ページの先頭へ△

2019年12月28日

着々と進む正月準備。やっぱり「沖宮」が一番おもしろい?

okiguu20191227102029.jpg

沖縄で初詣と言えば、一番は奥武山公園の「沖縄県護国神社」で、その次に波之上ビーチ隣の「波上宮」という印象。前者が個人参拝者が多く、後者は法人参拝者が多い印象です。他にも那覇には出雲大社の分社がありますし、さらに琉球八社の内、先の波上宮を含めて「六社」もあるんですよね〜。

波上宮・沖宮・天久宮・安里八幡宮・識名宮・末吉宮

でもその中でダントツで垢抜けているのが、先の護国神社の裏にある「沖宮」。護国神社とは奥武山公園プールを挟んで「100m」しか離れていないものの、相互の道のりは「600m」も離れている、近くて遠い2社です(ショートカットもあるけど)。でも私もそうですが、初詣はこの沖宮と護国神社をセットで行く人も多く、くそまじめな護国神社に対して垢抜けた沖宮との楽しいです。

なかでも参道までの演出が全然違います。

護国神社は特に演出はなく、強いて言えば参道両側に、沖縄のマンネリテキ屋が出ている程度ですが、沖宮と言えばピンク色の提灯がトンネルのように並ぶあの光景が有名。何故にピンク?って感じですが、そもそも冬の沖縄はピンク色の印象があるので、個人的には納得。冬前半はピンク色のトックリキワタが満開だし、冬後半はカンヒザクラが満開ですからね。その両方の花は奥武山公園内でも望めますので、ピンク色は納得ですが実際の理由は知りませんw

ちなみにこのピンク色の提灯トンネルは、奥武山公園駅から壺川駅方面まで約500mも連なっています。特に夜は綺麗なんだろうな〜。

奥武山公園駅から沖宮へ






また大晦日から正月3が日まで、沖宮では普通の神社とはひと味もふた味も違うイベントを開催。大晦日にはラジオの公開生放送をするらしいですし、さらに年越しでダンスパフォーマンスコンテストを開催。年越し後にはお笑いライブなど、他の琉球八社ではあり得ないほど、バラエティに富んだ企画の目白押し。さらに元日には「甘酒」、2日には「黄金餅つき(餅)」、3日には「ぜんざい」が振る舞われます。ホント、沖縄で沖宮だけは「特別」って感じですので、是非とも沖縄・那覇で初詣は沖宮へ行って欲しいものですね〜。

沖宮では大晦日ら年始まで様々なイベント開催





さらに沖宮には小さな神社もいくつか併設していて、さらに山上り(階段有り)までできちゃいます。もしかするとその山の上からなら初日の出も望めるかも?(モノレールの高架次第)。

沖宮は小さな神社も併設





沖宮自体は、モノレールの奥武山公園駅(徒歩5分)からでも壺川駅(徒歩8分)からでも歩いてアクセス可能。もちろん護国神社にも合わせて行けますので、いろいろな意味で沖縄・那覇の初詣ではおすすめです。

ちなみに沖宮以外で、モノレールの駅からアクセスしやすい社はありません。車でアクセスしやすい社はありますが、駐車場がないものが多く、実質歩きでのアクセスが多くなります。中でも「末吉宮」は完全に登山レベルで、誰が正月からあの山昇るか!ってレベルですw(安里八幡宮も猛烈な坂の上)

そういう意味でも沖宮は一押しなんですよね〜。

お帰りは壺川駅へ!帰り道も演出





ちなみに私は、正月に朝ランする際に近くは通りますが、初詣はしたことありません。さすがに本土の地元ならしますが、沖縄の社ではしたことないです。やっぱり初詣は生まれ育った場所でしたいですからね〜。

来年も、初詣スルーして、見学だけにとどめたいと思います。



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/28-13:22 | 沖縄イベント情報

2020年の初日の出は沖縄で望めるか?

Facebookページで書いた、台風29号の落とし物も、どうにか消滅傾向になったので、これでよーやく安心して年末年始を迎えられそうです。12月後半に発生した台風29号にも驚きましたが、まさかの落とし物もあってハラハラ。台風情報再開は来年のできれば遅い時期にして欲しいものですねw(冬は勘弁)

ちなみに台風のタマゴが消滅傾向になったのは、沖縄まで冬の空気が南下したのも原因の一つかと思います。なにせ昨日の那覇は、深夜0時台に昨日の最高気温「19.4度」を記録し、その後の気温は右肩下がり。日中でも18度台でしたからね。一昨日(12/26)までは連日25度超の夏日だったので、いきなり気温急降下。でもこれでよーやく平年並みです!

しかし昨日はこの気温急降下に加えて、猛烈な暴風が吹き荒れていて、那覇でも最大瞬間風速「17m/s」、与那国島では「20m/s」という、台風強風域レベルの暴風が吹き荒れていました。風が強ければ海も大荒れで、一部の離島行きの船も欠航したでしょうね。

でも今年の冬の沖縄は、寒さも暴風も1日のみで終わることが多く、今朝も気温こそ16度台まで下がりましたが、風は完全に収まっています。天気的にも朝はまだ雲が多いものの、徐々に雲がとれてきているので、日差しがあればポカポカ陽気になるかも。

そして気になる年末年始の沖縄の天気。今のところ12月30日に雨予報が出ていますが、まぁ冬の沖縄の雨は局地的なものが多いので、多分、気にならないレベルかも?

年末年始は、予報は当てにならないものの、今のところ雨の心配はなく、正月に至っては連日晴れ予報。なにせここ6年間の「個人的な初日の出写真」を調べたら、那覇は毎年初日の出が望めていました(それ以前は正月に沖縄を離れていることが多かったのでデータ無し)。その話は大晦日にでもブログにまとめたいと思いますが、とかく当たらない沖縄の天気予報ですが、正月の天気はこのまま予報通りになって欲しいものですね。

大晦日/元日の沖縄天気予報(WNI・Tenkijp・気象庁)


12月31日 曇り ・ 曇り一時雨 ・ 曇り

01月01日 晴れ時々曇り ・ 曇り時々晴れ ・ 曇り時々晴れ


また来年の元旦も、初日の出目的の朝ラン予定ですが、まだコースは未定。那覇市街でも東側の景色が開けている場所も多いですが、朝ランだと結構な場所まで行けますからね。家からでも見れますが、やっぱり初日の出はそれなりの景色がいい場所で見たいですからね〜。那覇市街だと奥武山公園に近い「漫湖公園」が、地元では初日の出鑑賞で人気スポット。毎年多くの人が見に来ています(私もよく行きます)。

できればニライカナイ橋まで見に行きたいですが、朝ランレベルじゃないですからねw(片道21km・往復でフルマラソンw)。

ニライカナイ橋で見た冬の朝日(写真は2月)





posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/28-08:51 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲