ページの先頭へ△

2019年10月21日

綺麗な夕焼け!台風が最も接近しているはずなのに・・・

sunset20191020w4456.jpg
昨日の台風20号最接近中の沖縄。まさに台風の中心が最も近い場所にある・・・はずなのに、この夕焼け。むしろ雨は最接近前の方が激しく、雨台風らしく中心の北側(最接近前)だけでしたね。一応風もまとめておきます。

#台風20号の最大瞬間風速
#南大東島 28.5m/s
#北大東島 27.8m/s
#渡嘉敷島 16.9m/s
#那覇市街 14.4m/s
#喜界島 15.4m/s

って感じで、大東島のみ台風らしい風ですが、それでも30m/s以下なので大した影響はないレベル。沖縄本島に至っては冬時期の風程度で、台風って感じでは無かったです。逆に台風が雲を持って行ってくれ、最接近時はそれが顕著で夕焼けもキレイになりました。

気象庁からは「予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄25m/s(35m/s)、奄美20m/s(30m/s)」で、実際はこのてーど。台風情報は机上の空論だけじゃダメですね。現地で空気を肌で感じないと!さらに・・・

「気象庁は20日、強風や高波、土砂災害や低地の浸水、河川の増水、竜巻などの激しい突風に注意を呼び掛けた。」

だそーです!しかし現実は、台風20号最接近時にこの夕焼けショーw

おいおい・・・

台風20号直後というか最接近中に雨どころか夕焼け!



















posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/21-09:54 | 沖縄ライフ

台風20号の沖縄本島への影響軽微。しかし本土の明日の式典への影響甚大?



まずは台風20号。昨日、沖縄本島と大東島の間を通過するも、沖縄本島では正午過ぎに激しい雨はあったものの終日風は弱く、夕方には晴れて綺麗な夕焼けを望めるほど。しかしその夕方が台風20号の沖縄本島最接近のタイミングだっただけに、やっぱり台風中心の西側は影響が軽微でした。反面、台風中心の東側に位置する大東島では、南大東島で最大瞬間風速29.5mを記録も、沖縄では30m以下の風なら許容範囲内。特に被害も無かったと思います(停電情報も無し)。

今回の台風20号の特徴も、台風19号同様に中心北側に活発な雨雲群を伴う「雨台風」のようで、沖縄はその雨雲群が上手く本島と大東島の間を抜けたので、影響も軽微だったと推測されます。

しかしその活発な雨雲群。西日本の太平洋側へ向けて徐々に北上中。既に四国の南沖まで来ており、今後の台風の進路次第では四国・紀伊半島・東海エリアで激しい雨になる可能性もあります。そして関東もまた激しい雨になるかもしれません。

毎回同じことを書きますが、本土の太平洋側で北側や西側に高い山があるエリアは、他のエリアに比べて猛烈な豪雨が続く恐れがありますので、台風進路なんて無視して、雨雲レーダーでその活発な雨雲群の位置を常に把握しましょう。もちろん、備えあれば憂い無しなので、今日中にできる対策を全て施し、豪雨再来に備えていただきたい次第です。

とりあえず台風20号が先に接近した沖縄から見ると、今回も「雨台風」のようなので、養生テープのような無駄な「風台風対策」はせず、土嚢や隙間の目止めなど「雨台風対策」を万全に行い、あとは通過まで耐えましょう。


しかしその台風20号通過後も台風21号の影響が・・・

今のところ日本への接近はしない予想進路になっていますが、先の話のように台風の北側に雨雲群を伴うので、関東太平洋側への影響があるかもしれません。なので台風20号で施した台風対策は台風21号が通過するまでそのままにするのがおすすめ。また台風21号の進路も台風20号に引っ張られて本土寄りを通る可能性もありますので、とにかく日本海域から台風が消えるまでは常に台風対策を施した状態で過ごしていただきたい次第です。


ただ個人的に気になるのは、米軍情報にも未だに出ていないもう1個の気になる雲

徐々に沖縄方面へ向かってきているんです。しかもタイミング的には週末前に沖縄近海まで来そうで、今週末は1年で最も楽しみにしている「沖縄の産業まつり」開催。2年前のような台風で3日間すべて中止のような事態は、もう勘弁して欲しいものです(あのときは泣きそうだった…)。

でも米軍情報に出ていないと言うことは、雨のみのプチ台風かもしれませんので、雨だけならイベント開催は問題なし(風があるとテントが飛ばされるので中止)。どうかそのまま発達せずに沖縄海域を通過して欲しいと願う次第です。


実は、それ以上に気になるのが、台風20号の本土接近タイミング。当初は台風20号が本土接近するのは「10/23」だったので、明日の「即位礼正殿の儀」はギリギリセーフかと思っていましたが、台風20号は昨日から今朝にかけて猛烈にスピードアップ。当初の予想の倍の早さで本土接近中。もろに式典が行われる「10月22日」に本土最接近しそうな状況になってきました。パレードはもともと延期になっていますが、式典は予定通りとのことなので、無事に行われるか否かが一番心配です。しかも明日は国民の休日になるので、なおさら台風20号の動向が気になります。

台風20号にはさらにスピードアップしていただき、明日の式典前には関東の東に抜けていることを切に願います!!!


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/21-08:49 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲