ページの先頭へ△

2020年10月09日

高知/和歌山/三重/愛知/静岡/神奈川/千葉は水害に要警戒!沖縄は物流停止…

typhoon20201009-no14.jpg

台風14号の米軍予想は今日もそんなに変化無し。それだけ初期から正確な予測ができている証拠ですが、それにしても本土の気象予報士や気象情報会社の予想は酷いものです。予想進路がブレブレですし、昨日は「上陸も!」なんて脅迫じみたコメントも出ていましたが、米軍予想では3日連続で本土上陸無しの予想。個人的に偏西風が吹くこの時期に、北上して上陸はないだろう?って思いますけどね。

そもそも上陸するか否かなんて台風情報としてはどーでもいい話。むしろ上陸せずに通過する方が大雨が長くなる傾向。既に四国では100mmを越える雨になっていて、今後も雨が続くことを考えると、やっぱり「水害」に細心の注意をはかる必要があると思います。上陸なんてどうでもいいから、予想進路なんて無視してまずは太平洋に面する地域の方は、問答無用で水害対策を十二分にして欲しいものです。

特に太平洋側の「高知/和歌山/三重/愛知/静岡/神奈川/千葉」

高知はピークは越えたかもしれませんが、今朝の段階では和歌山と三重が危険レベル。和歌山は南紀白浜など南部、三重は東から湿った空気が全域に入ってくるので、広範囲で警戒が必要かと思います。

そして台風の雨雲群は偏西風に乗って徐々に東へ。愛知は風上(東)に山があるのでまだマシだと思いますが、静岡と神奈川は風下の北や西に山があるので、湿った空気が入り込みやすく、山にぶつかってさらなる豪雨になる可能性あり。千葉は高い山が少ないものの、台風が近海を通ることでかなりの雨になる可能性があります。

沖縄なら今日の本土の状況だと、会社も学校も自動的に休みになるものの、本土にはそういうシステムが無いので、無理して出社出席するんだろうな・・・

まぁ今回は「雨台風」のようなので、風台風と違って停電も少ないでしょうし、交通機関も道路が冠水しない限りは、通常運行できるとは思いますが、問題はその水害レベル。今日・明日がピークだと思いますので、問答無用で水害対策を十二分にして欲しい次第です。


ちなみに沖縄。昨日はかなりの強風と不安定な天気でしたが、今朝は風も落ち着き天気も安定傾向。そもそも昨日も大した影響ありませんでしたし、台風14号による直接的な影響はほぼ皆無。ただし、本土に台風が接近したことにより、やっぱり物流が滞りつつあります。

既に大東島への船は、昨日(10/8)出航予定のものが欠航になり、10/12に延期。

鹿児島(本土)〜沖縄便も、マリックスラインは10/8鹿児島発・10/10那覇発のものの欠航が決定、マルエーフェリーは10/7鹿児島発・10/9那覇発のものの欠航が決定。つまり「10/7〜10/10、実際は10/12」までの本土から沖縄への物流が完全に止まることになることになります(船は2日かけて沖縄へ来るので+2日)。

今年は本土接近の台風が多く、直接的な影響はなくとも、物流停止という間接的な影響が多いな・・・

嗚呼、スーパーなどの棚が徐々に空になっていく・・・
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/10/09-07:58 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲