ページの先頭へ△

2020年10月05日

台風14号米軍情報認定。西日本直撃予想も本土全域で荒れる可能性あり

typhoon20201005-no14.jpg


ついに今朝、10月1日から警戒していた「90W」が、米軍情報で台風14号に認定されてしまいました。

台風14号「チャンホン」
ラオスの言葉で「木の名前」



沖縄がすっかり台風シーズン後の空気感だったので、てっきり北上してそのまま東へ抜けるかと思いましたが、まさかの北西方向へ。大東島に接近したあと、西日本へ向かって進むとのこと。もちろんまだ初期の予想なので、大きく進路が変わる可能性がありますが、少なくとも今の沖縄の空気感だと大東島を除く沖縄への接近はなさそうです。その大東島も台風中心の西側なので、波が高くなる程度で嵐にはならないと思います。

逆に本土は最悪の進路・・・

台風は中心の東側に猛烈な雨雲群を伴っていることが多いので、九州に接近するとすると、その東側の広域で嵐になる可能性あり。つまり本土全域が嵐になるかもしれません。しかもその接近タイミングが「旧体育の日」。本土では「晴れの特異日」も、沖縄では「台風の特異日」でしたが、今は本土でもここ数年は「台風の特異日」になっていますね。まぁ2020年の体育の日(スポーツの日)は7月になっちゃいますので、今年は祝日にはならないですけどね・・・

旧体育の日 10月10日
スポーツの日 10月の第2月曜日(2020年は本来なら10月12日)
2020年限定スポーツの日 7月24日


しかし例年通り、10月の第2月曜日が祝日になっていたら、本土はモロに3連休に台風直撃って感じでしたね。

さてさて、今週末の南西諸島、そして週末以降の本土はどうなっちゃうんでしょうね。平年、この10月初旬の台風は、台風シーズンで最も厄介なものが多い印象。「雨台風」とか「風台風」とかの区分がなく、どっちもありの「猛烈台風」になる傾向。

どうなっちゃうんでしょうね・・・(そして台風ブログはまだ終われない・・・)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/10/05-07:15 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲