ページの先頭へ△

2014年09月10日

14号は無事通過。しかしマリアナ諸島近海には・・・

通常、9月も10日を過ぎるといかにも「台風シーズンピーク」という感じで、日々、気象衛星画像や米軍からの台風情報をにらめっこしていますが、今年はなんか違いますね。

確かに現在もマリアナ諸島近海に活発な雨雲群があるものの、今すぐに台風になりそうな雰囲気はありませんし、台風14号も本土に接近中に台風になったし、なんかこの夏の沖縄は全般的に天気に恵まれている気がしますね。しかも沖縄本島に関してはほどよい雨もあった水不足の心配も今のところありませんし、相変わらず気温は高めですが、今年は体温に迫る気温が少なく、32〜33度というほどよい(でも暑い)気温だったと思います。

っといってもこの先まだ何があるかわかりませんが、とりあえず今朝は雲が多いものの天気無くずれは無さそうな沖縄かな?

でも先ほども綴りましたが、多くの台風の発生地でもあるマリアナ諸島近海の雲。結構すごいんですよね。渦こそ巻いていないのですぐに台風になることは無いと思いますが、その雲の大きさがすごいのなんのって。

日本列島をすっぽり覆いそうなぐらいの大きさ。

まぁたまたま今朝のタイミングでそうなっているように見えるだけで、今後分散傾向なのかもしれませんが、もしこれが1個になったらと思うとちょっと怖いですね。

あとこちらはそんなに気にする必要は無いかもしれませんが、沖縄本島の西に雨雲の塊があって、今後またしても沖縄本島に影響があるかもしれません。台風もさることながらこうした雨雲群も今年は何故か本島には来るけど八重山には行かないですね・・・

といってもこの程度の雨雲群なら沖縄本島でも一過性のものなのでそれほど気にしていませんが、やっぱり気になるのはマリアナ諸島の雲ですね。

万が一台風になっても1週間以上先の話なので、まだそんなに警戒しなくても良いと思いますが、今後も台風ブログは継続しないといけませんね^^ゞ


ちなみに沖縄を通過後に台風になった14号は本土の南岸を東に進んだものの、本土への影響はそれほど大きくなかったみたいですね。台風って強風域に入らなくても特に南の近海にいるときはそこから湿った空気が送り込まれてかなりの大雨になるのですが、今回の台風は勢力がそれほど強くなかったみたいで影響は限定的みたい。

もちろん台風の進路上にあった伊豆諸島はかなり大荒れだったかと思いますが、全般的には台風14号はそれほどの影響を感じなかったと思います。

あとはマリアナ諸島近海の巨大な雲の塊ですね・・・

台風シーズンピークなので仕方ないですが。。。



posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/09/10-06:56 | Comment(0) | 沖縄台風/災害情報
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲