ページの先頭へ△

2021年11月10日

沖縄極寒。本土温暖。イコール同じ季節感?

今朝の沖縄の寒さ。強烈!

沖縄本島と宮古島海域で15度台まで気温下がる。特に宮古島の15度台は真冬よりも気温が低い。さらに今朝は本土でも最低気温15度前後と、南国沖縄のメリットが全く無くなっていますね。もちろん日中は沖縄の方が気温は高いでしょうが、朝晩のこの低い気温は断熱性能が劣悪な沖縄の建物だとモロに室内まで寒さが影響してしまいます。

我が家も室温が先日までは30度近くまであったものが、最近は25度前後も、今朝は20度前後と室温としては猛烈な寒さになっています(といっても私は離那覇ですが…)

まぁ一次的に気温が低くなるのはいいとしても、この時期の気温で本土よりも気温が低いのがなんか悔しいですねw

しかも昨日の本土は全国的に嵐。沖縄で嵐の後は風向きが変わって今朝の様に急激に寒くなるのですが、本土は逆に気温が上がっているような気さえします。ここでもちょと悔しいw(羨ましい)

でもその本土の嵐。北海道と日本海側でまだ続いているんですよね。特に北海道東部は猛烈な嵐で、災害レベルの豪雨になっているような雰囲気です。北海道と東北では11月の観測史上最多の24時間降水量を記録中。首都圏でも日光と辻堂で100mm超の雨でしたし、豪雨の影響を受けやすい静岡の天城山では200mm近い雨になったようです。

そういう意味で昨日の本土はまさに嵐だったみたいですね。でも沖縄だと嵐のあとは猛烈な冷たい北風が吹き荒れ、雨こそ無いものの暴風高波で違った嵐になるものの、本土の場合は台風一過のようになって晴れるだけではなく気温も上がることも多いですからね。

羨ましいw

でも今朝の沖縄は気温こそ下がったものの、気になる暴風は今のところなさげ。高波もギリギリ欠航しないレベルで、天気的にも今日の日中は晴れそうなので、夏日にこそならないものの、初夏の陽気ぐらいにはなりそうかな。と言っても今日は本土も初夏の陽気っぽいので、やっぱり南国沖縄のメリットは少ないっぽい・・・

逆に言うと今日は嵐が残っている北海道や日本海側以外は、全国的に穏やかな秋の陽気って感じなのかもしれません。今日なら本土〜沖縄を移動しても気温差無く過ごせるかと思います。なにせ本来ならこの時期の本土と沖縄は「気温差10度」、12月以降は「気温差20度」なんてザラですかね。往来の際は毎回服装に困りますが、今日はまさに着の身着のまま往来できそうですね。

今日は沖縄も本土も台風一過ならぬ嵐一過になることを願っています。

ちなみに今朝の段階では北日本と日本海側で嵐が残っていますが、沖縄海域にも尖閣諸島海域に弱いながらも雨雲群あり。といっても夜明け前の話で、夜明け後にもなればこの時期の弱い雨雲群は確実に消滅。なので今日の沖縄はこの雨雲群には気にせず過ごせるかと思います。私は離那覇中ですが、こちらでも状況次第では半袖で過ごせそうな雰囲気です。

とりあえず朝ランして確認してきますw

nowc_hrpns_20211109203000_20211109203000.png
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/10-05:37 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲