ページの先頭へ△

2015年05月31日

南は沖縄、北は北海道まで揺れた昨日の午後8時24分。

それにしても驚きました。

昨日、5月30日の午後8時24分の地震。

沖縄でも座間味島で震度2を記録し、本島のみならず宮古や八重山まで震度1でしたが揺れを記録したらしいですが、同じ地震で北海道まで震度1を記録したらしいです。ニュース速報では神奈川で震度5弱を記録したとのことなので、てっきり関東が震源かと思っていたら、なんと震源は小笠原諸島近海。

M8.5というとんでもない大きな地震。
(東日本大震災がM9.0)

ただ震源の深さが「590km」と非常に深かったために津波の心配は無かったのは何よりですが、反面、小笠原が震源なものの本土の関東では震度5弱も記録し、広範囲で震度4を記録したらしいですし、何より沖縄や北海道でも震度2を記録したとあってはまさに「日本中」が揺れた昨日の地震だったと思います。

ちなみに沖縄では先の通り座間味島で震度2を記録したものの、多くのポイントでは震度1だったので実際はほとんど気づかないレベルのものだったと思います。私自身も車に乗っているタイミングだったので全く気づきませんでしたが、まさかここまで大きくて広範囲の地震だったとは思いもしませんでした。

もちろん沖縄だと緊急地震速報は携帯に入ってきませんが(今まで一度も入ってきたことが無い^^;)、本土ではあの携帯からのサイレンのような音が鳴り響いたのかな?

後の祭りかもしれませんが「M8.5」という数値を見て背筋が凍ります。

そしてあの311の光景が頭をよぎってしまいましたが、とにもかくにも津波が起こらなくてホントにホントに良かったです。津波が起きれば小笠原震源だと北海道から沖縄まで全域に影響がありそうですからね。

分かる範囲では沖縄での地震の影響はほとんどありませんが、震度5も記録したエリアもあった関東では大きな被害は無いものの、高層ビルのエレベーターが停止したり電車の運転が見合わせになったり、いろいろ影響も大きかった模様です。特に金曜日の夜と言うこともあって電車のダイヤの乱れは帰宅の足への影響は大きかったのかと思います。

そしてその震源に最も近かった小笠原諸島。なにせ「震度5強」ですし、沖縄同様に小笠原も大きな地震は滅多におこらないらしいので、昨日の揺れには島の人もとても驚かれたと思います。

ただ先の話のように震源がとても深かったからなのか、小笠原でも大きな影響は無かったみたいなので今回の「M8.5」という数値には驚かされましたが、特に大きな影響が無かったみたいなので何よりかと思います。


それにしても先日の鹿児島の口之永良部島の大噴火の翌日にこの大地震があると、何か日本海域で起こりそうな気がしてしまいますよね。今回の大地震はプレート型なので口之永良部島の噴火との関連性は無いとは思いますが、この2つの自然災害が今後のさらに大きなものの予兆にならないことを願うばかりです。


※気象庁HPより引用
posted by 離島ドットコム管理人 at 2015/05/31-06:12 | Comment(0) | 沖縄台風/災害情報
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲