ページの先頭へ△

2020年09月03日

台風は間接的影響の方が怖い!沖縄は2週間物資が滞る可能性あり…



今朝はほぼ満月。早朝に黄色い月が南西の空に見えました。沖縄には台風一過の晴天はまずありませんので、昨日も1日曇ったり晴れたりの繰り返しでしたが、今朝は風も収まりいい感じの月が望めた次第です。ただ全般的に霞みかかっていて、晴れているものの、色が薄い青空になっています。とりあえず台風9号の影響はなくなり、そして次なる台風10号も今日・明日は沖縄への影響はなさそうなので、この2日間は貴重な晴れ間かもしれません。

ただ問題は海の状態。

今日(9/3)はまだ「3〜4mの波」とシケ模様。明日(9/4)こそ「2〜3mの波」になるものの、明後日(9/5)は沖縄でも東の海域では「5m超の大波」。それ以降はさらなる高波になること必至で、波が落ち着くいとまがありません。

結果、本土からの物資が、一部で完全に止まっています。さらに台風10号は本土方面へ行くとなると、沖縄の波が落ち着いても本土が落ち着くまで、本土からの沖縄への物資は止まったまま。本土への台風10号の最接近は9月7日とすると、次の沖縄への物資は9月14日以降?(波が落ち着くのに2日、本土から沖縄まで物資が届くのが足かけ4〜5日)

はぁ・・・

ただでさえ、現在も台風9号の影響で沖縄はかなりの物資不足なのに、この間髪おかずにシケ続きだとこの先どうなっちゃうのか不安になります。沖縄は果物や野菜など、青果類は完全に本土へ依存しているので、この台風の影響で野菜や果物が不足する可能性大。1週間なら我慢できるものの、台風が続くと半月も我慢することになってしまいます。

そーいえば、現在、メルカリで2品ほど購入したものがあるのですが、どうなっちゃうんだろう…(2つとも普通郵便なので追跡確認できない)

さらに台風10号の進路が、徐々に西寄り(沖縄寄り)になっているのも気になります。当初は大東島に少し影響がある程度でしたが、今朝の段階では大東島直撃コース。まぁ大東島自体は台風に強い島なので、大きな被害にはならないと思いますが、台風10号が大東島まで接近すると沖縄本島への影響も大きくなります。さらに沖縄海域を通過後、奄美群島北部に最接近しそうな雰囲気。

喜界島直撃か、奄美大島直撃か?

また本土も台風10号の常に東側になることから湿った空気が入り込み、進路から離れていても太平洋側では大荒れになる可能性もあります。現に、今日も台風9号の影響で本土の太平洋側では大荒れになっているみたいですしね。


さらに沖縄の西の近海には、台風9号の落とし物の猛烈な雨雲群があって気になるところ。台風9号の動きには連動していないので、もしかするとプチ台風状態になっているかもしれません。東へ進めば沖縄本島が豪雨になるし、南下すれば宮古・八重山が豪雨。

今の沖縄。東からは台風10号、西からはプチ台風。

平穏は何時になったら訪れるのやら・・・。そして物資不足は何時まで続くのやら・・・。また物資不足は医療にも影響しますので、相も変わらず全国ワーストの新型コロナ感染率の沖縄だけに、さらなる心配も。

はぁ・・・

typhoon20200903-no0910.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/03-08:26 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲