ページの先頭へ△

2020年06月04日

花盛りの那覇市街!梅雨明け後の花も梅雨の花も楽しめる

昨日は週1回の外回りの日。外出自粛継続中なので、外出用事は平日は1日のみに集約しています。なので1週間ぶりに長時間外を歩きましたが、先週以上の梅雨明け状態でしたね。日差しは刺さるし、風は熱風だし、どこへ行っても息苦しさを感じる状態でした。なんで暑い日って空気が薄く感じるんでしょうね〜。

でも外出時は、日除けも兼ねて必ず木々が豊かな場所を通るようにしていて、昨日も各地でこの時期らしい花々を楽しんできました。天気も安定しているので、空の色も綺麗で、花々とのコントラストも良い感じ。

サガリバナ



日中のサガリバナなので花自体はかなりしおれていましたが、それでもいつもは真っ暗な中見る花も、日中見るのも良いものです。明日(今日)開花しそうなつぼみもあって、完全にサガリバナの開花シーズンになりましたね〜。でも那覇市街の街路樹にサガリバナはホントに多く、樹齢も様々なのでサガリバナの花は9月いっぱいぐらいまで、どこかしらで望めます!

ホウオウボク




こちらも沖縄の街路樹に多く、梅雨後半から梅雨明け以降も開花する、鮮やかなオレンジ色の花が特徴のホウオウボク。ここ最近は咲き乱れている木が増えましたね。ただホウオウボクは高木で、花もかなり高い位置で咲くので毎回撮影が大変。今回も比較的背が低い木を選んだものの、これが限界でした。今の那覇市街はホウオウボクが見頃ですね。

ゲットウ



梅雨時期の花なので、現在の那覇ではもう終わりつつあります。咲いている場所も先月よりかなり減りました。でもゲットウは、民家の軒先やビルの植栽などに多く、数が多いから探せばまだ花は望めます。今回も信号待ちで避難した日影で見つけたもの。でも時期が終わっているからなのか、あの独特の香りはしませんでした。

テッポウユリ



GW時期が見頃のテッポウユリなので、自生するものはほとんど見れなくなりましたが、民家の軒先に植えられたものはまだ望める場所もあります。さらに今回は鮮やかな紫の花とのコラボで、その白色と紫色とのコントラストがおもしろかった。紫色の花はなんて品種かわかりませんが、茎(蔦)まで紫色でした。

パームツリー



これは花ではありませんが、昨日の天気があまりに良すぎて、その空を撮影する際にパームツリーをフレームイン。真夏っぽい光景です。まぁ沖縄には至る所にパームツリーはありますが、今回のものは背の高い系。大東島のビロウっぽい感じでした。なによりその背景の空の色の濃さ。完璧に梅雨明け後の真夏の色ですね。


しかし昨日、っていうかここ最近ずっと良い天気ばかりで、本気で肌に日差しが刺さる状態。外出が長時間じゃなかったので長袖は着ませんでしたが、途中で何度も「日傘欲しい」と思える状態でした。基本、遠回りしても日影を通るようにしていますが、全く日影がない場所もあるので、今シーズンは日傘使おうか検討中。まずは購入しないといけませんが、雨傘との違いすら理解していないので、何を買って良いのやら・・・

折りたたみの日傘が欲しいな〜。でも差すの恥ずかしいな〜w

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/06/04-10:12 | 沖縄ライフ

ついにあの場所でもサガリバナ開花!梅雨明け200%ww

sagaribana20200604051309.jpg



比較的開花が遅い、那覇のサガリバナの名所でも、ついにサガリバナ開花!120%梅雨明け状態の沖縄那覇です。

さらに今朝は、夜明け前後で27度台と、今年一番の暑さ。さらに梅雨明け後に吹く強い南風が今日もあって、向かい風ならまだ涼を得られるものの、追い風になると背中にドライヤーの空気を当てられるようで超暑かった。あまりの暑さに朝ランも今シーズン最短距離にしたものの、それでも走り終わったときにはウェアが絞れる状態。

でも走っている間は体温が安定するので意外と「暑い!」って感じじゃないんですよね。問題は信号などで立ち止まった瞬間。まさに「全身から汗が噴き出す」状態になります。もちろんこのサガリバナの撮影も立ち止まる必要があるので、撮影中は汗がポタポタ落ちている状態。最も気温が低い早朝でこの状態ですからね〜。

200%梅雨明けしている沖縄ですww

那覇でこそ瞬間的に26度台(26.8度)になったものの、宮古島の最低気温は27.2度、そして石垣島では28.0度と、もはやこの数値だけだと誰が見ても「梅雨明け後」ですよね〜。そもそも雨自体も5月23日が最後で、その後はスコールがあった程度で雨らしい雨の日は皆無。そもそも公な梅雨入り発表してから雨が降ったのは、その5月23日の1週間のみ。それ以外はほぼ毎日晴れています(25日間で雨は6日、晴れは18日、曇りは1日だけ)。

ちなみに公な梅雨入り発表前は半分は雨か曇りで、発表前の方が完全に梅雨状態。毎年のことですが「公な梅雨入り発表以降は晴れる日が多い」という法則は今年も見事に当たっています。そういう意味で、解釈を変えると予報は当たっているのかもしれませんねwww

5月31日にリアルな梅雨明け状態になるものの、未だに沖縄地方の梅雨明け発表なし。夏至南風が安定して吹いても、サガリバナが開花しても、連日晴れて真夏日になっても、かたくなに沖縄の梅雨明け状態を認めない気象庁と沖縄気象台。その理由は今発表すると「過去最速」になるから。それだけが理由でしょうね・・・役人って奴は・・・

過去最速の沖縄の梅雨明けは「2015年の6月8日」

温暖化の現在、過去に例を見ない気象になっているのですから、別に梅雨が過去最速になってもいいと思うんですけどね。ちなみにリアルな沖縄地方の梅雨入りは「3月28日」(公は5月11日)でーす!
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/06/04-08:42 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲