2016年09月16日

徐々に西寄りになるも、台風16号は明日、沖縄に接近か!?



台風14号は大陸に上陸後、消滅したものの、台湾や中国に多大な影響を及ぼしたかと思います。いかんせん、他国になるとなかなか情報が入ってこない台風情報。気になります。でも日本もこの上陸後して消滅した台風14号の雨雲が、今後偏西風に乗って日本海域へやってくる可能性もありますので、台風情報としては出てきませんが今後も警戒が必要です。

しかし気になるのはもちろん台風16号。徐々に西に進路を変えていて、当初は宮古島直撃コースでしたが、現在は与那国島近海を通るコースまで西に移動。でもここまで沖縄に接近していると、今後さらに西に進路を変えても、台風1号や14号のような台湾南を西へ抜けてくれることは無さそうです。

現段階では、台風16号が沖縄に最接近するのは9月17日の日中。17日は特に宮古や八重山では外に出ることができないレベルになる可能性も。そうなると沖縄の台風と言えば「停電」が気になりますが、沖縄本島こそ問題ないものの、宮古や八重山では停電対策もきちんとした方が良いかもしれません。中心気圧も925hPaまで発達するとの予報が出ていますので、かなり強力な台風まで発達しそうですからね。

特に最も近くを通りそうな与那国島。先日、足を運んだばかりなので心配です。

ちなみに去年だったかな?これまた与那国島に足を運んだ直後に台風が来て、せっかく新築したサンニヌ台展望台がいきなり破壊されてしまいましたが、その後すぐに再築されて元通りになりましたが、また破壊されないことを願います。あと何度も何度も破壊されている、東崎近くの風力発電もね。最近の離島の風力発電は台風時に倒しておける「可倒式」が増えてきたので、与那国島もそろそろその方式にした方がいいような気がします(波照間島や粟国島で採用)。

もちろん与那国島だけではなく、宮古・八重山の全域に今回の台風16号の影響はありそうなので、他のエリアの方も最大級の警戒を!

でも沖縄本島だけは南から入ってくる湿った空気の影響で不安定な天気になる程度で、そんなに大嵐の様相にはならないと思います。もしかすると今回の台風16号で日本全体の中でも最も影響が少ないエリアのうちの一つになるんじゃないかな?沖縄本島は。

ただ進路が徐々に西寄りになっているものの、旋回角度が徐々にきつくなってきており、当初は「九州上陸」とされていた進路も、九州南岸を通過しそうな雰囲気。その分、沖縄本島にも近いエリアを通る可能性もあります。もちろん那覇では既に台風対策済みですけどね^^ゞ

そしてその急旋回の後。本土への直撃は微妙な状況ですが、ただ直撃しなくても台風の北側には活発な雨雲群を伴うので、台風が本土の南岸を通過するとなると、猛烈な暴風雨を各地にもたらす可能性もあります。特に太平洋側の全エリアは、連休明けはかなりの警戒が必要。

まだどのルートを通るかわかりませんが、まずは沖縄海域をどう通るか次第ですね。

ちなみに今朝の沖縄は各地でそれほど台風前の感じではないと思います。風もそんなに強くないですし、雨雲群もまだ到達していません。ただ今回の台風16号は14号の後だけに雨雲群の範囲は広くないものの、中心付近に活発な雨雲群を集約しているので、天気などの状況が突然変わります。まだ今日は大丈夫だとは思いますが、明日の宮古や八重山は、外に一歩も出ないぐらいの感覚がおすすめです。もちろん買い出しは今日中に!

とにもかくにも台風時で一番怖いのは「停電」なので、明日は停電せずに通過して欲しいものです。

(台風関連の記事はコメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2016/09/16-05:35 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲