2017年05月17日

昨日1日の降水量。水不足の沖縄本島としては恵みの雨でした^^v

昨日の雨はかなり激しい降り方をする時間もあり、そして沖縄では珍しく、超時間にわたって降り続いたので、昨日の累積降水量はかなりのものになりましたね。でも4月までの沖縄のダム貯水率は、去年比でなんと「1/2」のレベルしかなく、平年比でも「2/3」とかなりの水不足傾向。

例年なら雨が多い冬の沖縄のはずなんですが、この冬はホントに雨が降らなかったですからね。

しかもこの梅雨時期に雨が降らないと、9月以降の台風シーズンまで雨は全く期待できない沖縄。先日の梅雨入り直後もそれなりに降りましたが、降った時間がそんなに長くなったので、ダム貯水率もそれほど回復せず。でも昨日は量も時間もかなりのものだったので、ダム貯水率もかなり上がったと思います。

ちなみに昨日24時間での降水量。こんな感じでした。

・本島北部辺戸岬 206mm
・本島北部名護 108mm
・本島中部コザ 150mm
・本島南部那覇 124mm
・本島南部東岸 124mm
・宮城島 158mm
・久米島 118mm
・渡嘉敷島 107mm

沖縄本島内は24時間の降水量が24時間で100mm超だったようです。でも本島より南の宮古・八重山でも雨は多かったものの、24時間で50mm前後。西表島や与那国島など西の離島になると10mm前後と、同じ沖縄でも全然降り方が違いますね。

まぁ宮古・八重山は梅雨入り発表以前にとっくに梅雨状態でしたので、雨はもう十分降っているのかもしれませんが、沖縄本島に関しては今年最大級の降水量だったような気がします。まぁ9月以降の台風シーズンになって、台風が最接近すればあっという間にこれ以上の降水量になりますけどね^^;;;

そして沖縄本島のダム貯水率は、今回の雨の前は50%を割り込んでいたものが、一気に60%近くまでアップ!といってもそれでもまだ平年(70%超)より少ない貯水率ですが、このままいけばかなり水事情がヤバかっただけに、昨日の雨は「恵みの雨」でしたね。

ただ昨日のような激しい雨の降り方をすると、沖縄って島を削ってできた道や土地が多いので、すぐ土砂災害になるんですよね。

分かっているだけでも、本島中部の普天間宮で大木が倒れた話がありましたし、北谷だったかな?工事現場で擁壁が崩れたという話があったと思います。どちらも大地を削ったところが崩れています。

那覇市街でも土砂崩れや倒木は確認できなかったものの、坂道だと道路に土砂が流れ出して土まみれの石ころだらけの状態でした。

沖縄って雨水を道路に垂れ流すのが一般的なので、大雨になるとすぐにこういう感じになります。本土の建築だち雨水は一度敷地内で処理して、下水などに流すんですけどね。これも沖縄で大雨のあとに土砂崩れや冠水が多い原因かもしれません・・・

まぁこういう大雨も沖縄の梅雨っぽい感じですし、沖縄の梅雨は大雨のあとは必ず晴れ模様になるので、あとは天気の早い回復を期待しましょう^o^/
posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/05/17-10:45 | Comment(0) | 沖縄の服装/天気
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページの先頭へ▲