ページの先頭へ△

2020年06月09日

石垣島の豪雨は凄かったが別の意味で西表島のもっと豪雨は凄い!

今日は朝ラン時間の雨はなかったので、朝ランできたけど休養日。サガリバナは見に行けませんでした。でも昨日は那覇でも豪雨モードに何度かなったので、今朝は花付きは悪かったかもしれませんね。サガリバナは前日の日中に日差しをいっぱい浴びると開花するので、昨日のような豪雨のあとだと花は少なめ。那覇市街は開花時期が長いので、また次の朝ランのお楽しみにとっておきます。

それにしても昨日の八重山の豪雨は凄かったですね!

石垣島では1時間に122mmという猛烈な豪雨で、6月としては観測史上最多の雨でしたが、気象予報士が騒いでいた「50年に一度」は大嘘です。っていうか記憶力ないの?って感じ。なにせそれ以上の雨が先月(5月12日)に降っていたのに「50年に一度」って間抜けですよね〜w

でも今朝までの24時間降水量は観測史上最高の「416mm」まで降っていて(過去最高は411mmも昨日の時点では記録更新していない)、まだ今朝も雨雲群の一部が残っているので、昨日の雨との差次第では記録がさらに伸びるかも?

400mm超の雨って排水設備がない場所だと、何も無かったところが膝まで水位が上がるってことですからね。離島なので雨が降ってもすぐに海に流れることが多いですが、石垣島や西表島には「川」も「山」もあるので、他の離島よりも海に流れにくい部分もあって心配です。でも西表島では仲間川がある東部では24時間で200mmもの豪雨でしたが、浦内川がある西部ではたったの7mmと、同じ島でも場所によって雨の降り方が極端だったみたいです。石垣島より西表島のこの極端な雨の方が驚きだったかも?

ちなみに昨日の那覇は「1日中雨予報」だったものの、雨が降ったのは夕方以降。日中はほぼ雨無しでした。でも夕方以降の雨は猛烈で、今朝までの半日で那覇市街でも「90mm」、渡嘉敷島や久米島では「100mm超」の激しい雨になっていたみたいです。

今朝午前6時までの24時間降水量

#石垣島 416mm(1年を通して観測史上最多)
#西表島 201mm(東部・大原の記録で祖内など西部はたったの7.5mm)
#多良間島 153mm
#渡嘉敷島 114mm(6時は雨継続中)
#久米島 106mm(6時は雨継続中)
#宮古島 103mm(6時はまだ豪雨継続中)
#那覇 92mm(6時は雨継続中)



ちなみにこの豪雨は、昨日もFacebookページツイッターで適宜レポートしましたが「プチ台風直撃」によるもの。明らかな渦を巻いた雨雲群で、その中心がまさに八重山直撃。梅雨前線なんて甘いレベルではなく、まさに台風の一歩手前の雨雲群の直撃によるものでした。しかもプチ台風は風こそ台風ほどないものの、移動速度が遅くて豪雨が長引く傾向。その結果が昨日の八重山の豪雨ってことかと思います。

そして今朝はプチ台風の中心は本島北西まで北上済みで、宮古・八重山はその南端の雨雲が少しかかる程度。ただその雨雲群のしっぽがモロに宮古・八重山にかかっていて、今朝も激しい雨のところもあったみたいです。沖縄本島もプチ台風中心の最接近は終わったものの、中心南東側の活発な雨雲群が本島にかかり、一番近い久米島では激しい雨のタイミングもありそうです。

でも今回の雨は沖縄にとっていろいろな意味で「恵みの雨」。なにせ梅雨入り発表後、雨が全く降らなくなったので(笑)、完全に水不足傾向でしたが今回の雨で一気に解消。さらに先週までも猛烈な暑さから解放されて快適に過ごせています。そういう意味では今回の雨は、正直なところイヤな印象はありません。むしろ助かった印象。なにせ先週までの暑さは洒落にならないレベルでしたからね〜。

これで気象庁もよーーーーーーーーやく机上の梅雨明け発表してくれそうですね。

まぁ今回も雨も梅雨の雨ではなく、梅雨明け後の真夏の雨でしたので、実質的な梅雨明けはとっくにしている沖縄ですが・・・
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/06/09-06:47 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲