2016年01月17日

去年開通した伊良部大橋。今年はどの大会もここを通るみたい。

2015年1月末に開通した、宮古島と伊良部島とを結ぶ伊良部大橋。

既に開通直後に自力で渡りましたし、実を言うと10月の宮古島マラソンでも渡りました。しかし、橋の上は吹きさらしなので猛烈な横風でしたし、橋だけど島以上のアップダウンがあって、とにかく橋が一番の難所でした。確か橋開通直後に開催された去年の宮古島トライアスロンでも、選手曰く「バイクの155kmの中で伊良部大橋が最もきつかった」という話。

ランニングでもバイクでも伊良部大橋は難所なんですね〜。

ちなみに宮古島マラソンは毎年10月、宮古島トライアスロンは毎年4月に開催されるので、どちらも既に伊良部大橋がコースに組み込まれていますが、1月開催の宮古島ワイドーマラソン(100kmマラソン)だけは、伊良部大橋開通直前の開催だったので、まだ伊良部大橋が組み込まれたコースでの開催をしていないんですよね。

その伊良部大橋を渡る初の大会がまさに今日w

これで宮古島の3大スポーツイベント全てが、伊良部大橋を通ることになりますね。先の2つの大会(マラソンとトライアスロン)ではどちらも伊良部大橋が最大の難所とのことなので、このワイドーマラソンもそうなりそうな気が・・・

でも伊良部大橋はコースになっても、伊良部島の中までコースになったのはトライアスロンのみ。マラソンもワイドーマラソンも伊良部大橋を渡りきった先でUターンしてすぐに橋に戻るので、余計に橋がきつく感じるのかもしれませんね。

せっかくの伊良部大橋で伊良部島に渡ることができるのに、伊良部島はほとんど接することがないまま宮古島に戻る。もったいない!

でもマラソンもワイドーマラソンもレース序盤の元気なうちに伊良部大橋を渡るので、橋からの景色も楽しめそう。まぁ問題は風と坂道なので、実際はその2つのせいで景色を楽しむ余裕はほとんどありませんでしたが・・・しかもワイドーマラソンは序盤はまだ夜明け前かな?なにせ午前5時スタートで、伊良部大橋地点はスタートから「15km過ぎ」なので、おそらくほとんどの選手が夜明け前に通過。もったいない・・・

しかも来間大橋は完全に渡りきらないものの、スタート直後。景色どころか橋の存在も気づかないまま過ぎ去りそうです。逆に池間大橋は「40km過ぎ」なので、どんなに速いランナーでも明るい時間。そして「75km過ぎ」では東平安名崎と、池間大橋と東平安名崎では絶景が楽しめそうですね。ただ40km地点とか75km地点とかになると、景色を楽しむ余裕はあるのかな〜?^^;

なのでせっかくの絶景橋の伊良部大橋は、ワイドーマラソンでは真っ暗な中、みなさん走ることになりそうですね。でもニュースではあの街灯1つもなかった伊良部大橋に、街灯設置というものがありましたね。基本的にウルトラマラソンはライト的なものを持参して走るのが一般的ですが、少しは楽に走ることができるようになっているかと思います。

今日の大会に参加される方は、無事にゴールできることを願っています。

ちなみにワイドーマラソンは「100km」以外に「50km」もあり、あと「22km」とか「10km」とか「2km」とか、ウルトラ未満(フルマラソン以上の距離をウルトラと言う)の部門もあるんですよね。

タイムは気にせず、島を楽しんで走ることができるよう、願っています。そして景色は大会あとでも楽しめますので、マラソン抜きでじっくり楽しむのがおすすめかな?まぁ体が動けばの話ですが(笑)


宮古島〜伊良部大橋も走る?


宮古島〜来間大橋も走る?


離島ドットコムの壁紙コーナー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2016/01/17-06:02 | Comment(0) | 沖縄離島ドットコム
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページの先頭へ▲