ページの先頭へ△

2015年03月03日

沖縄で3月3日といえばどうしても旧暦の方が印象強い。

今日は俗に「桃の節句」ことひな祭りですね。

でも沖縄の3月3日って感覚的に全く違いますね。

そもそも今日の新暦3月3日にひな壇を飾る家というのはあまり聞かないですし、そもそも沖縄に「桃」は基本的に無いし^^ゞ

そもそも3月3日が桃の節句と呼ばれるのは「旧暦」の3月3日が桃の花が咲く季節ってことからでしたよね。

沖縄の場合、まさにその「旧暦3月3日」の方がメインのようで、まぁ新暦の3月3日と似たようなところもありますがこんな感じ。


「浜下り」


ひな祭りと関係ないじゃん!って思われるかもしれませんが、この旧暦3月3日は潮が1年でも最も引く時期で、その干潮の海に手足を浸して身を清める日。特に女性がこの清めをすることから新暦も旧暦も「女性中心」という意味で似ているな〜って思います。

ちなみにこの「浜下り」は本島では「ハマオリ」ないし「ハマウリ」と言われますが、宮古では「サニツ」、八重山では「サニズ」、奄美では「ハマウリ」と呼ぶらしいです。個人的には「サニツ」か「サニズ」が馴染みますね〜(離島へよく行く時期だけに^^ゞ)。

2015年の浜下りは確か「4月21日」だったので、まさに夏シーズン到来の良い時期。

まぁその時期に離島へ行けば否応無しに海に入ったりしているかと思いますが(笑)、ただ先の話のように潮の干満の差が1年で最も大きくなる日なので、干潮時は完全に海が干上がってしまいますので泳げませんので要注意。

もちろん今日の新暦の3月3日はそういうことは無いので問題無いと思いますが、旧暦の3月3日はいろいろ注意が必要でしょうね。

あと潮の干満の差が大きいのもさることながら、旧暦3月3日には浜で様々な式典があると思いますので、無理して泳いだりはせずに見守っていただき他次第です。


ちなみに新暦3月3日は特に何も無いかな(笑)。確か以前のニュースで観光客誘致のためにひな祭りを題材にイベントを行う町もあったようですが、沖縄まで来てひな祭りはちょっと違う気がします。

そもそも沖縄のひな祭りを想像すると「琉装」でひな壇?って思いますが、そうなるとなおさらしっくりきません。ひな祭りといえば「十二単」を想像してしまいますので、どうしても琉装とは違いますからね。

そういう意味でも沖縄でひな祭りってあまり浸透していないのかな〜?


でも5月5日の端午の節句はさすがに鎧兜を飾ったりはしませんが、鯉のぼりは沖縄でもよく見ますね。そもそも3月3日は平日で5月5日は祝日。しかも子だくさんの沖縄にはうってつけの「こどもの日」なのでこの2つの節句でも沖縄では随分とらえ方が違うんでしょうね。

ちなみにその端午の節句の5月5日といえば、沖縄、っていうか那覇では「那覇ハーリー」の日!

・・・まぁこれも本来6月とかに行われるハーリーを観光客誘致のためにGWに開催しているだけなんですが^^ゞ


とりあえず沖縄の「3月3日」といえばひな祭りではなく浜下りという印象が強いですね。しかも旧暦なの今日では無く毎年変わります。


2015年は4月21日だと思います^^v<旧暦3月3日「浜下り」
posted by 離島ドットコム管理人 at 2015/03/03-06:57 | Comment(0) | 沖縄イベント情報
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲