ページの先頭へ△

2020年08月04日

今の沖縄はダイヤモンドプリンセス状態。船長はセウォル号船長レベル

okinawadiamondprincess2020.jpg


今朝、何気なくつぶやきましたが、よくよく考えるとリアルにこの通りだな〜って思います。

#新型コロナウイルス蔓延
#大型客船のような閉ざされた沖縄本島
#沖縄から避難したくても拒絶されそう

まさに今の沖縄県民は、あのときのダイヤモンドプリンセス乗客と同じ状態なのかと思います。今さらですが、あのときの乗客たちの気持ちが痛いほど分かる今の沖縄です。あまりストレスを溜めない方なんですが、今回はか・な・り・・・ヤバいです。

さらにコロナ対策の陣頭指揮を執るべき船長(=沖縄県知事)が、沈没しかけた船から乗客よりも真っ先に避難した「セウォル号船長イジュンソク」レベル。下手するとダイヤモンドプリンセスよりも、今の沖縄は悲惨な状況かもしれません。このままだと沖縄はダイヤモンドプリンセスのように接岸(渡航)拒否されるどころか、セウォル号のように沈没しちゃいます。

しかもこの状況下にも関わらず、沖縄県民の意識の低さには呆れるばかり。確かに連休前のように「7割マスク非着用」からはここ数日改善されたものの、今日目視確認した限りでも「5割マスク非着用」状態。今の那覇市街は、ダイヤモンドプリンセスの船内でマスクせずに自由に客室やレストランを往来しているのと同じ状況。この人たちの頭の中が心底理解できません(自分さえ良ければいいという沖縄の県民性)。
okinawacoronanonemask202008.jpg

さらに乗客の命をおざなりにして真っ先に逃げた船長こと沖縄県知事のこの事実!石垣市長、情報提供ありがとうございます。

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/08/04-13:07 | 沖縄ライフ

台風4号は大きな影響なく通過!

moon202008040645.jpg

「なんちゃらムーン」はどーでも良いですが、昨日は台風4号の影響でおぼろ月も、今朝はその影響もなくなって綺麗な満月を望めました。さらにカメラも望遠可能なもので撮影。なかなか良い感じに撮れたと思います(三脚無しなので手ぶれが少しありますが…)。

といっても沖縄には明確な台風一過はありませんので、今朝は通常の夏の朝に戻っただけですけどね。台風前までは東風で心地の良い空気感でしたが、今朝は蒸し蒸し。さらに風自体も無くなってしまったので、猛烈な暑さに戻ってしまった感じです。

ちなみにその台風4号。今回は「中の下」レベルの台風で、直撃した八重山でもさほど大きな影響は無かったと思います。最も気になる風も、台風が直撃した西表島でも最大瞬間風速「37.9m/s」だったので、まさに「中の下」レベル。雨も24時間で200mmちょっとだったので、雨台風というわけでもなかったみたいです。停電も最大で1000世帯ちょっとでしたしすぐに復旧。そういう意味でも今回の台風4号は「中の下」レベルと感じた次第です。

エグいレベルの時は、最大瞬間風速50m/s超・降水量400mm超・停電何万世帯超って感じですからね…

#台風4号詳細情報<最大瞬間風速>

#西表島大原 37.9m/s
#石垣島市街 36.4m/s
#波照間島 34.4m/s
#石垣島北部 31.3m/s
#新石垣空港 30.9m/s
#西表島祖内 28.8m/s


#

台風4号詳細情報<8/3の24時間降水量>

#西表島大原 239.5mm
#西表島祖内 215.0mm
#新石垣空港 204.0mm
#石垣島北部 189.0mm
#波照間島 186.0mm
#石垣島市街 149.5mm


その後の台風4号は中国に少し上陸もすぐに海に戻って日本海側を進みそうです。本土が梅雨明けしていない状態なら、北上に伴い台風も消滅も、梅雨明け後となると逆に勢力アップして進んでくるかもしれませんね。日本でも日本海側で大気の状態が不安定になりそうですが、逆に太平洋側には湿った空気が入って猛烈な暑さになるかもしれません。週後半は要注意です。

沖縄は天気的にはもう問題ありませんが、海はしばらくシケ状態。船舶の運航には問題無いレベルですが、泳ぐ際は見た目は穏やかでも海の中の流れは速い状態なので、今日は海に入らない方がいいかと思います。そもそも今の沖縄に泳ぎに来ている人は少ないと思いますが・・・(新型コロナ感染率全国ワーストの沖縄)。

ちなみに今後の沖縄海域。台風4号の影響はないものの、気になる雲はいろいろあります。中でもベトナムに上陸して消滅した台風3号の落とし物がフィリピン西で徐々に発達中。さらに台風4号の空気の流れに乗って、心なしか台湾方面へ北上しているような気も・・・米軍情報にもない雲ですが、台湾に近い八重山としてはちょっと気になる存在。まぁ本土が梅雨明けすると沖縄の台風シーズンも本格的になりますので、台風ブログはしばらく続ける必要はありそうですね。

とにもかくにも台風4号は西表島に直撃こそしたものの、大きな影響無く過ぎ去った次第です。逆にほどよくクールダウンしてくれたので、海水温の上昇も少しは抑えてくれたんじゃないかな?沖縄にとって台風は無くてはならない存在ですからね。




タグ:満月 台風4号
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/08/04-06:16 | 沖縄台風/災害情報

2020年08月03日

台風4号は西表島に上陸も影響は限定的かも?



台風4号は当初の予想より東寄りに進んだ分、旋回をともなったことでスピードダウン。夜のうちに八重山を通過と予想するも、台風の最接近は今朝の6時前後だったみたいです。最接近ポイントは「西表島」で、ほぼ上陸したんじゃないかな?まぁこの「上陸」という観念は無意味なのでこれ以上は書きませんが、今朝の午前5時とか6時の時点で西表島は「台風の目」的な雨雲群の間隙に入ったみたいです。

この「台風の目」的な部分が接近するタイミングが最も風が強く、朝の段階で西表島東部の最大瞬間風速は「37.9m/s」。まぁこの程度の数値なら大きな影響は無いと思います。

朝の段階での沖縄各地の最大瞬間風速

#西表島東部 37.9m/s
#石垣島 36.4m/s
#波照間島 34.4m/s
#下地島 28.8m/s
#多良間島 26.2m/s


それでも停電はやっぱり起きてしまいますけどね。

といっても八重山の島々で最大でも「1100世帯」。その半分超が西表島東部なので、今回の台風は予想通り大したこと無さそうです。ただ台風通過後にともなう「台風のしっぽ」による猛烈な豪雨が、今日の午前いっぱいは八重山で懸念されます。午前9時の段階で、八重山の与那国島以外の島々は猛烈な豪雨のようです。

でもこの豪雨も大地や海をクールダウンしてくれるので、まさに恵みの雨。そもそも離島の場合は、雨水はすぐに海に流れるので、豪雨でもそれほどの影響は無いと思います。冠水しても毎回する場所のみだと思いますので慣れっこだと思いますしね。

台風4号は机上では「西表島直撃」となりましたが、でも今回の台風は雨雲群もそれほど密じゃありませんし、風も大したことなかったので、沖縄(宮古・八重山)にとっては都合のいい「恵みの台風」で終わりそうです。

反面、沖縄本島にはその恵みが届かなかったので、今後も猛烈な暑さが続きそうです。でも台風の直接的な影響は無くても、波は沖縄本島まで届いていますので、海の浄化としては多少なりに恵みがあったとは思います。まぁ沖縄本島は台風どころの騒ぎじゃありませんが・・・(全国ワーストの新型コロナ感染率)

typhoon20200803-no04.jpg

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/08/03-09:09 | 沖縄台風/災害情報

2020年08月02日

「Stopトラベル2020&Gotoトラベル2021」これが最善!

Stopトラベル2020Goto2021
stop2020goto2021.jpg


Gotoトラベル2021Stop2020
Gotoトラベル2021Stop2020



2020年は全ての旅行を止めましょう!

個人的にも5月の航空券は全て運休になり、10月に変更したものの、正直今の状況では2021年への再延期できなければ、キャンセルしようかと思っています。今の日本では2020年は全ての旅行を止めて、コロナ感染抑制に集中した方がいいと思います。オリンピックを本気で開催したいなら、今すぐ「GoToトラベル2020」は中止し、「GoToトラベル2021」に全てを注ぎましょう!

2020年の旅行は越境しない同一都道府県内限定!

まぁ沖縄の場合は同じ県内でも離島へ行くと半ば「越境」になるので、ちょっと調整が必要ですけどね。島の人にとっても、他都道府県から来る人でも、沖縄本島から来る人でも、同じで心配でしょうからね。

無駄な「GoTo事業」予算1.35兆円は全て旅行業界や観光業界に「直接給付」する形で、人は一切動かさないこと(旅行自体をさせないこと)。

これが最善ではないでしょうか?

何故にこんな簡単なことを、今の政府はできないんでしょうね。「二階・菅」の顔色だけをうかがうのではなく、「日本国民」の顔色を少しは見て欲しいものです。

Stopトラベル2020

Gotoトラベル2021

実行しましょう!


Stopトラベル2020Goto2021Stopトラベル2020Goto2021


Gotoトラベル2021Stop2020Gotoトラベル2021Stop2020



posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/08/02-08:54 | 沖縄旅行/離島旅行

台風4号?台風3号??どっちでもいいけどハグピート君は「恵みの台風」

typhoon20200802-no04.jpg

台風の番号なんてどうでも良いのですが、基本的に日本海域のでの番号は「気象庁」の判断で付与されるタイミングが決まっているみたいで、気象庁の判断が遅いと番号が米軍情報と食い違うこともあります。今回の台風3号と台風4号はまさに典型的な例。

米軍情報では台風3号は沖縄近海のもので「ハグピート」。
台風4号はベトナム近海のもので「シンラコウ」になっています。

これが正しい判断なんですが、気象庁の判断が遅すぎて、まさかの台風3号と台風4号の認定が逆転。

結果、台風4号は沖縄近海のもので「ハグピート」。
台風3号はベトナム近海のもので「シンラコウ」になってしまいました。

ホント、毎度のことですが気象庁の台風情報の遅さには呆れるばかりです。まぁ沖縄の人の多くは、気象庁の情報は当てにせず、米軍情報をメインにチェックしていると思いますけどね(JTWC/合同台風警報センターでも台風3号がハグピートで台風4号はシンラコウ)。

台風3号「シンラコウ」(ベトナム近海・米軍情報では台風4号)
・・・ミクロネシアの言葉で伝説上の女神

台風4号「ハグピート」(沖縄近海・米軍情報では台風3号)
・・・フィリピンの言葉でむち打つこと



その台風3号?台風4号?っていうかハグピート君w

当初の「米軍予想」通りに八重山近海を通過しそうです。でも今回は完全に「通過型」なので、影響は半日程度で済みそうです。旋回型や停滞型だと影響が長引きますが、通過型はあっという間に過ぎ去りますので、今回は停電もそんなに起こらないかもしれませんね(それでも停電する可能性ありw)。

既に雨雲レーダーでは台風の雨雲群が宮古・八重山にかかっている様子も分かるほどですが、発達しきる前に沖縄海域を通過しそうなので、台風慣れしている沖縄県民なら今回はそれほど焦る必要は無さそうですね。そもそも怪我するのは、無謀な観光客ぐらいですからねw

まぁ雨も風も大したレベルでは無いと思いますが、海は大シケになるので、離島への船は欠航便も出そうですね。もちろん進路次第では飛行機も欠航や遅延もありそうですが、先の話のように半日の我慢なので、もしかするとピークが夜ならほぼ影響無しで通過する可能性もあります。

ちなみに沖縄本島は台風までのこの距離と勢力なら、雲を持って行ってくれるだけで、逆に晴れる可能性が高いです。ただ海はシケますので、船の運航もさることながら海遊びも避けた方がいいですね。まぁここでも台風時に海に入るのは観光客ぐらいですが・・・


でも今回の宮古・八重山への台風「ハグピート君」は、7月の平均気温が観測史上過去最高だった島も多かっただけに、海水温も異常上昇していて確実にクールダウンになります。まさにハグピート君は「恵みの台風」になりそうですね。

今回のように大した勢力ではない通過型の台風は、沖縄では歓迎する台風です。ギャーギャー騒ぐのは、台風の実体験が無い本土の気象予報士ぐらいですwww

#7月の沖縄の平均気温
#波照間島 30.4度(観測史上最高)
#与那国島 30.3度(観測史上最高)
#石垣島 30.3度(観測史上第4位)
#多良間島 30.1度(観測史上第4位)





posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/08/02-08:34 | 沖縄台風/災害情報

2020年08月01日

間もなく台風3号?気になる雲2つが米軍情報でレッドゾーンへ

typhoon20200801-puti.jpg

気象庁でも気になる雲2つのうち西に抜けた1個「91W」は警戒情報として取り上げていますが、正直そっちはもう沖縄から離れる方向へ移動しているので気になりません。問題は気象庁がノーチェックのもう1個の気になる雲「92W」。速報的に昨日もレポートしましたが、今朝になってついに米軍情報でも台風直前のレッドゾーンに認定。

「92W」が間もなく台風3号?

雲の大きさこそ既に西に抜けた「91W」に比べると小さいものの、渦の巻き方がはっきりしていますし、何より既に沖縄近海まで来ていることもあって、かなり気になります。しかも現在の夏の高気圧の範囲を見ると、台風3号になった場合は八重山方面に来そうな雰囲気です。ただでさえ今の八重山(石垣島)は、福井県からの観光客を起点とするコロナ集団感染で混迷しているのに、ここに実質今シーズン1個目の台風接近ともなると、さらなる混迷になってしまうかもしれません。台風で閉め切らなければならないのに、3密回避って無理ですからね(台風で一切の外出ができなくなれば逆に良いのかも)。

ただ米軍情報では「92W」はやや北上傾向。八重山ではなく本島や大東エリアに来る可能性も無いとはいえませんね。全ては夏の高気圧の範囲次第ですが、この夏の太平洋高気圧は形も位置も不安定なので予測しにくい。でもどっちにつけ、台風3号になった場合は、沖縄のどこかしらには接近すると思いますので、コロナも心配ですが、来週以降は台風への警戒も必要な沖縄です。

ちなみに気象庁が情報開示している「91W」は、既に外側の雲も沖縄海域から抜けているので、宮古・八重山で頻発したスコールも落ち着くと思います。本体もそのうち大陸に上陸してすぐに消滅ってパターンでしょうね。なので台風に認定されても「91W」は特に情報を追いかけることはないと思いますのであしからず。


とにもかくにも「92W」の位置が最悪なので、適宜チェックしていきたいと思います。もしかすると1日1回にしている台風情報も、今日は2回目もあるかも?

ちなみに沖縄コロナの詳細情報は迅速性が重要なので、ブログでは無くFacebookページツイッターで、適宜情報アップしたいと思います。

はたして台風3号(もしかすると台風4号?)は発生するか否か!?

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/08/01-08:26 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲