ページの先頭へ△

2014年12月04日

ちょっと気になる。台風22号。米軍予想と気象庁予想が分かれる・・・



いつものことですが、同じ台風予測がどうしてここまで変わるのか謎。

米軍予想と気象庁の予想。

でもたいていは米軍予想の方が正しく、気象庁の予想はすぐに変更して過去の予想は無かったことにされてしまいますが、ただ今回の食い違いはいつもより極端。


台風22号の予想進路。


気象庁は本来のこの時期の台風の進路、っていうか去年の台風30号の進路をそのままなぞっている感じですが、米軍予想ではなんと!この時期としてはあまり無い北上コース。

とはいうものの、この時期の台風は少し北上してもすぐに偏西風に乗って東へ抜けてしまいますので、米軍情報ではまだ北上後の予想は出ていませんが、おそらく沖縄に接近する前に東へ進路を変えてしまうと思います。

北上すると沖縄への間接的な影響も出てきてしまうものの、そのまま西へ進むとフィリピンでまたしても多大な被害が出てしまうので、米軍予想の「北上」の方がどこにも上陸せずに減衰すると思われますので良いのかもしれません。

ただ今回の台風。個人的には西にそのまま抜けそうな気がするんですが・・・

まぁ自然のことなのでわかりませんが、とりあえず台風22号の進路はいろいろな意味でちょっと厄介。

なので本来のこの時期の台風はあまり進路とか追わないものの、今回の22号はちょっとしばらく様子を見ていこうと思います。


西に抜ければ沖縄など日本への影響は少ないもののフィリピンへの影響は甚大ですし、北上すれば間接的な影響は沖縄にもありそうですが徐々に減衰して影響は小さめ。

北上の米軍予測か、西に抜ける気象庁予測か!?
posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/12/04-07:18 | Comment(0) | 沖縄台風/災害情報
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲