ページの先頭へ△

2014年10月22日

地震連発。せっかくの台風シーズン明けの良い時期なのに・・

午後です。

でも今日の午前中は早朝と仕事が本格的に始める9時過ぎにショッキングな事がありましたね。

沖縄など南西諸島で地震連発。

しかも震源が同じ近辺なら片方が余震と思えますが、今朝の地震は震源が違う場所。


1回目。午前5時56分。

震源は伊平屋島西で深さは90km。マグニチュードは4.1。

那覇は記録上「震度1」でしたが、体感的には震度2に近かったと思います。あと早い縦揺れでしたが揺れている時間は短かったです。


2回目。午前9時15分。

震源は沖永良部島北部の島近海で深さは50km。マグニチュードは5.5。

那覇での揺れは「震度2」でしたが、今度は長周期の横揺れで結構長かったです。何より震源近くの沖永良部島と与論島では「震度4」を記録。

とかく大地震が起こることが少ない南西諸島でこの「震度4」は珍しいですし、何より全く別の震源で短時間に2度も地震があるのも珍しい。

といっても海底の地形的に同じ部類なのかもしれませんが、深さが倍以上違うので、素人判断ですが別の震源の地震が立て続けに起こったのかと思います。

先の本土での噴火もあるので、沖縄には火山は無いものの海底火山なんてことも想像してしまいますね。

せっかく台風シーズンが終わって安定した晴天が続いているこの時期に地震とは・・・困ったものです。


本土だと震度2とか震度4はそう珍しいものではないと思いますが、沖縄は地震こそあるものの大きなものは多くないので、建物とか家具とか地震対策をあまり施していないんですよね。

特に建物は1階が柱だけのピロティってものが多く、あの手の建物は大地震が起きると確実に1階が潰れて建物が崩壊してしまいます。しかも沖縄の場合、その柱と柱の間にバッテン型の支柱(ブレース)がほとんど無いので、地震にはとても弱い造りのものが最近の建物でも多いです。

台風には強いけど地震には弱い建物が多いですね。


しかも最近、15日の朝にも沖縄本島近海で震度3の地震がありましたし、奄美近海では小さい地震が結構多いです。もちろん本土に比べれば少ないのかもしれませんが、沖縄・奄美で地震の話をこれだけ聞くのは珍しいです。

本土での噴火もあるので、これらの地震が何かの予兆では無いことを願うばかりです。


とりあえず午前9時の大きめの地震以降、新たな地震も余震も無いのでこのまま落ち着いて欲しいですね。


▼2014年10月22日に発生した地震の震源(1:午前5時56分・2:午前9時15分)

posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/10/22-11:08 | Comment(2) | 沖縄ニュース
この記事へのコメント(承認されたもの)

東日本大震災を直に体験しているので、ここ最近の地震やっぱり気になります。

たしか7年くらい前のタイムスで、県内の耐震基準は全国よりもかなり甘々でとおっているって記事をみた覚えがあるんですよね。
それから東日本の惨事あり、縁あって帰ってきたら、相変わらずのピロティ付の新規住宅や分譲マンション…大丈夫なんでしょうか?

台風は一気に通り過ぎ局所的な被害で済みますけど、地震の被害は埋め立て地の多い地域や物流なんかにも相当な影響が出るのに、その辺の意識がとても薄い県民性が怖いです。
まぁ、関東以西は大体そんなものですけど(汗

一番怖いのは、港と海中道路周辺の備蓄基地がやられてガソリンが不足することですね。
私が住んでた北関東でもガソリン流通が正常化するのに陸続きでも2か月くらいかかりました。

Posted by haya at 2014年10月22日 20:29

元建築家の私なので、その沖縄県内の建築物の弱さは肌で感じています。。。もし本土のような大きな地震が来たらかなり危険です・・・

沖縄は大きな地震が起こりにくいというだけで、大地震が無い訳じゃ無いですからね。

地震の場合、ライフラインが一番心配ですよね。特に沖縄の場合は、ライフラインが細いですからね。

台風なら長くても1週間ですが、地震だと数ヶ月レベルの可能性もありますので・・・

台風より地震の方が怖いです(津波の可能性もあるし)。
Posted by 離島ドットコム管理人 at 2014年10月23日 20:09

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲