ページの先頭へ△

2015年05月09日

個人的には台風は消滅し熱帯低気圧として沖縄に来そうな気がする・・・



最初にあくまで「ど素人w」の見解なのでご了承願います。

最近の全国ニュースでもやたら取り上げている「台風6号」。

その気象予報士も興奮して(笑)取り上げているようですが、それは単に本土に接近する可能性があるからというだけ。沖縄では4月に直撃する台風もあるのでこの梅雨入り前の台風もそんなに珍しいものではないですし、そもそも台風にこそならないものの、この5月はこのブログで「プチ台風」と呼んでいる熱帯低気圧が多く到来する時期なので、興奮して話をするほどではない気がします(笑)。

今回の台風6号も進路こそ米軍予報も気象庁予報も5月12日前後に沖縄に最接近し、翌13日前後には本土近海へ行くとなっていますが、これはあくまで「台風」として形が残っていた場合。

ここ最近の沖縄の海で泳いだ限り、海水温はそんなに高くないので、台風が沖縄近海まで来ても急激に勢力ダウンし、おそらくそのプチ台風こと熱帯低気圧になるだけじゃ無いかな?

そして本土近海へ行く頃にはさらに勢力ダウンし、通常の低気圧の前線になるだけのような気がします。

しかも進路がちょっとでも西にずれればフィリピンに上陸ないし最接近するとさらに勢力ダウン。

どっちにしても「台風」として沖縄には来ないような気がしています。

なのでプチ台風の特徴でもある集中豪雨はあると思いますが、台風のような暴風雨にはならないんじゃ無いかな?

しかも予想進路のように沖縄近海でも東側を通れば南西諸島は台風の西側がかかるだけなので、そんなに大荒れにはならない気がします。

台風ってその中心の東側は南から湿った空気が入ってくるので猛烈な暴風雨になりますが、中心の西側は北から乾いた空気が入ってくるので風が強いだけで雨もそんなに降りませんからね。

先の沖縄近海の海水温がまだ低いと言うこと、そして沖縄の接近しても中心の西側がかかりそうなので、正直直撃予想も出ている沖縄でもそんなに気にしていません。

むしろ水不足傾向なので恵みの雨になる可能性もありそうとも思っています。

ただプチ台風の雨は猛烈なものが多く、いわゆる記録的豪雨になって土砂崩れなどが多く起きる可能性もあります。なので暴風雨よりも土砂災害への警戒の方が必要なんじゃ無いかな?

とかく全国ニュースの気象予報士は騒いでいますが、沖縄に住んでいる身としては正直あんまり気にしていません。

まぁ一応、外に出してあるものを室内に移動するぐらいの台風対策をするぐらいで、台風ハイシーズンのような家の「完全密閉(笑)」まではしないつもりです。

多分、大雨だけだと思いますので、1階では無ければそんなに気にしなくても良いかな?

そしてこの台風が過ぎて(消滅して)気圧配置が安定したら沖縄と奄美の梅雨入り発表かな?(多分同時)

ただし冒頭で綴ったとおりあくまで「ど素人」の見解なので参考程度で^^ゞ

(コメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2015/05/09-07:49 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲