ページの先頭へ△

2020年09月14日

鮮やかな朝焼け/夕焼けは天気悪化の前触れ?

sunrise20200914x1280960.jpg
今朝の朝焼け。写真は最もアップしていますが、抜粋した4枚のみをここではアップ。といってもデータは1枚にまとめてしますが、今朝の朝焼けは赤かった。



東の空に下弦の月が見えていて、それを見てたら徐々に雲が赤くなってきました。朝焼けって最初が真っ赤で、次にピンク、そしてオレンジって感じで変化するんですよね。まさにこの写真はその色の変化がよく分かると思います(ほぼ同じ方角)。

といってもその日の朝焼けが綺麗に焼けるか否かは運次第。

でも朝ランすると、その日の暑さや汗のかき方から、なんとなく朝焼けがどんな感じに色づくか分かるんですよね〜。今朝はかなり汗をかいたので、朝焼けも綺麗かな?って思い、スタンバっていて正解でした。でも明るくなる時間が徐々に遅ってきましたね。まぁ今週末が「秋分の日」なので当たり前の話ですが、いかんせん、暑さは未だに「真夏」の沖縄なので、空気感的には秋分って感じではありません。

っていうか今朝もそうでしたが、昨日から台風が近海あるときしか吹かない「西風」なんですよね。沖縄って基本は「夏は南風(南東の風)」「冬は北風(北東の風)」という感じで風向きがおおよそ決まっているのですが、西風は台風が近海にいるときの印象。気象庁が認める机上の台風こそありませんが、このブログで警戒している「プチ台風」的な雨雲群の影響なのかもしれませんね。

しかもプチ台風的な雨雲群は2個もあって、1個は既に奄美東へ抜けていますが、もう1個が徐々に沖縄本島海域へ接近中。久米島はその雨雲群の中に入りそうな雰囲気です。台風はなくてもここ最近の沖縄は台風になりきらない活発な雨雲群こと「プチ台風」がホントに多い。まぁ風がない台風のようなものなので、生活への影響はありませんし、クールダウンにもなるので恵みの雨にもなりますからね。


でも沖縄の南の海上は、台風シーズンらしくかなり派手なものになっています。既に気になる雲2個はレポート済みも、さらにもう1個追加。今のところどの雲も西に進んでいるので、沖縄への影響は今のところありませんが、先の台風11号(仮)のように本来ではあり得ない「真北へ移動」なんてこともあるので、今年はもう何が何だか分かりません。
本土の気象予報士や気象会社は「台風の心配無し」と言い張るも、沖縄に住んでいる身からすると「それは机上の台風の話」って感じです。沖縄近海にはプチ台風もいますし、超気になる雲が北上しないとも限りませんし。

取り越し苦労でも台風情報は早めにチェックすることに越したことはありません。それが最大の台風対策ですからね(本土で被害が大きいの情報の遅さによるものが多い)。



posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/14-08:42 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲