ページの先頭へ△

2015年05月29日

屋久島西の「口之永良部島」が噴火!全島避難へ。

沖縄のすぐ近海の奄美に「沖永良部島」がありますが、那覇から船で比較的行きやすいので何度か足を運んでいます。

その馴染みもあって同じような名前の「口之永良部島(口永良部島)」はよく知っていました。屋久島の西の沖にある離島で、人口は100人ちょっとですが島の大きさは伊良部島と下地島を足したぐらいで意外と大きい。

というのも島には標高600mクラスの山が複数あるので島の大きさに比べると人口も集落も小さいのかもしれませんね。

でも温泉が豊富な島で屋久島同様に様々な温泉を楽しめるとのこと。

正直、ここだけの話。沖縄からなかなか行きにくい屋久島にいつか行けたら、この口之永良部島にも足を運んでみたいな〜って思っていました。屋久島とは船で往来できますので、東隣の種子島と合わせて西隣の口之永良部島も!と思っていました。まぁ屋久島は横を通り過ぎるのは楽なんですが(笑)、沖縄から行くには一度鹿児島市内に行ってから戻らないとたどり着けないのでなかなかね^^ゞ


その屋久島西にある口之永良部島。

ニュースでも大々的に取り上げられていましたが、2015年5月29日午前9時59分にまさに「大噴火」をしてしまったらしいです。

口之永良部島の「新岳(626m)」。

噴煙は9000mに達するとも言われるまさに大爆発。火砕流も発生したようですが、幸い島民は全て無事が確認されているようで、人的影響は今のところ無いらしいです。ちょっと安心。

でも火山って一度噴火すると長くその影響が残るので、島の人たちは避難しても再び島に戻るにはとても時間がかかると思います。

沖縄の有人島には火山はありませんが、無人島の硫黄鳥島は火山らしいですし、あと八重山の北の海の中には海底火山もあるらしいので、他人事とは思えません。しかも同じ南西諸島で沖縄に近い沖永良部島に名前が似ていることもあってとても心配です。

ちなみに沖縄唯一の地上に火山がある硫黄鳥島は沖縄県ですが何故か徳之島というかなり北の海域にあります。場所だけを見ると「奄美群島?」って感じですが、まぁそれを言うと大東島も他の沖縄の島から離れていますので、同じような感じかもしれません。そもそもこの硫黄鳥島は以前は有人島でしたが火山活動活発化のために久米島に冬眠は移住したのかな?


話は口之永良部島に戻して、今回の噴火で犠牲者が出なかったとのことでしたが、もともと口之永良部島はその火山を観光資源にしていて、以前は先の御嶽山と同じ状況だったようです。ただ去年の8月に34年ぶりの噴火があってからは「入山規制」の警戒レベル3に引き上げられていました。桜島や噴火後の御嶽山と同じレベル。噴火まではレベル1の「平常」だったらしいです。

そして今回の噴火で警戒レベルMAXの「5」の避難レベルまで押し上がりましたので、今、日本全国で最も活発な火山活動をしているのがこの口之永良部島なのかもしれません。

ちなみに昨今火山活動が活性化して警戒されつつある「箱根山」や「阿蘇」はレベル2。火口付近が規制されているだけで入山規制までは至っていません。レベル3の入山規制で先の桜島の御嶽山。レベル4の「避難準備」の対象は今のところ無く、そして「避難」レベルの5が口之永良部島ということになります。

去年の夏まで「平常」のレベル1だったものが、8月の噴火で一気に「入山規制」のレベル3にまで上がり、そして今日の5月29日に「避難」必須のレベル5に至るとは!?


沖縄と同じ南西諸島の離島として心配です。


しかもその去年の口之永良部島の噴火の翌月にあの御嶽山の噴火があったわけで、この2つの関連性は無いとは思いますが、昨今の本土での火山活動活性化もあるので何かの予兆にならないことを願うばかりです。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2015/05/29-13:16 | Comment(0) | 沖縄ニュース
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲