2017年03月25日

夜中に震度3の地震発生!でも弱い沖縄の建物だとそれ以上に感じる?

久しぶりに夜中にたたき起こされました。

昨日、っていうか実際は今朝の午前1時43分。沖縄本島全域で震度3のかなりの揺れをともなう地震発生。本土にいたときも震度4でもまず起きなかった私が、今朝の震度3の地震で目が覚めました。しかも最初からかなり激しい揺れだったみたいで、その最初の段階で目が覚め、その後の大きな揺れにかなりの恐怖を感じました。

でも沖縄の建物って、地震対策をあまりしていないので、本土の建物よりはるかに揺れが大きいんですよね。だって明らかに本土より柱が細いですから。建物自体は台風対策でコンクリート造のものが多いですが、あくまで台風による影響を考えただけで、地震のようなさらに大きな力が加わったときのことを正直あまり考えていないです。現に台風時もコンクリート造の建物なのに暴風の時は建物が揺れます^^;

ましてさらに強い揺れを伴う地震ともなると、ホントに沖縄の建物って弱いな〜って感じますね。特に「元建築家」の私には、沖縄の建物って「地震時大丈夫?」ってものばかりのような気がします。

まぁ沖縄は「大地震が起こりにくい」と言われているので、こういう地震意識が低いのもわかりますが、「地震が無い」わけじゃないですからね。昨日の震度3の地震でも沖縄のこの弱い建物だと、ひび割れなどの影響があったものもあるんでしょうね〜。

ちなみに昨日、じゃなく今朝の地震は震源が粟国島の北の海域。深さは90kmと深かったので、沖縄本島全域に強い揺れをもたらしたんでしょうね。マグニチュードは「5.1」とやや強め。震度は「3」が辺戸岬から南城市まで、沖縄本島のほぼ全域で観測。慶良間や久米島でも震度3を記録しています。また徳之島でも震度2を記録していますが、奄美大島では揺れを観測していません。ちなみに津波の心配はなかったようなのでひと安心です。

2017年3月25日午前1時43分の地震情報

しかし今朝の地震はあまりに揺れが大きく、しかも長めだったので、たたき起こされたあとも地震が収まってもなかなか眠れませんでした。余震も心配でしたが、身体に残る揺れの感覚で完全に目が冴えちゃいましたからね。

なにせ我が家ではもともと必要があまりないはずの「地震対策」をかなり万全にして、棚や家具は全て固定していますし、ものも落ちないようにしているのですが、今朝の地震では一部でものが落ちました。ちょっとビックリ。幸い、落ちても壊れるものではなかったので、特に被害はありませんが、それでも昨日の揺れの大きさと長さは恐怖そのもの。横揺れでかなりの震幅を感じましたからね〜。

ピンポイント的に震度3の地震はたまにありますが、ここまで震度3のエリアが広範囲にわたって観測されるものは、沖縄では非常に珍しいです。確かに揺れを実際に体感したけど、あの震幅の大きさはここ最近はなかったと思います。

余震は今のところありませんが、ただ一度大きな地震が来るとこの先ちょっと怖いですね。とかく去年から今年も南西諸島を震源とする地震が多かっただけに、今回の地震も今後が気になる次第です。

本土で地震慣れしていたはずなんですが、沖縄で暮らすと地震の数が少ない分、その慣れもなくなりますね〜^^ゝ

しっかし寝ている時の地震でたたき起こされるのは、沖縄では初めて。本土でも滅多になかったので、今朝もまだドキドキ感が残っているかも?

どうか余震、ましてや本震はもう無いことを願うばかりです(/_;)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/03/25-05:49 | Comment(0) | 沖縄台風/災害情報
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページの先頭へ▲