ページの先頭へ△

2019年09月08日

久しぶりの宮古島直撃台風。あの大橋はどうだった?

宮古島から多良間島へ
宮古島から多良間島へ


多良間島から宮古島へ
多良間島から宮古島へ



そーいえば今回の台風13号。アレができてから初めての「直撃台風」だったんじゃないかな?

「伊良部大橋」

そもそも直撃台風自体、滅多にあるものではないですが、ここ近年、沖縄への直撃台風って少なかったんですよね。温暖化の影響で沖縄海域では発達しておらず、沖縄通過後に発達するタイプが多く、沖縄より本土の方が「直撃」って感じのものが多かったですからね。

ちなみにここ10年で「沖縄直撃台風」はこんな感じ。
  • 2016年9月の台風16号(与那国島直撃)与那国で最大瞬間風速68.8m
  • 2015年9月の台風21号(与那国島直撃)与那国で最大瞬間風速81.1m
  • 2015年8月の台風15号(八重山直撃)石垣市街で風速71.0m
  • 2012年9月の台風17号(本島直撃)那覇市街で風速61.2m/沖縄全体で334400世帯停電

宮古島直撃は近年少なかったんですよね。

まぁ2003年9月の台風14号の「電柱1000本倒壊/風力発電3基倒壊」という強烈な過去はありますが・・・

もちろんルート的に直撃したものはあったかもしれませんが、先のような記録にも記憶にも残るものは、宮古島エリアでは少なかった気がします(住んでいないからわからないだけかもしれませんが・・・)。

とにもかくにも「伊良部大橋が落ちた」というニュースはないので無事だとは思いますけどね(笑)。

でも気になるのは橋そのものではありません。橋ができたことにより海流が変わり、周辺への影響がどうなったかです。現に、来間大橋ができた後、隣接する与那覇前浜は砂浜が猛烈に浸食されています。昔あった防砂林の中の遊歩道も、今や浸食でビーチと一体化してしまいました。

伊良部大橋だと、影響があるのは長山の浜(伊良部大橋直下のビーチ)はもちろんのこと、渡口の浜が一番心配です。あとビーチではないですが、久松から与那覇湾(サニツ)にも影響があるかもしれません。ちなみに大橋建設による地形への影響は、すぐに出てこないので難しいんですよね。長い期間を経て出てくるので、大橋が原因ってわかりにくくなってしまいます。

今回の台風13号でどんな影響が出てくるか、徐々に見えてくるかもしれません。

宮古島と多良間島を結ぶ船が運行できなくなるってことはないかと思いますがw(航路にたい積しても撤去するだけでしょうし)

ちなみにその多良間島では今日まで島一番の祭事「八月踊り」が行われると思いますが、台風の直接的な影響はなかったものの、海は大シケですし、台風13号のあとのプチ台風による雨もあったでしょうが、無事に開催できているみたいなので何よりです。

宮古島から多良間島へ宮古島から多良間島へ


多良間島から宮古島へ多良間島から宮古島へ



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/09/08-10:33 | 沖縄離島情報

台風13号の落とし物が厄介すぎ!2個目が沖縄海域を通過中



まずは宮古島の停電。予定では昨日のうちに全住戸の復旧とのことでしたが、今朝の段階でもまだ「1160世帯」が停電中。宮古島でも少し郊外になるとさすがにすぐに復旧という訳にもいきませんからね。残りのエリアは城辺がほとんどで「下里添/砂川/比嘉/長間/西里添/福里/新城/保良」。平良も東岸などの「東仲宗根/東仲宗根添/西里」が残っている状態です。どちらも発電所がある西岸から遠いエリアなので、停電原因を見つけるのも大変かと思います。でもあと少し、もう少しで復旧ですので、沖電の作業員の方を信じて待ちましょう!

台風13号自体は大陸まで進んだようで、消滅は時間の問題。日本への影響はもうないと思います。

ただし、台風13号の落とし物がホントに厄介で、沖縄海域に残したものがほぼ台風状態に渦巻く雲になっています。昨日はその影響で局地的が豪雨が沖縄・奄美の各地で発生。でも今朝は北上し、沖縄海域からは遠ざかっています。しかーーーし、その落とし物のさらに落とし物が沖縄南の海域に残っているんです!

その中心らしき部分は沖縄本島と宮古島の間にあるっぽいので、とりあえず島まで雨雲群は至っていませんが、その中心の東側に位置する沖縄本島には南から徐々に雨雲群が迫ってきている状態です。昨日は宮古・八重山の方が雨が多かったですが、今日は沖縄本島の方が雨が多そうかな・・・

ホント、沖縄には「台風一過」はありませんね。逆に落とし物が残ることが多いので、悪天候が長引きます。まぁそのおかげでここ数日は過ごしやすい陽気が続いていますが、外出するのには毎日苦労します。雨雲の動きとの戦いです!昨日はそれが功を奏して雨無しで半日近く外出できましたが、さてさて今日はどうかな?


ちなみに台風15号。沖縄には影響無いので触り程度。どのみち本土の気象予報士殿が無駄に騒いでいますので、その「不安をあおるだけの過剰な報道w」を山ほど目にすると思いますしね。台風15号は米軍予想通りに進んでおり、このままだと千葉県へ明日の朝に最接近。雲はそんなに大きく無いですが、その分中心付近に凝縮されているので、最接近するエリアではかなり荒れそうです。明日の首都圏の方は少なくとも午前はお休みになられた方がよろしいかと・・・(沖縄なら自動的に午後から出勤になるレベル)。


それより沖縄はマリアナ諸島近海の気になる雲。そして日付変更ライン近くの台風のタマゴっぽい雲。


まぁ日付変更ライン付近のものは沖縄より本土の方の方が気にした方が良いものかもしれませんが、マリアナ諸島近海のものはかなり長い期間、そのエリアに雲があるのでかなりヤバい状態です。台風にならない雲ならとっくに消滅しているはずですが、もう何日もこのブログでも登場しているレベルなので、今後発達して台風になる可能性がある証拠。ただ幸いにもまだ渦を巻いていないので、台風のタマゴとまでは言えないレベルです。

その前に沖縄は台風13号の落とし物のプチ台風。いつまで居座るのやら・・・

まぁプチ台風は風がそれほど強くないから、傘を差すことができるのが幸い。遠出の外出は昨日済ましたので、今日は近場がメイン。傘を持って外出したいと思います。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/09/08-06:33 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲