ページの先頭へ△

2020年03月18日

老舗マラソン大会軒並み中止!GWのイベントはどうなる?

sunset20200317s1154.jpg

昨日までは良い天気だったんだけどなー

今朝の那覇。どーーーんよりした空模様。しかも沖縄海域には小さいながらの雨雲群点在。特に沖縄本島・奄美海域には雨雲群が多め。そういう意味でも昨日も書きましたが、宮古・八重山はベストシーズンなのかな〜夜中の気温も宮古島でこそ19度台なものの、八重山では22度近くとまさに「夏」(那覇は17度台)。

ただ沖縄全般に南風になっているので、その風が湿ったものになれば雨モード。今朝は湿度70%前後なのですぐに雨にはならないと思いますが、今夜以降は湿度が上がれば雨モードへ。明日以降が雨モードなら朝ランしておけば良かったな〜ってちょっと後悔しています。

でも今シーズンは全ての大会にエントリーしていませんので、特に大会があるわけでもないから無理に走る必要もないんですけどね・・・

なにせ世間ではマラソン大会中止のオンパレード。特に老舗大会での中止が目に付きます。私が去年参加した「チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン」も、今年は第30回記念大会だったのに中止決定。2万円もの参加費が、パーになってしまった方も多いと思います。さらに去年参加した経験からすると、富士五湖までの交通費と宿泊代もかかるので、大会中止は他への影響も大きい。私のように遠方から参加の場合は、ホテルはキャンセルできても航空券はキャンセルできない(できても多大なキャンセル代がかかる)となると、マラソン大会中止だけでは済まないレベル。

友人の中では3大会中止になった方もいて(毎月参加レベル)、エントリー費合計で5万円とか・・・

基本、マラソン大会のエントリー費は規約に「いかなる場合も返金しません」と明記されており、ランナーもみんなそれを分かっているのでつらい限りです。幸か不幸か、私自身は今シーズンから一切の大会へのエントリーを止めたので、影響ゼロ円。先のウルトラマラソンも今年が30回の記念大会もあって参加を迷いましたが、去年の沖縄からの参加があまりにきつかった(特に移動)ので止めて正解でした。

最近のマラソン大会は最短でも2ヶ月前にはエントリーするものがほとんどなので、2ヶ月前の1月ではコロナの影響がここまであるとは誰も分かりませんからね。まぁ沖縄で開催されるマラソン大会はほとんどが4月までで、それ以降は暑すぎてマラソンどころではないから大会はありませんが、4月開催の大会は軒並み中止。「あやはし海中ロードレース」も「古宇利島マジックアワーRUN」も、参加者が多い大会ですしね〜。さらに参加者が少なく、開催可否を発表していなかった「伊江島一周マラソン」も中止決定。

これで4月の沖縄で開催される主要なマラソン大会は全滅になりました・・・

そして気になるのはマラソン大会以外のイベント。4月の「琉球海炎祭」、5月の「那覇ハーリー」。どちらもマラソン大会以上の人が集まるものなので、中止は必至。っていうか開催したらしたでSNSとかで袋だたきに遭うので、中止にせざるを得ないでしょうね。まぁ那覇ハーリーはチケットとかありませんので中止も問題無いですが、琉球海炎祭は既にチケットを販売済みなので、簡単に中止とは言えない状況。しかもマラソン大会と違って「返金」という話が出てきますのでなかなかね。

双方、沢山の打ち上げ花火も予定されていたので、その花火もどこへ行っちゃうのか・・・

とにもかくにも2020年のGWは、イベント中止必至で、沖縄も連休とは思えないほどの人の少なさになりそうですし、この状況がいつまで続くか読めないのが怖いですよね。夏まで続くのか、はたまた年内まで続くのか。沖縄でコロナ感染拡大が広がっていないものの、観光立県沖縄としては気になる限りです。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/18-07:25 | 沖縄イベント情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲