ページの先頭へ△

2020年03月11日

コロナリフレッシュに沖縄・奄美の離島はいかが?

昨日は早朝まで猛烈な豪雨でしたが、日中は日差しもあってかなりの高温多湿。梅雨の空気感でしたね。半袖で歩きたかったものの、いかんせん離島旅行での大怪我がまだ完治しておらず、腕を出すと血がにじんだ包帯が露出してしまうので、我慢して長袖。ちょっと遠出をしたのもあって、かなり汗ばみました。

そして今朝は北風が強く、空気も乾燥して今度は冬の空気感。まぁ3月の沖縄は夏の空気感と冬の空気感が日替わりで来る時期なので、今日は冬の沖縄って感じになるかな?でも天気的には今朝は朝から晴れて日差したっぷり。天気が良ければ気温も下げ止まるので、日中のポカポカ陽気を期待してます。

それにしても朝ランしてきたのですが、早朝の交通量がまるで日曜日レベルの少なさ。もちろんその理由は「コロナショック」です。

早朝は那覇空港に到着する国際便からの客が乗る、タクシーとバスで那覇市街の道が溢れかえっていたのですが、今はどちらもほぼ皆無。朝ランするには違法駐車するバスや、信号無視するタクシーが居ないので助かりますね。反面、今までは誰一人走っていない道に、いかにも「にわか」ランナーがポツポツ出てきたこと。おそらく、日中の人が多い時間を割けた結果なのかもしれません。


あと昨日立ち寄った、3/6に開業したばかりのドンキホーテ壺川店も、店内ガラガラ。いるのは出勤前の地元民のみで、インバウンド客は皆無。広い店内がかなり寂しい雰囲気でしたね。沖縄のドンキホーテはかなりインバウンド客に依存しており、特に那覇の店舗はおそらくインバウンド客無しでは成り立たないかも?ちょっと今後の経営が心配になりますね。24時間営業もあっという間に止めちゃいそうな気がします・・・

それとニュースでは国際通りが閑古鳥が鳴くレベルとの話が出ていますが、そもそも地元民はあそこには用無し。既に免税店は閉店に追い込まれたものもあるようで、今後はインバウンド客に依存しているお店が閉店しそうですね(具体的にはドラッグストア)。仮設の公設市場も、完全にインバウンド依存の傾向なのでかなりヤバイらしいです。

でも地元民がメインで利用するスーパーなどの店舗は、ごくごく普段通りです。客入りも変わりませんし、品揃えも今まで通り。トイレットペーパーとマスクはどうかしりませんが、納豆は普通に売っていますw


なので「沖縄全般」としては特にコロナショックの雰囲気はありません。なにせもう3週間も新規の感染者が出ていませんので、徐々に安心感も出てきています。花粉症対策も含めて、この3月・4月に沖縄や奄美へ一時的にでも避難するのはおすすめかも。

なにせ今の本土は猫も杓子も「コロナ」状態で、感染リスクがなくてもストレスでどうかなっちゃいそうですからね。沖縄も先月まではそれに近い状態でしたが、私自身も奄美に1週間滞在してかなりリフレッシュできた次第です。

コロナリフレッシュに沖縄・奄美の離島へお越しくださいませw

特に奄美は鹿児島県としても感染者ゼロもあって、コロナを全く気にせずに過ごせるから良かったですよ〜!(実体験済み)

amami202002280009.jpg
<先日の奄美行きの飛行機から見た加計呂麻島と奄美大島>
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/11-08:35 | 沖縄旅行/離島旅行
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲