ページの先頭へ△

2020年10月12日

昨日のいろいろな意味で長い半日備忘録w

ツイッターでは既に昨日のバタバタはお伝えしていますが、ブログでも備忘録的に昨日の出来事を綴っておきます。

昨日の日曜日。週一度の買い出し日。平日は一切の買い出しを止めていて、週末も土日の早い時間限定での買い出し、昨日はそんな感じで朝早くには出発。いろいろ買い回りもあるので、自転車移動。遠い場所だと片道15km(北谷)も、自転車なら1時間もかからないので、ある意味いい運動にもなりますからね。

出発直前。自転車整備。タイヤの空気圧も問題なし。

出発。朝早い時間だったので、サガリバナが開花していそうな場所へ寄り道。朝ラン中だと真っ暗なので撮影してもイマイチなものが多くなりますが、明るい時間だと良い感じに撮影できますね。



そして本格的に移動開始。那覇から浦添方面へ。基本上り坂も序盤なので体力もあって無難にクリア。そして宜野湾へ向けて下る途中。急にハンドリングがおかしくなる。まさかと思って自転車を降りてタイヤを確認。するとリアタイヤの空気が一気に抜けてぺちゃんこに。ちなみに修理グッズは自転車本体に収納するので、近場だと盗難の可能性があるからで持っていませんでした。

那覇から約6km。最初の目的地まで約4km。最終目的地まで約9km。

この時点で最終目的地行きは断念。ただ最初の目的地があと4km。那覇まで戻るより近いので、残り4kmは自転車を押してのんびり歩くことにしました。4kmの歩きだけなら無問題も、思いの外に自転車を押すのがキツく、さらに履いていたのがビーサン。長い距離の歩きには厳しい条件でした。でも最初の4kmは汗だくになるも無難にクリア。最終目的地で買い出しする予定のものも、そこで済ませてそのまま那覇に戻ることに。



残り10km。昼近くになって気温上昇。なんと午前で30度突破していたらしい。さらに無風。自転車移動なら風を切って涼を得られるものの、歩きだと熱気が肌にまとわりつく。できる限り日影を歩くものの、ランニング以上の汗。さらにビーサン歩きが厄介で、汗がたれてビーサン内で足が滑ること滑ること。正直、自転車を折り畳めばバスにも乗れるのでしたが、途中に寄りたい場所もあったので意地になって歩いていました。

その寄りたい場所に到着。約8km歩く。残り2km。少し気楽な気分になるも、お店へ行くと目当てのものが「故障中」。代替のものはさらに2km離れた場所にしかない。14kmにもう「+4km」になってしまいました。背に腹は代えられないので、+4kmにチャレンジ。しかしこのとき、とんでもないミスをおかしていました。

とりあえず2km進んで自宅に戻り荷物を置くと、あるものが無いことに気づく。

自転車に掛けていたデジカメが無ーーーい!

その2km手前の故障中のお店で、自転車を置いた際に落とした模様。でも落とした場所が確実なので、戻れば見つけられるもののさらに「+4km」必須。自転車で行きたくてもパンクで乗れず、修理をするにも30分超もかかる(そもそも修理するモチベーション無し)。結果さらに「+4km」。

最終結果は「14+4+4km=22km」を歩くことになってしまった次第です。

さすがに最後の8kmは自転車無しでしたが、ビーサンで22kmも歩いたのは生まれて初めて。ちなみに22kmとは与論島を丸々歩いて一周した距離と同じ。スニーカーならどうにかなる距離も、ビーサンで与論島一周はキツすぎですw

そして翌日(今日)。厚い皮膚のかかとにマメ。股関節の痛み。あと自転車を押していたからなのか上半身が筋肉痛。常に前傾姿勢だったので首が痛い。

ちなみにパンクの原因。タイヤに思いっきりガラス片が刺さっていて、タイヤチューブに穴どころか裂け目ができていました。そりゃ空気もあっという間に抜けます。しかも大きな穴なので、通常のパンクのパッチ修理では空気の漏れを防げず。タイヤチューブを丸々交換することになりました。さらに衝撃が発覚!ストックしていた3本のタイヤチューブ、なんと2本がサイズ違いで使えないことが判明。まぁサイズが合ったものが1本あったので交換できましたが、これでストックゼロ。沖縄では手に入らないものなので、通販か本土滞在時に調達せねば!?

ってことで昨日の日曜日は、まさに「踏んだり蹴ったり」の半日(これら全て午前の話)。

いろいろな意味で長かった次第です。。。
(午後はふてくされて寝ていましたwww)

・タイヤパンク
・ビーサンで22km歩き(うち自転車押し歩き14km)
・お店の機材故障
・デジカメ紛失
・タイヤチューブのサイズ違い発覚

bike20201012104804.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/10/12-15:16 | 沖縄ライフ

米軍情報では台風16号!?さらに気になる雲もいろいろ…

typhoon20201012-no141516.jpg

台風シーズン末期って感じですね。台風のタマゴだらけ。でも末期になると、日本にはあまり接近せずに、南の海上にあるものはそのまま西へ、北上しても先の台風14号のように東へ旋回する傾向。そういう意味では、今の日本海域は台風のタマゴだらけでも、それほど心配は要らないかもしれません。

といっても今年の台風の傾向は、例年と全く違った動きや発達をするので、特に日本に近い「台風14号」の雲は気になります。

また「台風15号」は既にベトナムに上陸も、さらにフィリピン西に「台風16号」が米軍情報で認定(米軍だと18号)。既に西に抜けているので、宮古・八重山で多少の不安定な天気になるものの、直接的な影響はなさそうです。波も徐々に落ち着いてきていますので、しばらくは安定した天気になるかな?(希望的観測)

なにせ今の沖縄。本土からの物流が完全に止まっていて、本来なら先週末に到着する品物も今朝になって沖縄まで届かず(ということは明後日以降の到着)。ポスト投函できないものなので、この物流の遅延は受け取る側としても困ったものです(何時来るか分からないので他の予定に影響あり)。

ただ台風16号の背後(東)にも既に米軍情報では台風のタマゴ扱いの「94W」がありますし、そのさらに背後(東)にも気になる雲がありますし、今月中は台風情報を休むことはできないかな〜?さらに本土近海にある台風14号の雲を取り込まんばかりの「ヤバイ雲」は、沖縄には影響はなさそうなものの、本土への影響は微妙なところ。

でも今の状況だと「今週」に限っては沖縄および本土、比較的安定した天気になりそう(来週はわかりませんが)。

沖縄も昨日なんかは高温多湿て夏の気候でしたし(那覇で30.7度)、本土も九州などでは昨日28度台まで上がったらしいですし、台風14号以降は夏の気候になっているところも多いみたいです。そうなるとやっぱりまだまだ台風シーズンってことになるので、特にマリアナ諸島近海の雲には要注意ですね〜(結局そうなる)。


※台風16号に認定されたら名前は「ナンカー」。マレーシアの言葉で「果物の名前」
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/10/12-08:09 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲