糸満ハーリーといえば、「競漕」よりも「アヒル(笑)」。

その印象が強かったのですが、去年は生で見てまさにその印象通りでしたね。見ている人も競漕はそこそこですが、アヒルやスイカ獲り競争では大盛り上がり。確かに見ていて面白かったです。まぁアヒルの捕獲は動物愛護的にいろいろ言われると思いますが、あくまで伝統ということで許して欲しいものです^^ゞ

ちなみに今日の糸満漁港でのハーリーは、競争は午前10時からですが、アヒル捕り競争は午後1時ぐらいからだったと思います。わずか10分間の勝負です。糸満ハーリーは午前10時の競漕よりも、午後1時からの捕獲競争の方が見所。

午後1時からの10分間。糸満漁港に注目です!(ただ時間はその日の進行状況で多少ずれる可能性も!?)


2017年の糸満ハーレーの情報(糸満市)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/05/29-09:43 | Comment(0) | 沖縄イベント情報
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲