ページの先頭へ△

2019年09月03日

今日の昨日の写真は花々・朝焼け・夕焼け。

今日は時系列順とは逆の写真の並び。

最初が午前の外出時の色とりどりの花々。まずは「サガリバナ」。といっても散っている時間ですが、それでも地面から咲いているかのような落ちてまだ間もない状態。そもそも真夏の花なのに、那覇市街では9月でもまだまだ望めます!

そしてこちらも真夏にはもう終わっているはずの「ホウオウボク」。こちらは毎年、5月と6月の梅雨時期に咲いて、真夏はあまり花を咲かせないのですが、今年のホウオウボクはとにかく遅咲き。8月が満開で、この9月もまだまだ咲いています。

最後のピンク色の花は種類不明。でも那覇市街ではあまり見ない花で、ポケットパークに咲いているところを撮影。色鮮やかなピンク色が良いですね。

真夏なのに花盛りの那覇市街(例年の夏は花少なし)



そして今朝の朝焼け。あまりに天気が良すぎて焼ける雲がなく、空一面が焼けるちょっと変わった朝焼け。でもそのわずかな雲が朝日を遮り、綺麗な模様を形作っていました。ちなみに飛行機雲は全然伸びていなかったので、上空には乾いた空気が入っているようです。

今朝は天気が良すぎて焼ける雲がなし。空全体が色づく







最後に昨日の夕焼け。こちらも天気が良すぎて焼ける雲が少なかった。逆に夕焼けが終わる時間になって雲が出てきて、夕闇を遮る感じになり残念。こちらも空気が乾いていて、飛行機雲は短かったです。

昨日の夕焼けは空気が乾いていまいち色づかなかった!







さて、今夜以降は台風モードの沖縄。といっても沖縄本島は中心から離れているので、逆に雲を全部持って行かれるだけかもしれませんね。今夜も雲が少ないのかな?はたまた台風によって南から湿った空気が入ってきて、台風前の「燃えるような夕焼け」になるか否か!?

結局、雲って何も望めないかもしれませんけどねwww
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/09/03-12:39 | 沖縄ライフ

トリプル台風必至?もしかすると4個??いや5個???




「14W」台風15号?台風16号?

ひたすら気象庁が無視し続けている、米軍情報で最初に台風と認定された「14W」。予想進路がかなりやばいです。まさに気象庁がある本土めがけて進みそうな予想です。もちろんあくまで予想ですし、何より未だに気象庁が無視し続けているだけに、今後の気象庁の対応が見物ですw

米軍予想では「14W」、9/8ないし9/9に本土直撃予想。しかも直角に到来する台風は、接近前から影響が大きく、さらに接近時もその中心から東側にあたる東日本広域に影響拡大。そんな本土に最も影響が大きそうなものを未だに無視し続ける気象庁様は何を考えているのやら・・・

警戒情報は早ければ早いほど意味があるのに、どうも気象庁も気象情報会社も「事後情報」ばかりで、存在価値を感じない次第です。よっぽど沖縄のおじーの勘の方が役立ちますww

「16W」台風14号カジキ正式認定w

そして先の「14W」より先に、もはや消滅寸前のベトナム近海の気になる雲が、今さら「台風14号」に認定。数日前に沖縄近海にあって宮古・八重山でスコールが多くあったやつ。すでにフィリピン西に抜け、ベトナム近海まで行って、上陸寸前なやつ。いくら机上の話とはいえ、先の本土にも危険が高いものより先に、危険性もなければ存在そのものも消えそうなものを、わざわざ台風に認定するなんて・・・

チェックする意味がないので情報はスルーしますww

「15W」台風13号レンレン

現在の日本海域で、沖縄に最も影響がありそうなの台風13号。順調に北上しています。でもこの「順調」というのがポイントで、まっすぐ進めば影響も最小限で済むってこと。なのでこのまま行けば「通過型」の台風になりそうなので、沖縄への影響は少なく済むかもしれません。もちろん最接近するエリア(今のところ八重山)では大荒れになりますが、9月にもなればこの程度は通常モード。しかも沖縄近海を通過後に発達しそうなので、沖縄よりもK国の方が被害が大きいんじゃないかな・・・

ちなみに沖縄本島はある程度距離が離れた場所を通過すれば、スコールがある程度。直接的な影響は少なそうです。ただ北上型の台風は、沖縄〜鹿児島航路へ影響が大きいので、本土からの船便がまた欠航になるかも?そーいえばヤフオクで本土の出品者から買い物したけど、この影響が出るか否か微妙な感じ・・・

でも台風13号は通過型だし、スピードもある程度あるので、影響も思ったほど大きく無いかもしれませんけどね。もちろん最接近する宮古・八重山はいつも通りの台風対策を!

まさかの台風のタマゴ!15号?16号?

この海域は台風の発生源みたいなものなんですが、またしてもマリアナ諸島近海に台風のタマゴができつつあります。もしかすると「14W」をひたすら無視する気象庁は、こっちを先に台風に認定する可能性も!?しかもこのエリアで発生する台風は、沖縄や本土方面に来る可能性が高いので、しばらくは雲の様子をこまめにチェックしないとね。

ほぼ台風?本土近海にまたプチ台風的な雲が!?

ホント、今年の本土のこの近海は「マリアナ諸島?」ってぐらいに活発な雨雲群が頻繁にできますね。結果、九州はそのあおりを受けて豪雨ばかり。しかも今回の雲はかなり規模も、渦の巻き方も猛烈。今後どう動くかわかりませんが、雲を見た限り怖くなるレベルなので、こちらも注意を促した方がよろしいのでは?気象庁殿w


って感じで、日本近海には台風に認定されたものが2個、台風と認定されないもののほぼ台風のものが1個、台風のタマゴが1個、ほぼ台風状態のプチ台風が1個と、全部で「5個」もやばい雲がありまーーーーーす!!!!!

ちなみに本土近海のものはさすがに台風に認定されないと思いますが、その他の4個は認定されたものも含めて名前を紹介しております。

  • 台風13号「レンレン」香港の言葉で「少女の名前」
  • 台風14号「カジキ」日本の言葉で「かじき座、旗魚」
  • 台風15号「ファクサイ」ラオスの言葉で「女性の名前」
  • 台風16号「ペイパー」マカオの言葉で「魚の名前」




ちなみにシステム上、図に書けるのは3個まで。4個以上同時に台風が発生されると対応できず!システム変更せねばw(まぁ台風14号はすぐに消滅するけど・・・)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/09/03-07:56 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲