ページの先頭へ△

2020年10月08日

令和の大水害?台風14号、本土の太平洋側は万全の水害対策を!!

typhoon20201008-no14.jpg

台風情報過多。図がぐちゃぐちゃで申し訳ありません。しかも沖縄には大した影響がない台風だけに複雑です。

台風14号。本土ヤバすぎです。

台風14号はおそらく「雨台風」で、とにかく雨が猛烈になる恐れあり。特に「太平洋側で北に高い山を伴うエリア」は、今後半端ない豪雨がしかも長時間続く可能性あり。特に四国、中でも高知は地形的にも影響がかなり大きそう。あと紀伊半島南部や東海地方沿岸も「南に海・北に高い山」という、台風の影響を受けやすい地形が故に、豪雨ならびにその後の水害にも今年最大の警戒をしなければならないと思います。

既に本土は広範囲で雨になっていますが、これはまだまだ序の口。台風本体の雨雲群ではありません。根拠はありませんが、沖縄から見た感覚としては、近年最強レベルの雨台風のような気がします。

沖縄だと雨台風なら降った雨もすぐに海に流れるので影響は少ないものの、本土の場合は山と川があるので河川の増水・氾濫もさることながら、山間での土砂災害が起こりうるので、風台風よりも雨台風の方が被害が大きくなる傾向。

今週末のニュースでは「河川が氾濫して周辺地域が水没している光景」「橋が流されている光景」が出てきそうな気がしてなりません。河川の増水で済めば良いのですが、下手すると土石流的なレベルになる可能性も。

特に気になるのが「高知県」「三重県」「静岡県」。あと「神奈川県」も高い山がある西部がかなりヤバそうですし、あと今回台風が最も接近しそうな「千葉県」もヤバそうです。

でも台風はある程度予測できるもの。

河川の近くで水没の恐れがあるエリアでは、1階が水没しても良いように2階に家財を移しておき生活も2階をメインにするとか、土砂災害が起こりやすい場所にお住まいの方は安全な場所に避難しておくとか、過剰なほどに対策するのが台風時のセオリー。またGoToトラベル使い、この週末だけ安全な場所へ避難するのもありだと思いますよ。

しかし今の日本で台風14号の影響が少ないと言い切れるのは「沖縄県」と「北海道」ぐらい。あとはどこも少なからず影響がありそうです。強いて言えば九州西部と東北北部は多少は影響が少なそうですが、台風の少しの進路変更で状況は大きく変わります。

「令和の大水害」とならないことを切に願います…

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/10/08-08:47 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲