ページの先頭へ△

2019年12月02日

沖縄の気候が180度チェンジ!台風28号ではなく冬の空気が一気に南下!?



NAHAマラソン、天気にも恵まれ無事に終わりましたね。

しかし今朝の那覇は午前6時に気候が急変し、夏から一気に真冬になりました。でもこれは台風28号の影響ではなく、偏西風の影響だと思われます。しかしまさに「180度」気候が変わったようで、午前5時台までは「南風・ほぼ無風」だったものが、午前7時台には「北風・暴風」へ!?朝ランでリアルにその渦中にいたので、まさに身をもって分かります!!この急激な気候変化が、昨日では無く今日で良かったですね。もし1日ずれていたら、暴風吹き荒れる中でのNAHAマラソン開催。ホント、昨日の開催で良かったです。

でも昨日の那覇。NAHAマラソンコースでもある空港周辺で、最高気温「26.7度」。平年より3度も高く、マラソンするにはかなり暑かったと思います。さらに昨日はまだ風が弱かったので、暑さをもろに感じる状態。でもいつもの暴風がなかった分、まだ楽だったかもしれませんね(NAHAマラソンといえば恐怖の最後の10km延々暴風向かい風w)。ちなみに昨日の沖縄は、ほぼ全域で25度超の夏日(25度未満は山の上や岬などの観測点のみ)。ホントに昨日の沖縄は最高の陽気でしたね〜。

昨日の沖縄の最高気温

#下地島 27.8度
#波照間島 27.7度
#西表島 27.1度
#宮古島 27.0度
#多良間島 26.9度
#石垣島 26.8度
#那覇 26.7度
#久米島 26.5度


しかし先の話のように、今朝の沖縄は昨日から一転、真冬モード全開。沖縄各地で猛烈な暴風が吹き荒れています。

今朝の沖縄の暴風(朝までの最大瞬間風速)

#与那国島 20.8m/s
#下地島 18.0m/s
#久米島 17.0m/s
#宮古島 16.8m/s
#那覇 16.5m/s
#石垣島 16.3m/s


そして暴風が吹き荒れれば海も大荒れ。案の定、八重山の西表島上原便、鳩間便、波照間便は早々に全便欠航決定。慶良間もフェリーも高速艇も全便欠航(渡嘉敷島への高速艇はそもそも運休中)。でも台風28号による影響では無く、偏西風による影響なので、ある意味平年通りの気候になっただけ。それでも、あまりの急激な変化に沖縄に住んでいてもちょっと驚きです。

ちなみにその台風28号は北上すること無くそのまま西へ進んでいますので、沖縄への間接的な影響も少ないと思います。反面、強力な勢力を維持したまま西へ進んでおり、このままですとフィリピン直撃は不可避。どうか、史上最悪レベルの大災害になった「2013年11月の台風30号」のようなことにならないことを願うばかりです。

あと気になる台風29号のタマゴ。昨日の夜、羽化寸前まで発達していましたが、今朝になって急激に減衰。このままだと消滅の可能性も出てきたのでちょっと安心しました。しかしそれとは別に台風28号の落とし物もあったりして、まだ今週は油断できそうにありません。



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/02-08:41 | 沖縄台風/災害情報

NAHAマラソンを変わった場所から観戦。翌朝は信じられない光景が!?

nahamarathon2019.jpg

第35回NAHAマラソン(2019)、夏模様の中無事に終わりましたね。まだ正確なデータはわかりませんが、今年も「日本最悪の完走率」に近いレベルだったんでしょうね。これは「難コース」という意味では無く、「ランナーの質が悪い」という汚点。1万人を超える参加者の大会で、完走率が毎回7割前後というのには、情けないばかりです。本土の1万人超の大会だと完走率は97%とかが一般的。

理由は、沖縄からの参加者のほとんどが、最初から完走する気が無いのに参加しているから。要は国際通りまでのテレビ中継している間のみ走って、残りは全部歩くから完走できないんですよね(国際通りは最初の3km弱)。結果、ガチで走りたくても、そのモラルの欠片も無い参加者が邪魔になり、ペースを乱されるんですよね(実体験)。今まで参加した1万人超のマラソン大会の中では、「日本一走りにくい大会」と思っています。でもタイムを狙わないのなら、温暖な時期でもありますので、良い大会だとは思います(苦笑)。


ってことで今回も、楽しんでそうな「仮装ランナー」をメインに、NAHAマラソンを観戦してきました!


観戦場所は今回も「蔡温橋交差点」周辺。理由は、近くにスーパーが3軒あるから(笑)。毎回、観戦メインではなく、買物ついでの観戦です。でも今回はいつもの交差点内からの観戦では無く、いつもとは違う場所から見てきました。



モノレールの駅からの観戦。もちろんモノレール本体に用はないので、駅構内ではなく、改札外の高架部分からの観戦。歩道橋は警察官の厳しい取り締まりで観戦できませんが、駅の高架内なら警察の管轄外。意外と自由に観戦できます。特に蔡温橋交差点はちょうどランナーが曲がる場所なので、良い感じで楽しめました。







ただ今年のNAHAマラソンは、気温が異常に高いのもあって、仮装ランナーはかなり少なめ。いてもかぶり物のみで、全身ものは少なかったです。まぁかぶり物だけでも昨日の那覇は最高で「26.7度」もあったので、かなり暑かったと思いますけどね。でもそんな中、あの2019年話題のキャラの仮装ランナーが!?



「チコちゃんに叱られる」

かぶり物だけじゃなく、衣装もチコちゃんでした。これで「ボーっと走ってんじゃねーよ!」ってしゃべったら最高でしたね(さすがに無言w)。でも我が家にはテレビがないので、実際の番組は一度も見たことありません。ただネットやツイッターのトレンドで認知していたので、どんなものかは知っていました。しかしまさかの、チコちゃんコスで走る強者がいるとはね。あの暑さで・・・

まぁ、この人もハナから完走する気があるか否かはわかりませんし、あの暑さなので多分無理っぽいですけどね。結局、30分ほど観戦していましたが、チコちゃんを超える強烈な仮装ランナーは発見できず。逆にチコちゃんを発見できたのはラッキーでした。あとNAHAマラソン定番の「泡盛仮装」も、良いタイミングで見ることができましたし、観戦後はスーパーをハシゴ。半袖半ズボンで普通に過ごせる陽気で、いい日曜日でした。



しかし翌日の今朝の那覇。1年で最も「にわかランナー」が少なくなる日(笑)。なのであえて朝ラン。さらに昨日のNAHAマラソンのコースの一部も通ってきたものの、なんと!?

ゴミだらけ!!!国道507号線のこの辺

ランナーの質も悪いのに加えて、運営管理もここまで酷いとは。国道の側溝付近に紙コップやら、アクエリアスのビニールとかかなりの量が散乱していました。風でどっかから飛ばされてきたレベルでは無く、完全に放置されたままの状態。

他の大会は、本土でも離島でも大会翌日はゴミ一つコース上になく、ホントに昨日大会あったの?ってレベルなのに、NAHAマラソンはホントに酷いです。8000円もとってこの運営は、確実にそのお金は政治家や行政の懐に流れ込んでいると思わざるを得ませんね。

マラソン大会の運営の善し悪しは、大会翌日に分かります。ランナーの質も、運営の質も、大規模大会の中では、やっぱり全国最悪と言わざる得ませんね。。。

あーあ・・・。

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/02-07:37 | 沖縄マラソン情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲