2016年10月05日

今日から本土が台風モード。沖縄は久米島の停電復旧まであと少し!そして・・・



いよいよ本土が台風モードに突入しましたね。でも今回の台風は沖縄海域にいるときは、雨雲が中心近くにしかなく、その中心でも24時間で100mm程度の大した雨ではありませんでした。でも久米島で最大瞬間風速「59.7m」を記録したので、沖縄では今回の台風18号は「風台風」だったことは間違いありません。

その風も直撃した久米島や近くの粟国島や慶良間で強くなったぐらいで、本島はなにやら「特別警戒」が出ていたものの、台風モードどころかちょっと風が強いぐらいのレベルでした。最近の気象庁からの台風情報はホントにアテになりません。まぁ沖縄に住んでいる人はほとんどが気象庁からの情報は当てにせず、米軍情報などアメリカからの台風情報を参考にしていますけどね。

結局今回の台風18号も、気象庁の予想では奄美大島東を抜けて本土の太平洋側へ進むと出ていましたが、結局米軍予想通りの本島近海を通りましたしね。まぁ久米島直撃まではさすがに米軍情報でも予想できませんでしたが、でも明らかに予想は米軍情報の方がアテになると、今回も証明されましたね。

でも本土まで行くと、さすがの気象庁情報でもこの先の進路は当たります(笑)。

現在は九州北部の西の海域にある台風18号は、そのまま日本海を進んで東北方面へ向かいそうです。上陸したとしても東北まで行ってからになると思いますが、今回の台風は本土接近に伴いその東側に猛烈な雨雲群を発達させ、台風の東側では広範囲に豪雨になると思います。そのまま豪雨エリアは東へ移動。今日は西から徐々に徐々に豪雨エリアが東へ移っていきそうです。

もしかすると今回の台風18号で、最も雨が少ないのは沖縄になりそうですね。特別警報が出ていたのに、一番台風からの影響が少ないとはね。

そもそも今回の台風情報は、気象庁が数値だけ先走りさせすぎた感が否めません。中心気圧とか風速80mとか、数値ばかり先行して実情にあっていない情報を、しかも先に出しすぎ。沖縄に住んでいる人はほとんどが「ホントかい?」って疑問に感じる情報ばかりだった気がします。現に沖縄ではその特別警報や避難勧告が出ていても、ほとんどの人が普通に生活。私自身もそうでしたが、今回の台風は久米島でこそ大きな影響はあるものの、沖縄本島では普通の台風未満のレベルでしか思っていませんでした。

結果、その通りの軽微な影響しかなく、とてもとても特別警報レベルの状態ではありませんでした。

もちろん、備えあれば憂い無しなので、警戒しすぎる方が災害時はよりよいのは分かっていますが、今までがあまりに警戒レベルでも何も情報を出さなかったのに、何故に今回だけ?って感じでしたからね。

結局、沖縄での台風対策は、気象庁からの情報はスルーして、米軍情報とあとは自分で風と空気を感じて判断するのが一番です。まぁそれがいつものことですけどね。でも今回は気象庁があまりに情報を先走りに出してしまったため、それに合わせてモノレールや路線バスが早々に運休。確実に運行できる状態だったのに、気象庁の数値に踊らされてしまいましたね。でもそのおかげで学校も会社も「公休」になったので、良かったのかもしれませんけどね〜^^ゞ(沖縄はモノレールと路線バスが運休になると会社も学校も公休になるシステムがあります)。

でも沖縄本島は軽微な影響しか無かった台風18号でしたが、久米島はまだ島の1/4は停電中。しかも昨日の夜までは3/4が停電していて、復旧がかなり遅れ気味。既に24時間以上の停電をしているエリアもあり、停電ってその24時間を越えるとかなりキツイんですよね。特に冷蔵庫の中のものはいろいろ対策しても(冷蔵室に氷を入れるなど)、24時間が限界。それ以上になると食材がかなりヤバイです。どうか今日の明るい時間に全面復旧を願うばかりです。

そして最後の最後になりましたが、台風18号からの影響は久米島以外はそれほどなかった沖縄でしたが、既に台風19号のタマゴがちらほら。しかも2つあるので、もしかすると台風19号のタマゴだけじゃなく20号のタマゴも!?

はぁ・・・台風シーズンピークなので仕方ないですが、今年は1号発生が7月上旬と記録的に遅かった割には、今は既に平年並みの状態。いかに台風発生の密度が濃いかがうかがえます。はたして19号そして20号の発生はあるのか?

本土は18号で大変かと思いますが、沖縄は既に19号&20号への警戒モードです(/_;)

(台風関連の記事はコメント不可)

<台風18号の目から推測した実際の進路>
台風18号の目から推測した実際の進路

posted by 離島ドットコム管理人 at 2016/10/05-08:08 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲