ページの先頭へ△

2020年06月18日

第50回那覇大綱挽中止!那覇まつりも中止確定?どうなる秋のイベント??

CAB77747E8F048C6A6053575AE1AF2A4_M.jpg

第50回那覇大綱挽 中止決定

http://www.naha-otsunahiki.org/

理由はもちろんコロナウイルス感染拡大リスクによるもの。なにせ国道58号線久茂地交差点(8車線)が全て人で埋め尽くされるイベントなので「密」のレベルを超えた「超密」イベント。っていうか沖縄で最も密になるイベントが、この那覇大綱挽です。

・・・でも那覇市民はほとんどその中に居ませんがw(99%観光客)

むしろ那覇市民は奥武山公園で開催される「那覇まつり」本体にしか行きませんからね。しかし大綱挽が中止になれば、必然的に那覇まつり本体の中止も確定。こちらも密になるイベントもあって、大綱挽が中止になれば那覇まつり本体中止も確定でしょうね。

でも那覇まつり自体も、那覇ハーリーと並んで「マンネリでボッタクリ」感が強く、最近は全く行かなくなりました。そもそも那覇まつりは毎年体育の日連休に開催されていて、その時期の沖縄は「台風シーズンのピーク」。過去に何度も台風で中止になっているので、今年の那覇まつりも大綱挽も中止になったところで、台風到来だと思えば驚きはありません。

むしろ気になるのはそれ以降の秋のイベント!

#沖縄の産業まつり(10月末)
#離島フェア(11月)
#NAHAマラソン(12月初旬)

10月初旬の那覇まつりが中止になれば、この3つの開催も厳しいでしょうね。

NAHAマラソン(12月初旬)


NAHAマラソンについては那覇まつり同様の「超密」になるのはもとより、走って移動することで感染拡大を助長するだけに最も中止の可能性高し。そもそも本土の大規模マラソン大会は軒並み中止なので、NAHAマラソンだけが開催というのはあり得ない話になりますね。

離島フェア(11月)


離島フェアについては集客規模はそれほどではないものの、基本「室内開催」なので密になること必至。人口密度も高いイベントだけに、個人的には1年で最も楽しみにしているイベントですが、既に諦めています。

沖縄の産業まつり(10月末)


そして最後の産業まつりは、基本屋外開催せ、しかも集客規模がそれほど多くないので、密になることはほとんどありませんが、企業主体の開催だけに無理に行うとパッシングを浴びることもあって中止になるでしょうね・・・

結果・・・

沖縄の秋のイベントは全滅の可能性大

既に2月の「花と食のフェスティバル」もコロナ感染拡大前でしたが中止でしたし、那覇ハーリーも、糸満ハーレーも中止ですし、全島エイサーも中止で同時開催のビアフェストも中止必至。

2020年沖縄大規模イベントは全て中止?

コロナ前はオリンピックイヤーで盛り上がるはずだった日本全土が、沖縄も含めてまさかこんなことになるとはね。今年1年は何を楽しみに過ごしたら良いのやら・・・(離島にも行けないし本土にも行けないし)


posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/06/18-10:34 | 沖縄イベント情報

石垣島の最低気温は30度?6月中旬でこれだとこの夏は史上最高の猛暑?

今朝も猛烈に暑いの沖縄・那覇。さらに今朝は最低気温が「27.9度」とこの夏一番の暑さ。ただ今朝は南風が強く、風が抜ける場所ではそこそこ暑さも和らぐものの、その風も半ば熱風。向かい風なら良いけど、追い風だと生暖かい空気が肌にまとわりついて、暑さもさらに強烈。

今日はかなり暑いと思って、朝ランもショートコースにしようと思いましたが、綺麗な朝焼けとサガリバナの甘い香りに誘われて、ついついいつもよりも長い距離になってしまいました。しかも朝焼けとサガリバナの撮影で、何度も何度も足を止めてしまったので、足を止める度に全身の毛穴が開く感じで汗も凄かった。でも朝焼けもサガリバナも楽しめて、辛さはそんなに無かったですけどね。さらに三日月も綺麗で、今日の朝ランは景色的には充実。それらの写真は記事の最後まとめておきます。



ちなみに那覇の最低気温はギリギリ28度未満の「27.9度」でしたが、石垣島の最低気温は切り上げると30度の「29.1度」。基本、気温は小数点を切り上げて報道されるので、今朝の石垣島の最低気温は「30度」ということになりますね。

そしてここ数日豪雨で気温が下がっていた奄美大島も、今朝の最低気温は那覇と同じ「27.9度」。しかし平均的には那覇より高い気温で、またしても沖縄以上の暑さになりそうな感じです。雨雲群はかなり北上したので、そろそろ奄美地方(奄美群島〜トカラ列島)の梅雨明け発表もありそう(奄美地方の梅雨明け平均は6月29日)。

そして奄美まで梅雨明けすると沖縄の気候は安定期に入ってしまい、台風以外のでの雨が期待できなくなります。梅雨入り発表前の豪雨で水不足の心配はないものの、雨が降らなくなると気温が下がることもなくなるので、暑さは日増しにキツくなる。6月中旬で十二分に厳しい暑さなので、この夏の暑さはどこまで行くのか不安に・・・

頼みの台風も今のところ無さそうだし、今年の沖縄の暑さはどこまで上り詰めていくことやら・・・

ほどほどの台風到来を望むw

(沖縄での台風は恵みの方が多い)

朝焼けと三日月写真集

moon20200618w051951.jpg



甘い香りのサガリバナ





posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/06/18-08:24 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲