ページの先頭へ△

2020年03月24日

連休明けの沖縄は意気消沈ですね・・・

「地震雷火事親父」

と言いますが、連休明けの沖縄は違った意味で怖いもの続き。

  • 4人目の感染者のスペイン旅行バカ家族(沖縄本島中部在住・3/21感染確認)

  • 5人目の感染者のベルギー渡航外国籍20代男性(那覇市内ホテルロイヤルオリオン勤務・3/23感染確認)

  • 沖縄本島で震度2の地震(3/23夜11時頃)

  • 宮古島で震度1の地震(3/24深夜2時頃と午前10時頃)


「地震コロナ馬鹿家族」

ですねw

正直なところ、新型コロナウイルスよりも、地震よりも、この「バカ(危機感欠如)家族」が一番怖い。あと未だに4人目の感染者の所在地を隠蔽する沖縄県の対応も恐怖しか感じません。何故に5人目の感染者は「那覇市内のホテルロイヤルオリオン勤務」と発表したのに、4人目のバカ家族の居住エリア(自治体名)すら発表しないんでしょうね。おかげで沖縄本島中部の方は全域で恐怖を感じて生活せざるを得ない事態かと思います。

ちなみに那覇も、そのホテル勤務の外国籍の人の行動パターンからすると、自転車で那覇市街をウイルスまき散らしながら爆走しているはずなので、かなりの恐怖です(3/14〜3/18は確実にウイルスまき散らし)。とかく朝ランする早朝にはその外国籍の人の集団が多いので、個人的にも気になります。まぁ自己防衛で、人とすれ違ったりする際は、最低でも1m、可能なら3m以上離れるようにしていますし、その外国籍の自転車集団走行は、もともと近づかないようにしていますけどね。

でもこのホテルロイヤルオリオンホテルの対応は素晴らしく、名前の公表も初期の段階で同意したらしいですし、既に感染者がフロント対応した客への連絡済み。

それに引き替え、スペイン旅行バカ家族は、未だに居住エリアも公表されていませんし、その後の行動もトレースしていない始末。中でも「感染者本人は外出していません」って、それは意味がありません。スペイン旅行バカ家族全員が、帰国後に一切外出していない訳ではないですよね・・・(外出しなければ飢えるw)

新型コロナは1回目の検査が陰性でも、2回目・3回目の検査で陽性と出ることがザラ。このスペイン旅行バカ家族全員、その危険因子なので、この家族全員の帰国後の行動を全てトレースし、全て発表して欲しいものです。無能な沖縄県では無理かもしれませんが・・・

そもそもこのスペイン旅行バカ家族。この時期に家族と親族で長期旅行へ行けるということは、一般公務員やサラリーマンではない可能性大。個人的には不動産で収益を得ている人の可能性が高いような気がしますが、もしかすると政治家の関係者なんて可能性があるかもしれません。それなら隠蔽する理由もわかります(県議会議員選挙近し)。

とにもかくにもこの「バカ家族」の情報公開を強く願う次第です。

2019nCoV-200130monos_niid.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/24-11:34 | 沖縄ニュース

奄美に短期移住する?新築分譲マンションも登場!

今朝はどうにか20度を下回り、平年並みの気候になった沖縄ですが、昨日も各地で夏日を記録。那覇でも最高「24.4度」はまだ良いとしても、本来なら那覇より2〜3度低い気温の南城市で「24.7度」と異常に高い気温。さらに昨日は奄美も気温が高く、奄美大島では平年より4度も高い「24.7度」まで上がったそうです。

夏日(25度以上)になったのは本島海域だと久米島(25.0度)と南大東島(25.2度)、八重山では石垣島(25.1度)と波照間島(25.5度)だったようですが、那覇市街はコンクリートとアスファルトの影響もあって、気温以上の暑さでした。

二晩連続で布団無しで就寝。室内着も半袖半ズボンと、6月頃の空気感。エアコンこそ使わなかったものの、サーキュレーターは常時利用。なにせ窓を開放して生活するのは今は怖いですので、室内の空気を循環するしか涼を得ることができませんからね。なにせ新型コロナウイルスは、温暖なイタリアでも猛威を振るっているので、沖縄でも外の空気が怖く感じる次第です。

特に沖縄本島は・・・(昨日5人目の感染者が那覇市内で確認)

ホント、奄美は平和で良かったな〜。もちろん沖縄の離島も今のところは安心ですが、いかんせん連休中にコロナ感染しているスペイン旅行バカ家族が那覇空港を通過したこともあり、那覇空港経由で離島へウイルスが持ち込まれた可能性もありますからね。もちろん那覇空港から奄美方面への航空便もありますが、便数の桁が違いますので、やっぱり奄美の方が安心です。

奄美大島に短期移住しようかしらw

正直なところ、以前奄美大島移住はリアルに考えたこともありましたが、不動産事情(建物ではなく不動産)が、沖縄の離島同様に不明確なので断念した経緯あり。不動産会社を経由せず、個人ベースでの不動産取引がメインなので、島外の人には厳しいですからね。

でも奄美大島なら、本土への直行便もありますし、LCCもありますし、名瀬市街にはイオンもミスドもあるし、那覇とそれほど変わらない生活が送れます。強いて言えば都市銀がありませんが、ゆうちょ銀行とネットバンクを利用すればどうにかなりますからね(それでも数ヶ月に1回は経理で必須)。

ユニオンとドンキホーテがないのがつらいけどw

でも沖縄では口にすることができない(最近割高だけどできるけど)、「明治のおいしい牛乳」が普通に飲めますし、「ヤマザキパン」も普通に食べれますし、沖縄では何故か販売していないイオンのトップバリュの一部の商品も買えますからね(沖縄のラインナップは奄美や本土の半分以下に絞られている現実)。

意外と奄美大島は生活しやすいです!

ちなみにその奄美大島では珍しい新築分譲マンションが販売中。先日の奄美旅行で名瀬新港にパンフレットが置いてあったのでもらってきました。間取りは2LDKから4LDKで、価格帯は2500万円〜4600万円と、奄美大島としては高額。しかし今の首都圏だとこの倍以上の価格が一般的ですからね。

ただ間取りっていうかプランニングがイマイチ。いわゆる団地タイプの1面採光で、他の面はおまけ程度の窓しかありません。換気・通風が悪いと、南国の住まいは厳しいですからね。ちなみに今の我が家は2面採光でもう1面はおまけ程度ですが窓が有り、実質3面に窓があって通風は最高。夏でも風があればエアコンいらずです(かなり我慢するけどw)。

興味がある方は以下のホムペでw(不動産会社の回しものではありませんw)

amamimansion20200324.jpg



posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/24-06:54 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲