ページの先頭へ△

2020年01月08日

観測史上最高の「最低気温」wでも日中の方が気温が低くなるかも?

今日の沖縄は日中の方が気温が低くなるかもしれませんので、暫定的ですが、今朝の最低気温は観測史上でもかなり高い気温になっています。観測史上で最低気温が最も高かったのは、1998年1月14日の「21.6度」。1月初旬だと去年2019年1月5日の「20.6度」。そして今朝の最低気温は今のところ・・・


那覇の最低気温「21.7度」

・・・また目立ちたいだけの気象予報士が大騒ぎしそうですw


リアルにその気温の渦中にいる那覇市民からすると、この数値以上に昨日の夜は寝苦しかったです。なにせ布団などは冬用で、今さら夏用のリネンを出すわけにはいきませんからね。なので昨日は布団はどうしようもないので、装いで調整。まさかの1月上旬で半袖半ズボンで就寝することになるとは・・・(もちろん布団も全身ではなく半身のみ利用)。

でもこの異常に高い気温は、前線通過直前に良くある話で、前線通過後は一気に気温も低下。結果、日中の方が気温が低い状態になるので、朝の方が日中より気温が高い場合が多いですからね。なので「1日」として最低気温は、朝だけじゃ判断できない次第です。まぁ本来はこの夜明け前後が1日で最も気温が下がるはずですが・・・。おそらく今日の最高気温はその夜明け前後のものになりそうな気がします。

ちなみに沖縄を通過する前線、本体は本土で端っこが沖縄海域を通過するだけなので、天気的にはスコールがある程度で荒れないとは思います。そのスコールが気温の分かれ目なので、今日の沖縄は朝が「夏」で、前線通過後が「冬」の気候になりそうです。結果、気温も前線通過後の日中の方が低くなるでしょうね。


しかし今朝もさることながら、昨日も1日夏模様だった沖縄。朝から晩まで(寝るまで)、半袖で過ごしていました。それでも動くと汗ばむレベルで、1月初旬とは思えない気候がずっと続いています。そのおかげで、日中は夏空でしたし、朝焼けも夕焼けも、夏のように色鮮やかでしたけどね。今朝はまだわかりませんが、「台風直前の空は綺麗に焼ける」セオリーからすると期待できるかも?(午前6時はまだ真っ暗な沖縄)

でもそのスコールのあとは、一気に気温が下がりそうですし、同時に北風が吹き荒れそうなので、体感温度はさらに低くなりそうです。外出予定を午前にするか午後にするか、悩むところです・・・

ちなみにその季節感の変わり目になる前線の雨雲群は、本土が中心なので沖縄でも南に位置する宮古・八重山は雨無しかもしれませんが、風向きが変わりますので、それが気候の境界線。今日は風向きに注意し、服装を決めた方が無難な沖縄です。


まずはお暇な気象予報士が大騒ぎするか否かwww
(いろいろ条件つけて「観測史上最高!」と騒ぎそうな予感)


ただ沖縄は擦る程度の前線ですが、本土には直撃。特に太平洋側では冬としては、観測史上最高レベル(笑)の豪雨になっているところもあります。気象予報士の戯言はスルーして、豪雨に警戒しましょう。今朝の段階では四国が猛烈な豪雨で、その範囲は徐々に東へ・・・(四国→紀伊半島→東海エリア→関東)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/01/08-06:00 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲