ページの先頭へ△

2015年05月11日

狙ったわけじゃ無いですが実を言いますと・・・

まさかの台風接近。

まだ5月初旬。

沖縄で「5月初旬」というと梅雨入り時期でよく梅雨入り発表当日は猛烈な集中豪雨があるのですが、今年はまさかまさかの台風による豪雨がありそうですね。

ってことは台風次第では梅雨入り発表も近い沖縄。

当初はそれを想定してのことだったのですが、まさか台風6号に対する対応になってしまうとはね。


実を言いますと今日から那覇を離れています^^ゞ


もちろん仕事関係なんですが、それと合わせて本土のマラソン大会にも参加するために既に本土に移動しています。

まるで台風6号を避けるかのようなこのタイミング^^;

もちろん急に決めた予定では無いので単なる「偶然」なんですが、ここまで見事に台風6号が直撃すると予想されている沖縄をこのタイミングで離れることになるとは自分でも驚きです。

ただ台風の状況を適宜レポートできなくなりますし、台風の後の街の状況を確認することもできませんし、何より台風対策をリアルタイムにすることができないのが辛いところ尾。っといっても常に台風対策を施してありますし、この台風6号到来も事前に予測されていたことなので、常時している台風対策以上に手も打てましたからね。那覇を離れている最中に台風が発生して直撃ということになると対策もできませんが、事前にここまで情報が耳に入れば十二分に対策はできます。

でも9月のような「台風対策完全版(笑)」ほどにはしてきませんでしたが、とりあえず外に出していたものは全て片付けていますし、室内も雨水が吹き込んできそうなところは目止めしていますし、窓枠下にもタオルを入念に敷いてあります。

完全版になると全ての窓の四方を目止めしちゃうので窓が全く開けられなくなりますが、今回はそこまでしなくても済むと想定していたのでほどほどの対応で。

というのも台風の進路はまだわかりませんが、少なくともこの時期の日本海域には偏西風が強く流れているので、台風が北上すれば一気に東へスピードアップ。つまり沖縄や本土に接近すればするほど速度が上がるので、台風が来てもその影響する時間は短く済むかもしれません。

台風ってその勢力や進路も気になりますが、一番重要な要素はその「移動速度」。

どんなに勢力が強い台風でも速度が速ければ影響は少ないですし、逆に勢力が弱くても速度が遅ければ甚大な被害が出る可能性もあります。

一番怖いのがその移動速度がほぼ「0」になる「迷走状態」。以前、宮古島で猛威を振るった2003年09月11日の「台風14号」なんかはまさにそのもの。宮古島近海で迷走状態になってしまいましたので、西平安名崎の風力発電の風車をなぎ倒してしまいました。もしあれが速度を保ってそのまま抜けていればあんな被害は無かったと思いますので、台風の影響の大小はこの「移動速度」にあるといっても過言じゃ無いでしょう。

その速度が今回はかなり速いとの予想になっていますので、勢力・進路ともに沖縄に多大な影響を及ぼしそうですが、実際はそんなでもない気がします。


なので那覇を離れているものの、今してある対策で十分かな?とも思っています。

まぁ那覇は市街地なので大雨だけならどうにかなると思いますし、今回の台風も「風」より「雨」だと思いますのでなんとかなるかな?

とりあえず那覇を離れていますがモニタリングで可能な範囲で今後も台風ブログに反映できればと思います。

そういう意味でのライブカメラの存在は大きいな〜^^ゞ(管理者権限で動画でも見れますので^^v)

(コメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2015/05/11-12:56 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲