ページの先頭へ△

2021年11月28日

そろそろ青い海も恋しい?那覇なら気軽に離島へ行けるはずも…

GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜遠景
gotoyoronyurifarwide2021.jpg


GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜拡大
GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜拡大


離那覇中に楽しんでいる紅葉や黄葉。沖縄ではほとんど望めないものですが、さすがに飽きてきましたw

そろそろ違った色の景色も見たくなりますね。例えば那覇市街のトックリキワタのピンク色や、百合ヶ浜の水色など「鮮やかな色」が見たいですね。紅葉や黄葉も良いのですが、色合いとしては「鮮やか」というよりも「やや色褪せた」感が否めませんので、沖縄や離島の鮮やかな景色をたまには見たくなります。

もちろん沖縄以外でもこの時期に鮮やかな色合いの景色を見ることも可能ですが、移動が大変。離那覇中で感じるのは、同じ地図を見てもスケール感が桁違いで、沖縄なら「歩いて行ける」という感覚の地図上の距離でも、離那覇中だととてもとても無理って感じになることしばしば(途中で諦めて公共交通機関利用w)。

沖縄や離島なら少し歩けばすぐ海に出れますが、離那覇中の場所はいつまで経っても海に出れない場所ばかり。出れても「海?」っていうか運河や港で、自然の海はなかなか望めません。まぁ那覇でも自然な海まで歩いて行くことはなかなかできませんが、隣の浦添市(カーミージー)や豊見城市(瀬長島)まで出れば望めますからね。


そろそろ山以外の自然に触れたくなってきています。
でも自然以外の「街」としては、正直那覇にはあまり戻りたくないですけどね。


利便性が良いのもさることながら、食材も豊富ですし、人も他人を気遣うので居心地が良いですし、特に車(ドライバー)は感動レベルで、信号の無い横断歩道を渡ろうとすると必ず車が停まってくれますからねw(沖縄だと停まらないどころかクラクション鳴らされる)。マスク着用率も沖縄の10倍以上で安心して街を歩けますしね・・・

そういう意味では沖縄って「住む(長期滞在)」より「旅する(たまに行く)」のがベターなのかな?って、離那覇中は考えさせられたりしています。

でも那覇在住だと朝起きて「今日は離島へ行こう」ってことができるのは最大のメリットなんですけどね〜。与論島をはじめとする奄美の離島も、朝6時までに決めれば行けちゃいますからね〜(那覇7時出航・6時半まで乗船必須)。

その自由さが那覇在住のメリット!

生活の自由か(沖縄以外)、余暇の自由か(沖縄在住)。今回の離那覇ではいろいろ考えさせられることが多い次第です。

GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜遠景GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜遠景


GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜拡大GoTo2022〜与論島の百合ヶ浜拡大




posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/28-13:33 | 逃避行

冬の沖縄は雨季!今日も宮古・八重山では完全な雨モード

「雨季」といえば、日本だと夏の「梅雨」をイメージしますが、沖縄だと雨季は確実に「冬」。実際に雨が降っている「時間」としては、沖縄では冬が最も長いと思います。なにせ沖縄の梅雨はスコールが多いだけで1日中雨ってことはまずありません。逆に冬の沖縄は1日中雨が降ったり止んだりする日が多く、まさに本土のシトシト梅雨の印象。

昨日から今日にかけての沖縄は、まさに冬の沖縄らしい雨季の様相です。

特に宮古・八重山が本格的な雨季の感覚で、昨日から周辺に雨雲群だらけ。活発な雨雲群は無いものの、小雨が降ったり止んだりを延々繰り返しているようです。でも雨の間の気温は高め。今朝も夜明け前の宮古・八重山は軒並み20度超。風もやや強めも暴風レベルではありませんので、意外と過ごしやすい空気感かもしれませんね。

反面、沖縄本島は雨は収まるものの、雨季の沖縄は雨の後に必ず暴風が吹き荒れることもあり、今朝の那覇は気温こそ20度近くあるものの、外の体感温度は「一桁台」と体感的にはかなり寒くなっています。

冬の沖縄は雨季で雨が多いことに加え、その雨が収まると暴風と、1年で最も旅行や観光するのに向かない時期(断言)。

ちなみに沖縄の冬の雨季は正確には「1月〜2月」ですが、11月ぐらいか雨季の気候になることもあります。とかく今年の気候は1ヶ月先に進んでいるので、この11月後半ので雨季開始はあながち間違っていませんね。

ホント、2021年はここまで全てにおいて「1ヶ月先の気候」になっている沖縄です(断言)。

#3月末にリアルな梅雨入り(平年は4月末〜5月上旬)
#5月初旬にリアルな梅雨明け(平年は6月上旬〜下旬)
#6月上旬に台風接近(平年は7月)
#9月に台風シーズン終了(平年は10月下旬)
#11月に雨季突入(平年は12月後半〜1月上旬)


でも1ヶ月先に進んでいても、冬の終わりが早くなる訳では無く、単に冬が長くなる、っていうか冬がさらに深くなる感じです。その「深くなる」というのは猛烈に寒くなるという意味。まぁ雨が降っているうちは寒さはそれほどでもないですが、雨季の最中に雨が降らずに晴れるときは、本土の冬のような寒さになることも多いここ近年の沖縄です。

その分(寒くなる分)、雨は少なく晴れることも多いですが、寒さに慣れない沖縄生活であの本土並みの寒さはキツいです。その影響で冬の沖縄の定番「桜(カンヒザクラ)」も花付き悪かったですからね。

やっぱり沖縄でも本土でも「平年並み」が一番です(結論)。

まぁ平年の冬の沖縄は常に曇っていて雨も多いものの、気温は常時20度前後と生活するには過ごしやすい時期。反面、観光するには雨が多いので最悪な時期ですが、2021年-2022年の沖縄の冬はどっちになるんでしょうね。。。

<午前6時台の雨雲レーダー(リンク先で最新情報)>
nowc_hrpns_20211127210000_20211127210000.png
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/28-06:10 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲