ページの先頭へ△

2020年11月21日

国道330号線はトックリキワタ街道(大平〜沢岻)

tokkurikiwata20201121.jpg

分かる人にしか分からない、いや、地元の人でも気づいていない人も多いかもしれない。

国道330号線「大平〜沢岻」はトックリキワタ街道!

わかりにくい理由は歩道を通る人が滅多に居ないから。

確かに車でもトックリキワタの花が咲いていることを確認できるでしょうが、いかんせんこの区間は「バイパス」。信号が一切無いので脇を見ている余裕は無いと思います。まして歩道の上がピンク色で埋め尽くされていることは、歩道にいないとわかりませんからね。

そもそも「沢岻」って読めます?

まぁそのままなんですが「たくし」と読みます(沢=たく+岻/氏=し)。国道330号線で西原ICから那覇方面へ行って最初の信号が「沢岻交差点」です(5km信号無し)。地元の人だと「業務スーパー交差点」ないし「ジスタス交差点」と言えばすぐ分かりますよねw

「大平」は那覇や浦添の人ならすぐわかると思いますが、立体交差がある「大平IC」のことで、やんばる急行バスなどの「大平バス停」もあるので、比較的認知されている名前だと思います。

そんな国道330号線の2つの交差点の間には、何故かトックリキワタの木が多い。特に上り側(那覇方面行き)には多く、今日はそれを狙って宜野湾方面から那覇へ移動する際に、あえて遠回りして通ってきました!


ルートを別ページで見る(googlemap)

R330大平バス停周辺



宜野湾方面から南下したので、まずは那覇から最も遠い「大平交差点」。実際は立体交差なので「大平IC」。そのやや那覇寄りにある「大平バス停」が最初のトックリキワタ。本数は少ないものの花が多いので見応えがありますし、何より歩道が広いのでのびのび見ることができます。バイク(自転車)移動だったので、基本は車道走行も、トックリキワタがある場所だとバイクを持ち上げて歩道で鑑賞。大平交差点は5〜7分咲きって感じでした。

R330小湾川架橋周辺




大平ICから那覇方面へ向かうと最初は下り坂で、下りきった先はまた上りとなります。その谷底あたりが特にR330でトックリキワタの木が多い場所。谷底は小湾側に架かる橋となっていて、さすがに橋の上にはトックリキワタの木はありませんが、その両端に花盛りのトックリキワタの木が望めます。歩道の上が一面のピンク色に染まる場所。まさに自力移動ならでは楽しめる光景です。

R330沢岻ジスタス周辺



そして那覇と浦添の市境付近にある「沢岻」交差点付近。那覇方面に向かって右に「業務スーパー」、左にスポーツジムの「ジスタス」がある交差点です。のジスタス側にトックリキワタの木が多い。本数が多いので花を望める期間も長いですし、古島駅からもそれほど遠くありませんし、何より業務スーパーでの買物ついでに見に行くことができる(笑)

R330全般的にはまだ5分〜7分咲き程度。開南交差点のような満開レベルのものは無かったです。

R330は朝ランでたまに通るけど、夜明け前がほとんどなので、通っても真っ暗なので花が咲いているか否かも確認できません。今回のように意図的に昼に来ない限り、開花状況をチェックできませんね。なにせ住所的にも「浦添市」で那覇ではありませんので、なかなか行く機会がありません(大平になるとなおさら行く機会無い)。

なのでR330のトックリキワタ昼レポートは今回きりかな?まぁ以前のような「夜桜」ならぬ「夜トックリ」ならレポートできそうですけどね〜。





posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/11/21-13:38 | 沖縄ライフ

北風なのにあわや熱帯夜って・・・

昨日の夜も超寝苦しかった沖縄。11月後半でここまで連日暑いのは、沖縄で暮らしてから初めてかも(もちろん本土でも経験ありませんが)。特に昨日の夜は、午後に那覇でもひと雨あった影響で蒸し蒸し。ここ最近の中でも那覇は最も暑く感じられ、リアルにエアコン使うか否か悩む暑さでした(結局、夏用サーキュレーターでしのいだ)。

でも昨日のひと雨以降は冬の北風に変わったので、暑さも和らぐと思ったんですけどね。

まぁ北風なので日中の気温は昨日までのような30度近いレベルにはならないと思います。この連休はほどよい気候になることを期待。といっても沖縄も酷いですが本土も悲惨レベルのコロナ感染拡大につき、外出はできる限り自重する予定。その代わりに2020年の離島情報の整理や、最新離島レポートを整理出来ればと思います(公開までは無理ですが…)。

でも今日は連休も初日なので、午前ならまだ本土からの観光客も来ていないタイミング。それを狙って買い出しも兼ねてちょっと外出予定。できれば今満開の「トックリキワタ」を見て回りたいですね。そもそもトックリキワタがある場所は、人が通らない場所ばかり。並木ですが観光客はまずいない場所ばかりですし、地元の人も基本は歩かない場所が多いので、他の人を気にせず見ることができそう。

無事に戻ってこれたらこのブログでレポートできればと思います。

でもやっぱりこの連休はコロナが気になるな〜。なにせ全国的に記録的な感染者数になっていますからね。沖縄もまだ8月の100人超の感染者(東京人口比1000人レベル)まで至っていませんが、問題は減ってもいないこと。ずっと東京人口比で200人とか300人レベル。それが逆に「慣れ」になってしまっているのが恐怖です。今年の沖縄コロナは完全に「連休後に急増」しているので、この連休以降の11月終盤の数値がリアルに気になります。

第二波の8月初旬、東京人口比1000人レベルの感染は「海の日連休」が発端。第一波の4月コロナも「春分の日連休」が発端。GWだけは第一波(緊急事態宣言)のおかげで乗り切りましたが、10月以降、今なお続いている第三波も「秋分の日連休」が発端。

どう考えても今週末の連休がさらなる感染拡大の発端になってしまいそうです。

「北海道があの状態なのでキャンセルして沖縄へ来る」という発想は、ぜっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっったいに止めて欲しいものです。この連休は越境せずに近場をお楽しみ下さい。個人的にも越境こそしないものの、離島行きを我慢中。

離島の写真整理して、離島気分を楽しむこととします(T_T)

<今年行った島の一つ(コロナピークの狭間)>
minamidaitopoolgate2020a.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/11/21-06:54 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲