2015年09月10日

台風自体は大したことなかった18号。問題はそのあとのしっぽ?



台風18号は本土を横断して日本海側へ通過し、そして消滅して温帯低気圧になりましたが、今回の18号はとにかく「台風のしっぽ」と呼ばれる台風の後にしっぽのように連なる雨雲群がかなり厄介のようですね。綺麗に真南から真北へまっすぐ延びています。

しかもその台風のしっぽが昨日から全く位置が変わらず、まさに首都圏直撃。東京・千葉・横浜といったエリアにひたすら雨雲がかかっていますね。その北のエリアにも激しい雨雲がかかっていますが、現在は栃木県が全域で豪雨の状態。茨城でも栃木側はかなりの大雨。逆に埼玉はそれほどでも無いので、まさにこの台風のしっぽのちょっとした位置の違いだけで豪雨のエリアは変わっているようです。

特に東京でも23区は大雨でも、八王子など西部だと雨無しレベル。

ただ台風が南から北にそのまま抜けたので、風も南風のままだと台風のしっぽも南北方向には変わるものの東西方向にはあまり動きが無さそう。つまり先の話のように東京でも23区は雨続きなものの、八王子などでは雨無しなど、この状況が当分続きそう。

そうなると問題は土砂災害と河川の増水。既に両方とも警戒レベルを超えて避難レベルまで来ているようで、特に河川の氾濫は影響範囲が大きいですし、雨が止んでも増水はそのあとに来るので心配になります。ただ上流部分で雨がそれほど降っていなければ下流だけの雨ならそのまますぐに海に流れるので、どうにかなるかもしれません。現状の雨雲レーダーを見る限りは豪雨は河川の下流がほとんどで、上流部分はあまり雨が降っていないようです。東京でも西側や埼玉など河川の水源に近いエリアはそんな雨じゃ無さそうですからね。

しかし降り始めからもう3日目なんですよね。昨日の台風通過で少しは落ち着くかと思ったら、通過後の今朝も豪雨状態の首都圏。

交通機関への影響もさることながら、直接の水害の影響もありますので、河川の近くのエリアの方は雨が収まっても上流から鉄砲水が流れ込んでくる可能性もありますので注意しましょう。

でも徐々にですが台風本体の雨雲が偏西風に乗って東へ移動しているのでしょうか?所と件の雨雲も徐々にですが東へ移動しているような気がします。23区や横浜の豪雨も現在は千葉方面に移ったようです。もちろん今後は千葉エリアでの警戒が必要ですが、あとは栃木や茨城などの山間部。南からの湿った空気が山々にぶつかってさらなる豪雨になることもありますから。

今日もまだ首都圏は豪雨への警戒が必要そうです。そして豪雨が収まっても河川の増水はまだ続きますので、今日は絶対に増水した川には近づかないで頂きたい次第です。増水した川は荒れた海よりたちが悪いので、興味本位で近づいて見に行くなどしませんように。

早く平穏な気候に戻ることを願っています(T人T)

ちなみに台風17号はまだ東の沖にいて北上中。北海道の東側に接近する可能性もありますが、その頃には威力も減っていますし、何より台風の西側がかかる程度なら大きな影響も無さそうです。でも今回の東日本の豪雨は台風18号によるものだけではなく、この17号からの空気も一因かもしれません。そうなると17号も足早に過ぎ去って欲しいですね。

それと17号と18号が過ぎ去りそうなタイミングで、またしても赤道近くにちらほら気になる雲が出てきています。といってもサイクルからしても1〜2週間は先の話ですし、消滅する可能性もあるので、今後もチェックだけはするぐらいで考えます。

何より18号のしっぽによる豪雨が早く落ち着くことを願っています。


(台風関連の記事はコメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2015/09/10-05:58 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲