ページの先頭へ△

2017年04月09日

昨日は暑かった!しかし沖縄以上の暑さだったところが本土に・・・(/_;)

昨日の沖縄は暑かった。那覇でも昨日は全28観測地点中24ヶ所で、今年の最高気温を更新。那覇でも今年一番の「27.0度」まで上昇。そして沖縄で一番暑かったのは、やっぱり最南端の波照間島。「28.0度」まで上がり、もはや夏模様どころか、完全に「夏」の気候でしたね。

さすが南国沖縄。さすが最南端離島!

しかーーーし、昨日、最も気温が高かったのは沖縄ではなく、奄美などを含めた南西諸島でもなく、なんと本土。しかも日本海側。

なぜーーー!!!(T_T)

場所は兵庫県。その日本海側にある「豊岡市」で昨日は「28.1度」まで上昇。

・・・沖縄の全地点で負けました(/_;)

しかも実を言うと、沖縄本島および周辺海域の沖縄の離島も含めて、那覇が一番気温が高かったのですが、ここでも隣の与論島の「27.1度」に負けていました。

たかが「0.1度」、されど「0.1度」。

どっちも沖縄ではない場所に負けたのはちょっと悔しいです(><)ノ

まぁ気温の高さに勝ち負けもないですけどね〜^^ゞ

でも昨日の沖縄では那覇は比較的安定した晴天でしたが、北部ではひと雨あったエリアも。最初は奄美方面にあった雨雲群が徐々に南下。伊江島や水族館がある本部半島まで一部で南下していましたね。大雨にはならなかったみたいですが、その分、那覇より気温が少し低めだったのかな?

昨日は日暮れ近くの時間でも24度も気温が有り、宜野湾では花火大会もあったのでまさに一足早い夏を実感できたと思います。私は宜野湾まで行って花火を見る気はありませんし、そもそもあと1ヶ月も待てば、那覇市街で「那覇ハーリー」の花火を3日連続で見れますからね〜。もちろん打ち上げ規模も華やかさも、昨日の花火大会の方が断然上ですが、混雑している場所にわざわざ行くのは苦手なので、1ヶ月後の那覇ハーリーの花火を楽しみにしています(会場ではなく会場から離れた場所で見るので混雑なし!)。


しかし昨日の本土、特に西日本のあの気温は何だったんでしょうね。

京都の福知山でも昨日は「26.0度」まで上がったようですし、島根や鳥取でも25度台を記録した場所もあったようなので、昨日は西日本でも特に日本海側が何故か気温が高かったみたいですね。本来なら南向きの瀬戸内や高知の方が気温が高くなりそうなんですが、なんで昨日は北向きのこのエリアが沖縄以上、ないし沖縄なみの気温になったんでしょうね〜。

でも沖縄はこの高い気温をキープするので、寒暖の差があまり大きく無いので、暑さも気になりませんが、本土の場合は昨日あれだけ気温が上がったのに、一気に下がりそうですからね〜。

ちなみに今朝の那覇。最低気温でも22.0度。湿度に至っては雨も降っていないのに90%超と、蒸し蒸し。そして昨日、沖縄を越える気温を記録した兵庫では、12度台まで気温が下がっていますね。昨日の日中は沖縄以上の気温だったのに、今朝は沖縄より10度も低い。その分、寒暖の差が激しいってことですからね〜。

本土ってこの「寒暖の差」が物凄いので、ホントに体調管理が大変ですね。たった半日で真夏よ冬の気候が交互にやってくるんですから・・・

ちなみに次の週末。用事があって本土に行きます^^ゞ

桜は期待できませんが、気になるのはこの寒暖の差ですね。昼は沖縄とそんなに変わらないかもしれませんが、その朝晩の冷え込みが想像できません^^;

どうなるかな〜?
posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/04/09-07:21 | Comment(0) | 沖縄の服装/天気
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲