2015年07月06日

少し明るい兆しも?本日の台風情報まとめ。



最も沖縄近海で発生し、昨日までの予想進路だともしかしたら八重山から沖縄本島、そして奄美方面まで南西諸島縦断する可能性もあった台風10号。

でも今朝の段階ではフィリピンに上陸し、そのまま西の海域に抜けたので、予想進路も当初よりかなり西寄りになってきましたね。まだ明確にどの方角に進むかわかりませんが、予想進路の的中率が高い米軍情報だと台風10号は台湾西に抜ける進路になっていました。

台湾自体には影響がありそうですが、その東に位置する八重山への影響はこの予想通りならかなり少なくなるかもしれません。しかもフィリピンに上陸したので勢力もそれほど強くないのならなおさら。

まだ予想の範疇ですがそれでも多少は明るい兆しが見えてきた気がします。

あともう1個の台風9号。こちらは当初からの予想通りに西北西へ向かって一直線ですが、でもこのまま一直線の進路を進んでくれれば影響は一過性で済むかもしれません。しかもこの予想のように本島と宮古の間をうまく通り抜けてくれれば言うこと無し。しかも沖縄本島は台風の東側に位置するコースなら恵みの雨も期待できますので、少雨傾向の沖縄本島や周辺離島にとってはこのコースで進んで欲しいと思うところ。

もちろん台風などの気象については予測しきれませんので今後どうなるかわかりませんが、でも予想進路の的中率が高い米軍情報でこういう予想が出ると期待できますね。

ただ遠かれ近かれ台風が近海にいるだけで海は大荒れなのは必至。飛行機の運航はその台風9号の最接近自以外はこの進路なら少ない影響で済みそうですが、海に関しては7/9ぐらいからかな〜?本格的にシケると思いますので、特に台風10号の進路とスピード次第では次の週末の八重山や宮古の航路は欠航便がかなり出るかもしれません。もちろん沖縄本島海域の船舶への影響もありそうですが、とにもかくにも当初の予想のような南西諸島縦断の可能性が下がってきただけでも嬉しい知らせのような気がします。

今日の予想通りに進んでくれると良いな〜(水不足解消も含めた話)。

しかも残った台風11号。沖縄方面までは来ないものの、今度は本土に向けて進む場合もあります。しかも本土方面へ行く場合は梅雨前線との干渉ならびに前線を押し上げることでかなりの広範囲で豪雨になる場合も。もちろんこちらもまだ予想の範疇なので今後どうなるかわかりませんし、本土に接近前に偏西風に乗って東へ抜ける可能性もあります。


とりあえず今日の段階で3つの台風の今後をまとめるとこんな感じ。

・台風9号は沖縄近海へ来るものの通過型なので影響する時間も範囲も小さいかも?
・台風10号は台湾西に進めば八重山や宮古へは間接的な影響だけで済むかも?
・台風11号は沖縄への影響は大東島で多少ある程度でメインは本土。しかも梅雨前線との干渉で豪雨も?

もちろん、あくまで「素人」の戯言なのでご理解願います(笑)。

(台風関連の記事はコメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2015/07/06-07:58 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲